人気ブログランキング |



タグ:感覚 ( 117 ) タグの人気記事
怒りをねぶたの背に乗せて
どうしても許しがたいことがあり、これをどうにか処理せねばならんと思った
許しがたいこととは、なにも劇的なことではなく、
悲しいくらいに礼儀を欠いたやり取りの渦中に、ふいに置かれたというだけだった
向こうからしたら、飛んで火に入る夏の虫とばかり
ちょうど良かっただろう
そういう対象を探している人は、悲しいことだがいるものである。

わたしはわりと、怒らないようにしている方なのだけれど(エネルギーがもったいないので)
ああ、どうしましょうか、この熱は
そのうちに収まるのはわかっているけれど、けれども一気に冷ましたい
そうして思いついた。

そうだ
わたしには「ねぶた」があるではないか


気心の知れた友を誘い、急遽ねぶたを見に車を走らせた。


津軽は夏の暑さと湿気の中に、もう夏の終わりの匂いが漂い始めている
この嗅覚、いまだに無くしていなかったのだなとホッとする

そして薄暮れ、花火の音とともにねぶたが始まる。

見事
お見事
お見逸れ
まいった

壮大で美しく、他を圧倒し赤く燃えるねぶた群

髪振り乱し、敵と絡み、ひたすらに睨み付け、ぐんぐんと大道を練る、練って泳ぐ
ひとつひとつの怒りの物語
エネルギーの真っ赤な集合体
その源泉を知れない豪快さ
根拠の無い豪快さ


あーよい!
今年もねぶた、よい!


ふとさっきまで囚われていた許しがたいことが沸いた
そうだ、わたしの「許すまじ熱」もこの燃料にせんと
くべてやろう
ねぶたの背後に
ちょうど機関車に石炭をくべるように

エイッッ!!

と、心の中で許すまじの速球を投げてやった
ねぶたと目が合った(気がする

勇ましすぎるねぶたは
「そなたの怒り、しかと受け入れた!」
と言って、見事その球を受け止めた(気がする

それから、真っ直ぐ進み、
自らと、その燃える球を披露するように、人並みの中を大きくぐるりと旋回し、
人々の歓声を受けて
熱気とともに海の方へと向かっていった


あ、行ってしまった


許すまじ球は海風に冷めていき、その夜ねぶた小屋の中で静かに
粉々に砕けてしまうだろう
残るのは、脳裏に響くお囃子とハネトの鈴の音ばかり…


ああ!なんだか!
なんだか!
新しいねぶたを経験したような気がする!
人生で初めて
ハネトの汗の発散ではなく
壮大な鑑賞とともに美しく
「鬱憤を晴らしてやった!」感じがする


ねぶたのあの顔は、受け止めてくれるのだ
根拠無く
豪快に


津軽生まれのわたしには
「ねぶた」がある

それはこんなにも、頼もしいことであった。

ねぶたよ、今年もありがとう


f0228652_12230007.jpg
強い怒りを感じるで賞

f0228652_12233224.jpg
背面インド可愛すぎで賞













by loopmark1210 | 2019-08-07 12:28 | 日常記
山羊にひかれて
今日、クラフトイベントがあって、
久々に友達のブースのお手伝いをした

湖がキラキラ無数の十字に光っていて
桜が赤い蕾をぎゅっと膨らませ
「せーの!」で咲く合図を待っていて
風が少し冷たくそよいで
楽しそうに歩き回ってる人々を撫でて
たくさんのおしゃべり
たくさんの美味しいもの、素敵なもの
たくさんのしあわせ

わたしは相方女史とほどよく
広報をして回りながら
ブースを手伝いながら
楽しかった

そして、
少し寂しかった


この感覚は本当に久しぶりで
昔はしょっちゅうだったのだけど、
てっきり無くなってしまったと思っていたので
あ、まだいた
と、少し嬉しくなった。

この感覚を昔は
直さないと、直さないと
と思っていた
でも、いまはその必要性を感じないし
あの人々の中に、少なからず
自分と似た思いの人がいただろうと思うと
逆に愛おしくなる


