タグ:思考 ( 23 ) タグの人気記事
春でえむんなメモリーオイル
ラフ案が珍しく湧いてくるのに
絵を描く時間が取れない

しんどさが出てきます、むむむ
日課も疎かになっているし、ぐぬぬ
(載せてる絵はストックしてるものなのですー

いかに描けてる時間と環境がありがたいか
です
描けてないとストレス溜まる〜


さて、
このブログではおなじみあさひちゃんから
新しいメモリーオイルが届いたのでした!

今回、すっごく可愛い子が来たのです。

楽しさを運んでくれるようなニュアンスを
お願いしたんですが、
まさにその感じで
楽しい子がやってきて
遊んでおくれよーとふわふわしてる感じ

案が浮かぶのはこのおかげかなぁ

あー早くこの子と遊んであげたいのだが
やはりやることはしっかりやらないとね

なんだかちょっと軸がブレててミスが起きる
でも、そのミスも
これに気づけってことだろうなぁと
感じる面もあったりして
素直に従ってみようかと

どうやら春だからってだけでは
なさそうな

そんな今日の感覚日記でした。


あさひちゃんのお店はこちらから
マイペースビューティ

f0228652_01565759.jpeg
メモリーオイル擬人子ちゃん。


[PR]
by loopmark1210 | 2018-04-13 02:18 | 日常記 | Comments(0)
3月最終日
春です。
桜の開花も早いみたいです。

このところ、バタバタと動き回っていて、
ちょっとだけ人と人を繋ぐようなことしてたのですが(絵とは関係ないことなのですが)、
サポートしてた方が良い結果がでたとの報告が来て
万歳!

サポートはしたものの、
いざ自分だったらできたのだろうか
と思うわけで、
すごいなぁ
しっかり心意気をキープしていたものなぁ
と感心しきりです。

良き春となりますよう!

先日上京したときに、
国立西洋美術館でプラド美術館展をやっていて、
見たきたのですが、
いやはや凄いんですよ。

貴族の肖像画がメインなんですが、
とても巨大なのに
写真のように詳細に綿密に描かれているのです。
(ベラスケスの絵は本当に
離れて見るほどリアルが増します、すごい

しかも、
今で言うアプリ補正に近い気もして(加工費が国家レベルですが)
背景の装飾の光り方とか
肌や髪の光沢とか、ドレスの質感とかが
とても美しく、しかし際立ち過ぎないバランスで描かれてるのです。

1600年代に
先人たちはすでにこれだけのことを成し遂げている…
400年も前に
しかも未だ輝きを放ちながら…!


あんな大きく美しく詳細な、
また効果をふんだんに盛り込んだ絵を見てしまったら、
自分は果たしてこの時代になにを描くのか
いやでも真面目に考えてしまいます。
(そりゃあ、印象派とか自由な表現が生まれるだろうな〜なんて思ってしまった!

それは重いテーマのように感じつつも
春の始まりのような
ワクワクがあったりして、

自分もこの春、
しっかり、ちゃんとやろう!
と考えたりする
そんな3月最終日でございます。

明日から4月ですね。
今年もしっかり、待ち望んだ春であります。

f0228652_20090246.jpeg
f0228652_20093261.jpeg
f0228652_20100150.jpeg
f0228652_23001867.jpeg
20日頃の上野の桜はこんな感じでした。




[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-31 19:59 | 日常記 | Comments(0)
東京、画材屋、街は動く
一応、今日で東京での全日程が終了

なかなか動いたものだーわたしにしては

新宿界隈を中心に動いたせいか
人生でも経験の少ないものすごい人混みに毎日もまれた

期間中はほぼ雨

静まった雨の街を歩くのが楽しかった
このまま歩いたら
自分の家にたどり着くような予感がした

帰りたい場所があるのは良いものだな


行ってみたかった画材屋さんは
恐ろしいほど混んでいて
老若男女、多国籍の方々が大量に画材を買い込んでいて、
その品揃えのすごさと
画材屋でここまで人のエネルギーを感じることもなかったので、
しばらく呆然としていた

地方だと多数人のエネルギーって
祭りくらいでしか感じないのだけど

人のエネルギーにまみれると、目的を見失いそうになるのだな
とも感じた
逆にそのために
目的をはっきり見定めようとする
ということもあるかもしれない

世界の中の、東京の画材屋の
この短い時間に
こんなにたくさんの方が作る材料を買い求めに来てるんだ
と感じると
ちょっと嬉しくもなった

なにを作るんだろう
なにを描くんだろう
それだけ生まれるものがあるってことでしょう
カラフルな無数の空想
わたしも描くぞー

集団へ感じる創作への嬉しさ
これはなかなかレアな経験でした

街が動いている
人が動いている
当たり前だけど
しみじみ感じた東京の夜


f0228652_01320025.jpeg
f0228652_01255476.jpeg
f0228652_01265171.jpeg
f0228652_01311347.jpeg

