ニガウリフラッシュバック
ひとっていくらでも記憶を作り変えられるものなのだな
ひとっていくらでも記憶を作り変えられるものなのだな

大事なので二回書いた

映画「書を捨てよ町へ出よう」を見た記憶は完全に無くしたと思っていて、
本当に見たのだろうか、くらいになっていて
今回のマームとジプシーさんの三沢市公演も
「わーい、初見な感じで観れる〜♪」
と、お気楽わっしょいモードだったのだけど、

見てる間に
ゴジゴジと、缶詰の蓋をこじ開けられ、
封印していた記憶がポトリポトリとこぼれ始め、

うっわ まじか
やめて
と、小さく戸惑い始めたのだった。

それから
一気にフラッシュバックして
わたくしがなにを見たかというと
青森市の冬の狭い
ヒーターの油臭い臭いがする自室で
暗がりの中
パソコンでDVDの「書捨て」を張り付くように見ている自分の姿であった。

すごい猫背で、何回も
エイメイさんの冒頭シーンを繰り返し眺めている。
で、小さい声で

俺の名前は 俺の名前は!

って、冒頭の一連のセリフを一緒に重ねている。

おいおい
わたし、暗唱できたんじゃないか

幕間から動揺している

そうだった 
そうだった
この頃のわたしは、逃げたくて仕方がなかった

誰でもいいから
ここを連れ出してほしい
ここから逃げたい
この部屋から 
町から
出たい

軒先の
日に日に巨大になっていくつららが恐ろしかった

でも、そんな連れ出してくれる人なんて
出てくるわけもないから
言葉に頼るしかなかった

寺山修司の本を読んで、言葉を頼りに
家出をしようと決め込んだ

頼りにするように
家出の前段階の下見のように
恐山へ行き、記念館へ行った
南部むつなんてほぼ行ったことがないのに

それから
失業保険で東京行き実験を何度かするんだけど、
なんだか
不思議な別れと出会いの渦に巻き込まれて
いまこうしてここにいる。
ここに逃げてきた。

どうして封印してたのだろうな
どうして忘れきったのだろうな
それも見事に

青い苦い頃
ニガウリの頃

でも、あの舞台を見て、
同じように感じた人は
わたしだけじゃなかったはず
と思う

苦く苦く苦い
贅沢とも言える苦い時間

エイメイさんが出ていたから
それがよかった


そのあと、DVD「田園に死す」を見直していたのだけれど、
これもまた結構忘れていて、
かつ、自分の目線が変わっているのがはっきりとわかり、やはり驚いた。

家出のビフォアアフターで
寺山修司の作品というのは
受け取り方が変わる
そう感じている。

家出前の窒息しそうな閉塞感
家出後の他人としての視線、客観、そして脚色

では、家出ってなんなのだろう


寺山修司は、言葉はいつも近しいのだけど
映像や演劇はじつは触れるのが少し怖い
カサブタを剥がすようにヒリヒリする

言葉は選び取ることができるけれど
ニガウリのフラッシュバックは
予測できないからだ。

でも
それが原点なのかもしれないと
いまは思っている。


f0228652_14390906.jpeg
f0228652_14392693.jpeg
f0228652_14394117.jpeg
勝手にテラヤマ・キッズコラボ! withエイメイさん

[PR]
# by loopmark1210 | 2018-11-06 12:17 | 日常記 | Comments(0)
擬似的な空気感の経験
故・九條さん(寺山修司元夫人、プロデューサー)の回想記を読んでいた。

記念館と関わるようになって、9年くらいだろうか。

記念館はほんとにスタッフが少ないので、お手伝いをよくする。
で、なぜかこの地方に、記念館は演劇を持ち込み続けている。年に1、2回。

演劇と縁遠いこの場所で観劇できるのは、本当に感激(シャレ)なんだけれど、
どうしてこうも、大きな規模で持ってくるのだろうと思っていた。

演劇祭の前日になると、生前の寺山修司と関わった人たち(天井棧敷関係者)がたくさん町に入ってくる。
その中心にいるのは九條さんで、
その集団は、やはりうっすら寺山修司の世界を見聞きしてるだけのわたしでも、錚々たる印象なのである。
うおー 本に載ってた人たちや!
なのである。

で、臆病なわたしは隅っこにいて、雑用のお手伝いをしている。
受付とか誘導とか、そういう方々と直接関わらない場所。

注意書きすると、
関係者の方々は気さくな方たちばかりなのだ。
でも、どうしても当時のわたしは、
自分から距離を置いてしまいがちだった(もったいない


いま回想記を読んで、ハッとするのは、
真ん中から終わりまでが、演劇のことばかりなのだけれど、
その当時の現場みたいなものが、
わたしがなんとなくお手伝いしながら見ていた光景と近いのではないか、ということだった。

もちろん、昔の方がずっと慌ただしかったろうし、切羽詰まっていただろうし、若く挑戦的だったろうし、、
でもなんだか、
「皆んなで続けていく、次から次へと、演劇を町に持ち込むのだ」
という、変わらない心、感覚、共通意識が、
わたしが見た光景にも確かに漂っていたように思うのだ。