しあわせな風景というのがある
それはどこか
寂しさを持ってる

それに浸ることを
生活は忘れさせる
させまいとする


だから、
それをじっくり感じる時間は
おそらくは自分にとって大事なのだろうし
詩人ならばそれを
詩情の言葉にするんだろう

多少上手くやれるようになった自分に対して
一抹の寂しさをもって
そんなことはないよ、
わたしはお前を
裏切ってはいない
お前はもっとまだ
わたしの近くにいるよ

と、囁く。



f0228652_00032220.jpeg

f0228652_00033176.jpeg

山羊にひかれて

はー絵が描きたい
このところ、上手く描けない

尾形の亀さんの本を
まだ読み終えられないでいる

by loopmark1210 | 2019-04-21 23:49 | 日常記
手段について
とてもありがたい提案を受けて、先日打ち合わせしてきました。

わたしの絵を使ってですが、先人のためのことでもある、
といえば、なんとなく伝わるかなと。笑

実現がいつかはまだ未定なんだけれども、
これはわたしが当初「自分にこんなことができたらいいな」と思ったことに近いです。

上手く行きますように。

なんだか思うところがたくさんあって
考えを書いては、
消すことが続いています(下書き保存が溜まる。


でも、ま、それでいいかと
自分はとりあえず
置いておこう


先日、プロフェッショナルに
お尻筋トレの岡部友さんが出ていて
わたしはこの方の考え方が本当に好きなのですが
(考え方が先見的で、お尻だけでないんですよー!)

とあるインタビューで
「海外の大学に進学するときに、英語の習得が大変だったのでは?」
という質問を受けて

「英語を習得するのは手段でしかない」
と答えてるんですよね。

言葉が理解できないと、わたしのやりたいことは実現できない、
だからそのための努力は大変ではあったけど、苦ではなかったと。

岡部さんはまた、筋トレを通して、こころを鍛えて
最終的に理想のコミュニティを作りたい
という目標も持っていて
そのコミュニティ像がまた素晴らしい。

筋トレも英語も
その目標に向けての「手段」なのだなぁと感じました。

手段、目標、過程、結果

結果だけを求めていると本当に辛い
過程に感謝もしなくなる
自分ばかりになってしまう


わたしもなんとか
「手段」
身につけて行きたいなぁと思います。

岡部さん、歳も近いので本当に勇気付けられる存在。
わたしはお尻は鍛えておりませんが…笑

あ、でもチベット体操はずっと続けております!
(ヨガと筋トレ足したみたいなの)
それでも運動不足なので、結局反省…


f0228652_12115447.jpeg
ネギ育つ春なり(ネギかこれ?






by loopmark1210 | 2019-04-18 11:54 | 日常記
焦っても仕方ないのだけれど
夜な夜なスマホをいじっていたら、
昔から憧れてた絵描き(漫画家)さんのツイッターを発見した
それで、
ブログが連携されていたので、読んでみたら
驚くことに
「絵が上手くならなくて焦っている」という旨の内容を書いていた。
(ブログに吐露するってのがいいなぁと)

その方は
もうめちゃくちゃ、天才的に上手いのである。
多大な影響を与えている。

けれどもブログでは冷静に、
自分のこと、仕事についてを分析していて
なんとしても、しっかり上手く描かねばならない
という結論に至る。

もう充分上手いのに
いつだって美しい絵が展開されているのに

そう思いながら、自分は焦った。

さっきも描いていて、
昔の悪い癖が現れているのに気付いて
ああ、もっと描いてないと直らないんだなと
思ったばかりであった。


決して絵において、だらけるようなことはしない
その方は、その商売についたときに誓ったそうだ

取り組む覚悟、である。
圧倒されてしまった。
同時に自分の浸かるぬるま湯に気付いた

その方の文面からは生活の匂いがする
絵で得たお金を、実直に
生活の糧としている匂いがする
労働者の匂いがする
絵を描く憧れの方は、どことなくファンタジーで
謎めいている方が多い中で(作品を引き立てるためでもあるのでしょう)
目の覚めるインパクトだった

それはなんとなく、室生犀星っぽい
圧倒されてしまった


今日は一日中描いている。
上手くなりたい
上手くなりたい
わたしも















by loopmark1210 | 2019-04-06 22:41 | 日常記
「 さびしい人格 」 萩原朔太郎
「 さびしい人格 」 萩原朔太郎
f0228652_17373298.jpg


さびしい人格が私の友を呼ぶ、
わが見知らぬ友よ、早くきたれ、
ここの古い椅子に腰をかけて、二人でしづかに話してゐよう、
なにも悲しむことなく、きみと私でしづかな幸福な日をくらさう、
遠い公園のしづかな噴水の音をきいて居よう、
しづかに、しづかに、二人でかうして抱き合つて居よう、
母にも父にも兄弟にも遠くはなれて、
母にも父にも知らない孤児の心をむすび合はさう、