「夢みる日」展、早いもので明日が最終日です。
よろしくお願いいたします。



[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-24 01:11 | 日常記 | Comments(0)
引き出しのすり減り&増やし
「人と話してると、自分の引き出しがすり減っていく気がしない?」
と、会話の流れで家族が言ったので、
わかるーと同調した

逆に聞く方だとどう? ひたすら話すだけだとすり減ってく感じがするけど、
と、聞き返したら
「聞く分には良いかも。引き出しも増えていく気がする」
と答えたので、
再び、わかるー
と。

このところ、ご依頼や展示作品の制作が詰まっていて
自分の引き出しを使い果たした感があった

やっと一段落し、
さて何をしたいかというと
とにかく人に会いたくなっている自分がいる

なので珍しくSNSも活発で
人に連絡も取っている

驚き
人と会うの苦手だと思っていたからだ


そうかー
引き出しがすり減ってくると、人に会いたくなるかもしれない
話を聞きに行きたくなる

で、一方的に話すことが引き出しがすり減るというなら
描くこと作ることは、その点においては
一方的に話し続ける行為と似てるのかもしれないな

これは本を書く(=話し続ける=引き出しすり減る)
のと
本を読む(=話を聞く=引き出し増える)
の違いでもあるかもしれない(今日は本屋さんにも行ってすっきり


そして、いろいろ得て
また引き出しが増えると
あそこはああいう風に描いてみれば良かったな、、、と思ったりもしてしまう
描き切ったー!ってものに対しても

「話し方をああいう風にすればよかった、その方がもっと伝わるのに」
てことなのかな

だからやはり
そんなこんなで
変化は続くのだなぁ


今作るものと
一ヶ月後に作るものでは
やはりアプローチは違うんだろうなと思う

最近は
でもそういうの面白いよね
と思ってる

新たに試してみたい画材も発見
描くことやはり
やめられない


f0228652_05340744.jpg
再び八戸彩画堂さんにて。
額装してもらってる間に二階のカフェでお茶
至福~
服に合わせてカップを選んでくださったのかなぁ

美大に進みたいという若い方がスタッフさんになにやら相談していた
そんな時期か~
頑張ってね、作ることをずっと楽しんでね
なんて心の中でエール

ああ、そして今日は311ですね
今があることに
感謝です


19日より銀座ギャラリーゴトウさまのグループ展に出させていただきます。
詳細コチラからどうぞ↓





[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-11 05:42 | 日常記 | Comments(0)
耳で聞く系
林真理子さんは
過ぎる時間がもったいないので、
ひとつのことだけに時間を使うことはしないそうだ

作業中は音楽ばかり掛けていたわたし
ちょっと気分転換にと
中学時代以来、ラジオを聞き始めた。

いまって過去録音がネットで聞けてしまう
もうもう、呆れるくらい便利!
リアルタイムで深夜三時まで起きていたよわたし

とりあえず、伊集院光さんの夜のラジオに大笑いし(淑やかにお育ちのお嬢さんは聞いてはいけません)、
この前からは
青春アドベンチャー、聞き始めた

青春アドベンチャー!

音と声だけで広がる世界に当時夢中になったけれど、
その凄さはやはり変わらずだった
作業しながら
ドキドキしたり、ひー!ってなったり

なかなか有意義に時間を使えてる気がします


あと、誰かと会話してる気になるので
変にコミュ力が上がったような(それは気のせい


おすすめのラジオがふたつ

ひとつは
寺山修司作のラジオドラマ「コメットイケヤ」。
寺山は活動初期にラジオドラマで国際的な賞を獲ってるのですが、それがこのコメットイケヤ
めちゃくちゃ斬新です
音と詩的な世界がどこまでも広がり
寂しくも暖かい感じ

こちらから聴けますが、あまり音がよろしくない。こちら
寺山ラジオドラマ集、買おうかな(伊集院さんも過去に推してた

あとはもうひとつは、
京都大学教授のカール・ベッカーさんの
死生観に関する文化講演会

これは友人に教えてもらったのですが、
結構目が覚める内容で、
現代で抱く不安やその疑問が少しでも軽くなるかと思います。
カールさんの話しぶりがユニークです。
こちら

人の話って聞くもんだ~

自分にとってもメモがてら載せてみました。

f0228652_17202751.jpg
下絵を描いては色構成して描き直し
載せたのは全部納得いかなくてボツ

うーん、ひらめけわたしの脳!




