人気ブログランキング |



同郷の友ありき
東京では、友に会って来ました。
同郷の友、彼女とは出会って10年以上になる。

美術館を回るのは、三時間でも足りないが
友と過ごす三時間は、良い距離で互いのことがわかる

たくましくなっていました
逞しく、漢字で書くといっそうたくましそう

彼女は以前、こちらが心配してしまうほど、儚く見えた。ガラスのように。
いつも必要以上のことを受け取って、具合が悪そうにしていた。辛そうに。

あの頃と比べると、全くもって頼もしくなったなぁというのは、
友に使う言葉としては妙なのだけど、
とにかく、ああ、よかった、と思うのだった。
同時にわたしも、励まされる。
いろんな可能性があるんだと
風雨にさらされても木は実をつけるのだと

わたしは、友から学ぶことが本当に多い。

この旅の前に、ずっと詩歌を読んでいて、
いいなぁ、朔太郎、室生犀星、北原白秋、みたいな関係
上昇していく 高め合う仲
けれどもそれぞれが独立し、
それでいて、互いを認め合い、尊重し、
いいなぁいいなぁ、
と思っていた。

室生君 。何と云つても私は君を愛する 。さうして萩原君を 。
とか書いてみたいなぁ、書かれたいなぁ、
いいなぁ、いいなぁ
いいなぁ、いいなぁ(くどい
なんて思っていた。

でも、なかなかに
わたしの友も素敵じゃないか
と思うんだ今は

友は謙遜するけれど
わたしはなかなかに
友の素敵なところ見つけるの上手いよ
とも思う

尊敬する友のほとんどが活動を始めてから出会った
自分に正直になってから出会った人たち
正直でいたら、正直が返ってくるだろか

そうであればいい
そうだったらいい

実直さと素朴さは
北国仕込

そして、
室生犀星の言うところの「良き人」に
わたしもなりたいと思うのであった。


f0228652_03393103.jpeg
市ヶ谷を歩いた。
市ヶ谷は、三島事件の舞台以前に、中原中也も住んでたし、朔太郎も住んでたし、なんなら白秋大先生が投獄されてたという激アツエリア。
もちろん街にその面影は一切ないが、
なんだか、歩くだけで良かった
歩けて良かった



# by loopmark1210 | 2019-03-06 03:14 | 日常記
「黒蜥蜴の夜」
企画展『拳銃を持つ女』に参加したもうひとつの作品。

「黒蜥蜴の夜」
f0228652_23152511.jpeg

女賊 「黒トカゲ 」は指先の魔術にもたけていたのだ 。(中略)用意周到にも 、明智のポケットから 、そのピストルをちゃんとぬき取っておいたのだ 。
(江戸川乱歩『黒蜥蜴』より)

f0228652_23160844.jpeg

作品を見てくださった皆様、ありがとうございました。



# by loopmark1210 | 2019-03-02 23:14 | イラストレーション
またも一日東京へ
行って参りました。
月に二回も東京行けるなんて、大いに楽しめればいいものを
なかなかそうはいかない

いえ、楽しむ気はまんまんなのだけれど、
予想外に受ける街の圧、人の圧、音や匂いなどの環境の圧、
こういうのがどうしても、
ダメだ…
となるときがある。

予想できたら避けられるんですが、今回は予想できなかったこともありましたねー…
つくづく損な性分^^;


やはり人ごみは苦手だ
それがどんな性質か、予想できない
ねぶた祭りの人ごみとは違う

でも、ほどほどに人がいる東京の街を
ひたすら歩くのは好きだ
呼吸ができる
街と友達になれる距離

長時間の新幹線は苦手だ
軽いエコノミークラスになる
でも飛行機は怖い


どうにもこうにも
どうにもこうにも


でも、それでいいよな、きっと
いいような気がする
わたしみたいな人は
意外と多いのだと思う


それでも歩かねばならない地理ゆえに
渋谷のスクランブルの人ごみは形成される
新宿ダンジョンの人の大流は形成される

それだけなんだと思うんだ
要は交通の理由でしかない

そう思うと
人ごみが少しだけ愛しく感じる
苦手だけれども
ダメだ…となるときもあるのに
また入ってみたいと思う

そうしてわたしは
都会の街のことを
たまに考察して、
また、自分の町に戻る

今後もこの考察を
たまにしていくんだろうなぁ

不思議な関係だけど
この決して親しくならない距離が
一番良い人間関係にも似て
合ってるのかも、と
思ったりね

f0228652_01063822.jpeg
市ヶ谷記念館いってきた




# by loopmark1210 | 2019-03-02 01:10 | 旅の記録
企画展「拳銃を持つ女)参加します。

この記事がトップになるようにしています。最新記事はこの下からどうぞ。


【企画展参加します】


絵画六人展「拳銃を持つ女」


2/21(木)〜26(火)水曜定休

画廊・珈琲Zaroff(東京都渋谷区初台1-11-9 五差路)



とほい空でぴすとるが鳴る、またぴすとるが鳴る…



ピストルと女のいる風景。


DMイラストも描かせていただきました。


どうぞよろしくお願いします✨


f0228652_00342605.jpeg


f0228652_00343852.jpeg








# by loopmark1210 | 2019-02-26 00:33 | お知らせ
「拳銃を持つ女」
企画展『拳銃を持つ女』始まってます。
そして、もうすぐ26日に終了です。

2点参加しております。
ブログで1点ずつ紹介していこうと思います。
ネット展覧会をお楽しみください(なんちゃって

f0228652_01255120.jpeg


「拳銃を持つ女」

フィルムノワールの女の巻き毛、
ぴすとると猫



画廊 珈琲 Zaroff(ザロフ)

〒151-0061 東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
電話: 03-6322-9032
開廊時間:open 12:30 - close 20:00(画廊), 21:00(喫茶店)
休廊日:毎週水曜

最寄り駅:京王新線・初台駅 → 中央口改札を出る → (甲州街道)南口の階段を登り右へ → 商店街を進みセブンイレブン角を右折し徒歩1分

# by loopmark1210 | 2019-02-25 01:23 | イラストレーション