ありとあらゆる人間の生活(らいふ)の中で、
おまへと私だけの生活について話し合はう、
まづしいたよりない、二人だけの秘密の生活について、
ああ、その言葉は秋の落葉のやうに、そうそうとして膝の上にも散つてくるではないか。


わたしの胸は、かよわい病気したをさな児の胸のやうだ。
わたしの心は恐れにふるえる、せつない、せつない、熱情のうるみに燃えるやうだ。
ああいつかも、私は高い山の上へ登つて行つた、
けはしい坂路をあふぎながら、虫けらのやうにあこがれて登つて行つた、
山の絶頂に立つたとき、虫けらはさびしい涙をながした。
あふげば、ぼうぼうたる草むらの山頂で、おほきな白つぽい雲がながれてゐた。


自然はどこでも私を苦しくする、
そして人情は私を陰鬱にする、
むしろ私はにぎやかな都会の公園を歩きつかれて、
とある寂しい木蔭に椅子をみつけるのが好きだ、
ぼんやりした心で空を見てゐるのが好きだ、
ああ、都会の空をとほく悲しくながれてゆく煤煙、
またその建築の屋根をこえて、はるかに小さくつばめの飛んで行く姿を見るのが好きだ


よにもさびしい私の人格が、
おほきな声で見知らぬ友をよんで居る、
わたしの卑屈な不思議な人格が、
鴉のやうなみすぼらしい様子をして、
人気のない冬枯れの椅子の片隅にふるえて居る。





『月に吠える』https://www.aozora.gr.jp/cards/000067/files/859_21656.html
イラスト詩歌8

----------------------------------------------------------------------------

新聞の影響かアクセス数がいつもより多く、驚いています。
わざわざお越し下さり、ありがとうございます。

ネットでは、感覚と絵の実験をやっていて、そのひとつが先人の詩にイラストを付ける
「イラスト詩歌」です(twitterではこのタグ付けて載せています)。
イラスト詩歌カテゴリーはこちらからhttps://loopmark.exblog.jp/i11/

著作権の切れた文人さんの詩を使用しています。
代表詩、というよりは、見つけて気に入った詩を選んでいます。
勉強しながら、こちらも描いています。
あくまでのわたしのイメージで(お持ちのイメージを壊してしまったらごめんなさいなのですが汗)、
描き続けたいと思っています。


とりわけ、わたしが個人的に土地と共に縁を感じて、深く触れていきたい詩人が三人いるのですが、
その三人が、

寺山修司(青森県弘前市生まれ、三沢市に記念館あり)
萩原朔太郎(群馬県前橋市出身、前橋市に文学館、記念館あり。二月に行ってきました。twitterで巡りツイートしています)
尾形亀之助(宮城県大河原町出身、仙台市で果てる)
です。

亀さんは近いうちに、生地巡りできそうです。

ちなみに、寺山修司記念館で開催中の「不思議図書館」展の蔵書の本棚下の段に
朔太郎の文庫を見つけました。
外見ボロボロで、学生時代の寺山はよく読んだんだろうなあと思うと、
ロマンを感じる…(その隣の中原中也詩集もボロボロ。単なる経年劣化かもしれませんが)。

歪んだ望郷感が三人の共通点に言えるのかもしれません。
(亀さんにいたっては、土地の固有名詞がまったく出てこない)


たまに更新してますので、よかったらまた、覗いてみて下さい^^




by loopmark1210 | 2019-03-11 18:09 | イラスト詩歌
同郷の友ありき
東京では、友に会って来ました。
同郷の友、彼女とは出会って10年以上になる。

美術館を回るのは、三時間でも足りないが
友と過ごす三時間は、良い距離で互いのことがわかる

たくましくなっていました
逞しく、漢字で書くといっそうたくましそう

彼女は以前、こちらが心配してしまうほど、儚く見えた。ガラスのように。
いつも必要以上のことを受け取って、具合が悪そうにしていた。辛そうに。

あの頃と比べると、全くもって頼もしくなったなぁというのは、
友に使う言葉としては妙なのだけど、
とにかく、ああ、よかった、と思うのだった。
同時にわたしも、励まされる。
いろんな可能性があるんだと
風雨にさらされても木は実をつけるのだと