それはもう、いま思い返すと
九條さんの晩年にあたる。

九條さんの訃報は突然で、わたしが宇野さんのオブジェを三沢で設置してるときだった。
亡くなった時間帯に、お天気雨、突然の大雨が降って、
あれはお別れをしに来たのかもしれないね
と、あのあと皆んなで話した

でも、あの時期に亡くなるなんてことは少なくともわたしは感じ取っていなくて(そんな近くなかったというのとあるけれど)、
まだまだ、こなすべき予定が入っていたはずである。

だから、晩年という言葉は合わないのかもしれない。
続いていく、というイメージばかりだったから。

亡くなる直前くらいに、
やっと顔を覚えていただいて、何度か交流をさせていただいた。
わたしみたいな若い奴にも、距離を置いていた時間を後悔するほどに、近しく話しかけてくださった。
ああ、もっと好きだと、近づいてお話をするべきだった。

テラヤマ・キッズを褒めてくださった。
あなたは、人をキャラクターに落とし込むセンスがあるのかもしれないわね、と(この話し方がまたかっこよかったの、すごくよく覚えてる)

黄色い我が家の車に乗って、
初めて買った車は黄色い車だったのよ、
黄色い車大好き
とおっしゃっていた。

かっこよく可愛いらしい、なんてステキな方だろうと、ドキドキした。
母より上の年齢の女性に、ドキドキした。

けれど、いま思えば、
時たまお見せになるしんどそうな疲れた表情は、お身体の状態を表していたのだ。


今週末、この町にまた新しい演劇がやってくる。
わたしは劇団員でもなく、単なるお手伝いなのだけれど、
あの空気感がとても好きだ。
この地であの空気に触れられること。

続いているのだと感じられること。

なんならお二人も、いらっしゃるかもしれないな。

この経験をありがたく思います。



f0228652_00490213.jpeg






[PR]
# by loopmark1210 | 2018-11-02 00:15 | 日常記 | Comments(0)
11月にはじまる
なんでかわたしは、秋に物事がはじまるやつなのですが、
今年の11月も地味にいろいろ始まりそうです。

特にひとつは結構大きいやつです。
ドキドキです。
責任もある感じ。
でも、日々勉強してます。
打ち合わせも重ねております。
なんとかやっていきたいです、楽しみながら!

こちらはTwitterをチェックしていただけたら嬉しいかも…(ブログの更新が結構あと回しになってます。。

もう一つは先日の本。
11月末に発売です。
ほぼ12月な感じかもです。

もう一つは、ずっと前に仕上げてたお仕事が
やっと動き出しそうなのです〜
よかったー!

あとは自分でやりたいことを続けることですね。
詩歌のイラストとかね。
言葉に触れ続けること。
(最近NHKラジオの「朗読」という、本の朗読する番組をかけっぱなしにして寝てます。
聴いてるうちに寝落ちするんですが、熟睡できます!
いまは「ふらんす物語」を井上倫宏さんが読んでます)


久々に紅葉狩りを丸一日がっつり楽しんできました!
十和田湖休屋から蔦沼、奥入瀬まで!
連れ出してくれたお友達に感謝です。
こんなしっかりした紅葉狩りって10年以上ぶりな気がする。
家族の思い出の花鳥渓谷が閉園になっていたな〜

f0228652_01093792.jpeg
f0228652_01100065.jpeg
こういう演出を全力で楽しむお友達。毎度すごい。
腕の長さが足りない…!笑

[PR]
# by loopmark1210 | 2018-10-27 10:00 | 日常記 | Comments(0)
イラスト詩歌「手」 山村暮鳥
〈 イラスト詩歌3 〉

「 手 」 山村暮鳥

f0228652_00563954.jpeg

しつかりと
にぎつてゐた手を
ひらいてみた

ひらいてみたが
なんにも
なかつた

しつかりと
にぎらせたのも
さびしさである

それをまた
ひらかせたのも
さびしさである



青空文庫 https://www.aozora.gr.jp/cards/000136/files/42755_34855.html







[PR]
# by loopmark1210 | 2018-10-27 00:55 | イラストレーション | Comments(0)
11月下旬にイラスト掲載の本が出ます。
11月下旬に、わたしのイラストが二枚載った本が出ます。

たくさんのイラストレーターさんが参加されているアートブックで、
テーマが「ガールズ」です。

少女モチーフは大好物なので、張り切って描きました!

グループ展気分で、たくさんの素敵な少女たちに会えると思います。
ぜひお楽しみに。

で、店舗販売もあるそうですが、都会の大型書店のみだと思うので、
もし確実にほしいという方もしいらっしゃいましたら、
ご連絡ください。
(アマゾンでの販売もあるそうですが、好評であっても増刷はしないそうです)

また、こちらについては刊行され次第、お知らせいたしますね。

いやーしかし、
自分の絵が本に載るってこんなに嬉しいんだなぁと
いただいた校正を眺めながら
ニヤニヤ思いました。笑

楽しみです(*^^*)

f0228652_13473347.jpeg
カリワラさんが復活!
嬉しい!! 久々のスパイスチャージ!
めちゃめちゃ美味しいです。間違いないです。
三沢市来たらぜひ行ってみてください!!
(しばらくは不定休なので、SNSで確認してからお越しくださいとのことです。


[PR]
# by loopmark1210 | 2018-10-21 13:40 | お知らせ | Comments(0)