[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-01 17:30 | 日常記 | Comments(0)
借りた場所と時間のこと
来月、久々に東京へ行くことに。
今回はグループ展参加。
田舎者ゆえ遊びに行くのも少し緊張を伴うのだけど、
展示となるとめちゃくちゃ緊張してしまうところは
直るわけもない

なんだったらもうすでに
緊張してますもんね!


ありがたいことに
東京の友人がサポートしてくれ
上京中はびびりながらも
暖かい交流を感じさせてもらえます。

数人いる東京の友達は
みんな頑張って活動している
いや、東京ってのは関係無いな
みんな、それぞれの生き方で選んだ場所で
頑張っている

地元にはいるけど
絵の活動の今後を考えたら
これからもたくさんの助言をもらわなくてはいけないから
だから、
これからも都会にはちょくちょく行くだろうと思う
だけども
あそこは日々更新されていく街なので
慣れることなんてないだろうし
慣れなくてもいいだろうな


とにかくも
クオリティを上げねばならない

過去ファイルを見ていて
自分のあまりの下手っぷりにびっくりした
ぅわ! 自分、下っっ手くそ!
と気づける客観性が
やっと付いてきたらしいのだ
今までは描き上げるだけで必死で
主観的にしかなれてなかったから

いやいや、こんな下手でも
見てくださる方がいて、
展示の場を貸してくださったり、
感想や助言をくださったのだ
それに見合うだけ
上手くならねばならん

亀のスピードでも
いいからさ

その場とその時間を
お借りしたのだからさ

その分だけ進まねばならん

誰かを巻き込んでいるんだからさ


馬鹿正直な気持ち
なかなか純朴だわい、なんて
思ったりする

f0228652_02174235.jpg
スピードスケート話
ウォザースプーンの教え子で500mで金メダル獲ったノルウェーのローレンセン選手が、
1000mでも銀メダルの快挙!
ウォザーさんを彷彿とさせる大きな走り!
背後には小さくコーチ、ウォザーさんの姿が!

ああ、胸が熱いなぁ嬉しいなぁ
ありがとうございます。ウォザーさん、おめでとう。
(シャニー・デイビスがまだ現役なのがめちゃくちゃ驚いた)

フィギュアの宮原さんも素敵な演技だったよなぁ
田村岳斗さんは、実力あるコーチになられたんだなぁ。
亡き母が「田村さんの繊細な表現力はコーチで後世に繋げてほしい」て言っていたっけ

感慨深い五輪が
もうすぐ終わる





[PR]
by loopmark1210 | 2018-02-24 02:47 | 日常記 | Comments(0)
ブレない人
冬季五輪、やっぱり面白い
そして、美しい
美しいのはフォームとか煌びやかとかそういうのもあるけど、それとは別で
生き方を感じるとき

小平さんの金メダルはもちろんとても嬉しくて
特に、ああ、すごいなと思ったのは
生き方のことをおっしゃったとき

選んだ生き方の過程に
金メダルを獲れた
ということなのかな、と思った
競技は人生をより良く生きるための手段である
トップを取ることだけが目的ではない
というような

最近すごく思う
自分がこれまでブレていたのは
自分が得意としていることを
手段として考えていなかったからだと

わたしはこの手段でなにをしたいんだろう
なにができるんだろう
そう思うと
有限の人生時間が見えてきて

あ、と焦った

アリスのうさぎが時計を持って走ってるのを
見つけたような

小平選手は日本女性ではなかなか見ないような
かっこよさと、美しさがある
真っ直ぐ

思えば、五輪で感動するのは
選手の生き方に憧れるからかもしれない
伊調さんもそうだった
パレードにも行っちゃったもんな

かっこいい女性が、増えたらいいなとも思う

かっこいいってのは
ブレてないってことだ

スピードスケートでは小さなブレでも、コーナー回り広がってしまって
大きなタイムロスになる
ブレはやはり
少ない方がいい

それは生き方と同じ
あー勉強になる、五輪


f0228652_01303050.jpg
ちょっと前のファイル眺めてたら
技術的なブレがすごくて、びっくりしてばかり


[PR]
by loopmark1210 | 2018-02-23 01:07 | 日常記 | Comments(0)
自分に集中する時間
先日、人生で初めてジムとやらに友人と行きました。
市民センターのジムなので、ライ○ップ的な
確実になにかにコミットするものではないのだけれど