わたしは、友から学ぶことが本当に多い。

この旅の前に、ずっと詩歌を読んでいて、
いいなぁ、朔太郎、室生犀星、北原白秋、みたいな関係
上昇していく 高め合う仲
けれどもそれぞれが独立し、
それでいて、互いを認め合い、尊重し、
いいなぁいいなぁ、
と思っていた。

室生君 。何と云つても私は君を愛する 。さうして萩原君を 。
とか書いてみたいなぁ、書かれたいなぁ、
いいなぁ、いいなぁ
いいなぁ、いいなぁ(くどい
なんて思っていた。

でも、なかなかに
わたしの友も素敵じゃないか
と思うんだ今は

友は謙遜するけれど
わたしはなかなかに
友の素敵なところ見つけるの上手いよ
とも思う

尊敬する友のほとんどが活動を始めてから出会った
自分に正直になってから出会った人たち
正直でいたら、正直が返ってくるだろか

そうであればいい
そうだったらいい

実直さと素朴さは
北国仕込

そして、
室生犀星の言うところの「良き人」に
わたしもなりたいと思うのであった。


f0228652_03393103.jpeg
市ヶ谷を歩いた。
市ヶ谷は、三島事件の舞台以前に、中原中也も住んでたし、朔太郎も住んでたし、なんなら白秋大先生が投獄されてたという激アツエリア。
もちろん街にその面影は一切ないが、
なんだか、歩くだけで良かった
歩けて良かった



by loopmark1210 | 2019-03-06 03:14 | 日常記
またも一日東京へ
行って参りました。
月に二回も東京行けるなんて、大いに楽しめればいいものを
なかなかそうはいかない

いえ、楽しむ気はまんまんなのだけれど、
予想外に受ける街の圧、人の圧、音や匂いなどの環境の圧、
こういうのがどうしても、
ダメだ…
となるときがある。

予想できたら避けられるんですが、今回は予想できなかったこともありましたねー…
つくづく損な性分^^;


やはり人ごみは苦手だ
それがどんな性質か、予想できない
ねぶた祭りの人ごみとは違う

でも、ほどほどに人がいる東京の街を
ひたすら歩くのは好きだ
呼吸ができる
街と友達になれる距離

長時間の新幹線は苦手だ
軽いエコノミークラスになる
でも飛行機は怖い


どうにもこうにも
どうにもこうにも


でも、それでいいよな、きっと
いいような気がする
わたしみたいな人は
意外と多いのだと思う


それでも歩かねばならない地理ゆえに
渋谷のスクランブルの人ごみは形成される
新宿ダンジョンの人の大流は形成される

それだけなんだと思うんだ
要は交通の理由でしかない

そう思うと
人ごみが少しだけ愛しく感じる
苦手だけれども
ダメだ…となるときもあるのに
また入ってみたいと思う

そうしてわたしは
都会の街のことを
たまに考察して、
また、自分の町に戻る

今後もこの考察を
たまにしていくんだろうなぁ

不思議な関係だけど
この決して親しくならない距離が
一番良い人間関係にも似て
合ってるのかも、と
思ったりね

f0228652_01063822.jpeg
市ヶ谷記念館いってきた




by loopmark1210 | 2019-03-02 01:10 | 旅の記録
「拳銃を持つ女」
企画展『拳銃を持つ女』始まってます。
そして、もうすぐ26日に終了です。

2点参加しております。
ブログで1点ずつ紹介していこうと思います。
ネット展覧会をお楽しみください(なんちゃって

f0228652_01255120.jpeg


「拳銃を持つ女」

フィルムノワールの女の巻き毛、
ぴすとると猫



画廊 珈琲 Zaroff(ザロフ)

〒151-0061 東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
電話: 03-6322-9032
開廊時間:open 12:30 - close 20:00(画廊), 21:00(喫茶店)
休廊日:毎週水曜

最寄り駅:京王新線・初台駅 → 中央口改札を出る → (甲州街道)南口の階段を登り右へ → 商店街を進みセブンイレブン角を右折し徒歩1分

by loopmark1210 | 2019-02-25 01:23 | イラストレーション
寂寥とは何ぞや
朝歩きなんてものを始めてしまった。
ゴミ出しのついでに、そのまま歩いてしまうのである。
朝の空気はいいなぁ。

f0228652_11504648.jpeg

東京でお世話になったお友達のお父さまが
素晴らしかった。
友とはお互いすでに母なしなんだけれど、
友のお父様と来たら、(うちと違って)生活力が高すぎる。

たくさん美味しいご飯、お野菜、フルーツ、たっぷり出してくださった。
旅中、食欲落ちるので、満腹まで食べれなかったのが
申し訳なかったけれど

この量を買ってくるのは大変だろうなと思った。
都内は車を持ってる方が少なく、
お父様も車はない。

この量を買いに歩いてくださったのかぁ
と思うと、なんだか胸が熱くなった。

地方にいるとわからない。
わたしはほぼ車で特売日に1週間買い込む派
楽である
(レッツ運動不足地獄!)

都会ばかりいいなぁいいなぁと
思うけれど、
不便な点だって
逆にこっちの良い点だって
もちろんある


東京で表現活動をして一斉を風靡した人生の大先輩が
地元に戻り、毎日歩いている
雪の積もった凍てつく平原を
寂寥とした終末のような雪原を
毎日歩いて見て回り、雪をかき、汗をかき、
ツイートしている

なんでそんなことができるんだろうと思った
でも、答えはきっと

彼にとっては
それは
寂寥だけではないからだ


だからちょっとわたしも
マネしてみた。
うん、悪くない
空気と対話してる感じ
そんな寂寥感もないぞ笑


詩歌に興味を持つと、
季語というのが気になってくる
中でも寺山修司は
冬の俳句がすごく印象的である

言葉のコラージュであり、体感したことではないと
言われがちな氏ですが、
わたしはわりと、学生時代に詠んだ冬の俳句だけは
体験に基づいているのでは
と最近思う(初期の俳句はものすごく素直

歩いていると、たしかにある
この北国には、詠まれた冬の片鱗が

そしてそれはまた
寂寥だけではないな
と思う

冬の変化を感じてみるためにも
歩いてみるのはいいかもしれない
ただ津軽はね、歩くのすらハードな日あるよね…(思い出し


寂寥って言葉、朔太郎さんもよく使う。
多用してみました笑
マネばっかり。笑

f0228652_11544436.jpeg
馬たん、走ってるところあまり見ない




by loopmark1210 | 2019-02-16 11:27 | 日常記
群馬行って至福
群馬、久しぶりに行ってきました。
魅惑の萩原朔太郎巡り…
至福…。

東京もちょろっと寄りました…
うう、疲れた…なんでもあるけれど
新宿の用だったからだろうなぁ、

やはり人混みの声が
めっちゃ聞こえてきてしてしまう…
同伴者に
「呼吸浅いですよ」
と心配されちゃいました(^◇^;)

なるべく今回は群馬・前橋のことを拡散したくて
旅のことはツイッターで「#loopmark前橋旅」で書いてます。
良かったらご覧ください。
まだまだ書く予定。
量多くて、ブログへの転載は難しくなってしまった。


群馬、なんで好きなんだろう
好きなバンドの、詩人の出身地、家族がちょっこし住んでいた、
いろいろあるけれど、
やはりどこか故郷に似てるんだよな
山があって、川があって、
古い町並みもあって、

故郷はどうしても育った場所だから
閉鎖的に捉えてしまう
でも、似た場所はどこまでも開放的に
感じるだろう

でも、だとしたら鏡にして、
わたしは故郷が好きなんだなと思う。

旅から戻ると、
ちゃんと故郷と向き合ってて、
好きなんじゃん、と思ってしまう笑

そういうの含めて
旅はいいね。
わたしはあんまり
いろんなところに行く人ではないですが、
(土地に縁を感じないと行けない)
北関東は好きですよ〜

そして、旅だったものがもっと身近になって
その土地と仲良くなれたら嬉しいな
とも思うんです。

なので、同じ土地によく行きます。
盛岡、仙台、群馬の三強。笑


昨日は地元新聞の取材でした。
自分のことを話すのは不思議な感じですが、
なんか小さい頃練習ごっこしてた気がします。笑
記者さんが、絵に対して嬉しい表現をしてくださった!
意図を自分から言いたくはない派ですが、
言い当ててもらえるとこんな嬉しいのかと。

言い当ててやってください。笑

f0228652_15393720.jpeg
さくたろさんちのニャアたち
f0228652_15400665.jpeg
庭園美術館のガォー
f0228652_15404636.jpeg

そして、念願の寺山修司さんと、九條さんのお墓参り。
やっと挨拶できました。
でも、高尾の空気は清々しすぎて、
空は高すぎて、
きっとここにはいらっしゃらないのかな、と
思ったりしました。

とても良いお墓でした。





by loopmark1210 | 2019-02-15 15:16 | 旅の記録