それで、
行ってみて面白かったのは

みんな、一人で取り組んでいるんだな…

当然と言ったら、当然なんだけれど

結構混んでいて、人口密度が高くて
でも、それぞれ自分の体や筋肉のことに集中しているのです
無言で

ああ、なんだか意外にも
温泉とか映画見に行くのに似てるかも、と
その場にたくさん人はいるんだけど
各々が各々に集中して楽しんでいる

たくさん人はいるのに
特別交流を必要としない
という


作業中はもっぱら一人で
人混みが苦手なわたしは
たくさん人がいる場所に行ったら
たくさんの交流をしないといけないのではないか
と思ってるところがあるんですが

え、じゃあ、わたし、人たくさんいるけれど
筋肉に集中しちゃうよ、
自分の世界入っちゃいますよ(それでいいんだっつの
てな感じで楽しんできました


自分に集中するのは
一人でいるときだけと思っていたなぁ
人数多い中でも出来るんですな

ファミレスで一人作業したり、スタバでパソコンつなぐ理由が
さっぱりわからなかったんだけど、
これと同じことなのかもしれません


さて、冬季五輪、連日胸を熱くして見ていますが、
昨日、ずっとファンだったカナダのスピードスケーター、ウォザースプーン選手(現ノルウェーコーチ)の教え子が
500mで金メダル獲りました。
なんとノルウェーは70年ぶりの金メダルだったそう
金メダル確実と言われ続け、獲れなかったウォザーさんの教え子が…
もう、胸いっぱいでした。
ありがとう

f0228652_18361283.jpg
そんな話の流れからは微塵も関係の無い今日のイラスト
farmer爺

[PR]
by loopmark1210 | 2018-02-20 18:40 | イラストレーション | Comments(0)
自動筆記的思考感覚術
シュルレアリスムには
「自動筆記」という実験が
欠かさず説明される

この自動筆記というのは
紙になにかを書くという行為の
「速度」に要点を置いたもので

とても難しく聞こえるんだけれど、
実は似たようなことは
小さい頃に誰もがやってるんじゃないかな
と思った。


小さい頃、きょうだいとどっちが字が速く書けるか競争して、
速く書けば書くほど
字とも取れぬカオスなものが書き上げられていき、
それを書いているときはもう
思考が字に追いつかず、
何かに憑かれてるような
異様な感覚になる

で、出来上がったものを見て
なんじゃこれ
となるのだけど、
ちょっと芸術的じゃないの、これは
と嬉々と感じたりもして、
度合いを変えただけでこうなる面白さに気づく
不気味さはありつつも


これは一本で繋がった思考と感覚を
高速移動して起きた現象
と、理解してみる
(シュルレアリスムて難しいので言い切るほどの自信は全然ない)

で、
シュルレアリスムは字から
コラージュという手法発想で絵に置き換わり、
芸術活動はいよいよ壮大なものとなっていく


面白いなぁ
シュルレアリスムに惹かれるのは
その高速移動を
一枚の中に目にするからかもしれない

つまり、
一枚の絵の中でだって
旅はできるということなのだ


思考と感覚の度合いの違いを
自分でも試してみたい


今日もそんな
感覚の記録
f0228652_12461325.jpeg
おめかしロシアンおばあちゃん
意識しなかったんだけれど、
うちのおばあちゃんによく似てる
[PR]
by loopmark1210 | 2018-02-18 12:45 | イラストレーション | Comments(0)
再び、思考と感覚
くるくると、感覚が巡る感じ

思考と感覚ってのを
ずっと考察していきたいと思ってるんだけれど、
このところ二カ月のブログ更新をお休みしたら
反動のようにいろんなことが
感じられるようになってきた
結構実践的な実験だったんだな!
地味だけども、なんて

言葉を使うとき
言葉を書くとき
というのは
とても思考的なことなのだなぁと

思考が強いときに描くものと
感覚が強いときに描くものでも
全然違うことが
手に取るようにわかってきた

カラーパレットのグラデーシションのように
適した場面に対して
どこの度合いを選んでいくのか
なにを選ぶか

選択が見えないうちはしんどい
ぼんやりしてる鬱蒼とした森のなかで
どこに道があるのか見つけるのは
なかなかしんどいものですよね

でも手当たり次第触りまくって
どうやらここにはこの道があるらしい

お、どうやら選択肢があるらしい
というのは
面白い

いま、めちゃくちゃ感覚的な時期に
浸っております。
f0228652_21120769.jpeg

[PR]
by loopmark1210 | 2018-02-14 21:03 | イラストレーション | Comments(0)