<   2018年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ホームページを更新しました。
久しぶりにホームページを更新しました。
このところ描いたお仕事のイラストやオリジナルイラストを載せています。

齋藤さち子 Sachiko Saitoh Illustrations こちらから↓
http://loopmark.org/index.html/index.html
f0228652_17061506.jpg
画像クリックしても飛びません(汗 URLから飛んで下さい~

プロフィールからオーダーについての詳細がご覧になれます。
ご検討の際の参考になりましたら幸いです。


手探り手作りですので、各媒体での互換のズレはお許し下さいませ汗


しかし、更新は本当に時間がかかってしまう!
またも数日掛かってしまいました。
更新の作業工程メモしないので、いつも振り出しに戻ってます。。







[PR]
by loopmark1210 | 2018-08-29 17:14 | お知らせ | Comments(0)
8月の終わりに思うこと
昭和が過ぎていくなぁ、と感じる。

年号が変わるので、平成ももうすぐ終わるのだけど。

昭和を懸命に生きて、志を平成に続けてきてくださった方々が
今年は多く
亡くなるなぁ…

今年は祖母のこともあったし、
森田童子さん(両親が好きだった)、津川雅彦さん、菅井きんさん、etc…
さくらももこさんにいたっては早すぎる…

小さい頃、ちびまる子ちゃんを読んで、
ちょっと枯れたようなこと言うまるちゃんが面白くて、
かなり真似をした。

山本リンダなんて全然知らないのに
ウララ〜と言ってみたり、西城さんの真似してローラァアア~!!と叫んでみたり。
親は「どこで覚えたの…!」と毎回楽しそうに驚いてくれてたな。
それが楽しかった。
そんな平成の子どもたちが、たくさんいたように思う。


思えば、わたしのメインステージはずっと平成だったわけで、
ものごころついた頃には
昭和は既に終わってたんだけど、
昭和っていいねぇ、て自然と思えてしまう。

その良さを現在に届けてくれる人たちが
いるからなんだろな。

「幕末太陽傳」って映画をこの前眺めてて、
50年以上前の映画だったのですが、
菅井きんさんが、既におばあさん役で、
え? なんでこの時代もおばあさんなの?!
時越えてるの!?
と、一瞬吸血鬼説が頭をよぎった。(失礼ですね〜

知らせはそのすぐ後だった。


亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。
ありがとうございます、と、本当にお疲れ様でした、と。
夏の終わりに。


うちの近くに、どうやら牧草用の畑があって、
背の高い草がたくさん生えている。
蒸し暑い夏のうちは、虫が嫌なので、
その部屋の窓は閉じていたんだけど、
最近涼しくて開けてたら、
素晴らしい草の、ザザァァァァァという大合唱。

まるで美しいさざなみのよう。
知らなかった!
久しぶりに「音」に感動。

しばらく堪能できるかな
そのうち、すぐ刈られてしまうだろうな
夏の終わりに


f0228652_07384767.jpeg
平成最後の夏のガニ汁じゃけん














[PR]
by loopmark1210 | 2018-08-29 07:15 | 日常記 | Comments(0)
夜中に音楽をやってる友人と話したことなど
先日、東京で音楽をやってる友人と久々に
電話で話す機会があった。

彼女が言うには、上京はしたものの、
東京での活動に疑問を感じ始めている、というのである。
ものすごく積極的に活動している風に見えていたので、
意外な発言だった。

音楽のジャンルとしては、売れたら良いというものでもなく、
とにかくライブをして、お客を増やし、認めてもらわないといけない。
しかし、東京にいると生活もしていかないといけない。
そこに難しさを感じているらしかった。

しかもだよ、と彼女は付け足した。
「都会より地方にいる方が、いまはプロのミュージシャンと関われるんだよね」

あ、そうかも、と思った。
わたしは地方にいるけど、東京だと一流のライブハウスで高めのチケットを出すミュージシャンを
その半額くらいで見ている。
地方を回ってくださるのだ。

この傾向は、最近特に強く感じる。
都会の箱が高いのか、そこでやり続けるよりは地方ファンを獲得した方がいいのか
よくわからないんだけれど、
とにかくすごいメンツが普通にやってくるので、驚く。
(この前なんて近所で日野皓正さんと大西順子さんを堪能してきたよ)
しかも、終わったあと、普通に横のテーブルにいたりする。

とある有名ミュージシャンが、となりの市に住んでいた。
あまりに身近で、しょっちゅうライブに足を運び、聞いていたので、そのありがたみにはっきり気付いていなかったのだけれど、
この前
「この人はほんとにもう伝説なんだよ」
とプロのミュージシャンが感嘆を込めて言っていた。

はー…本当にそうなんだ、
自分は幸運だったのだな、と思う。(耳が養われた気は、実はすごくする)

ミュージシャンは特に、生のセッションだけに
インスピレーションを受ける環境を大事にするのかもしれない
地方を回る理由のひとつも、それかもしれない。

でも、東京ではやはり高いライブハウスに行かないと会えもしないから、
距離的に近いのに、関わろうと思うととても遠いらしい。
不思議なことだ…と思う。

話は変わって、
コンペってものにいよいよ疑問が湧いて来た。
前進的でいたいために、また、ためになると信じて、コンペは出してきたのだが、
傾向を見ていると永遠に入賞することなんてなさそう、と思ってしまう。

そして、なにより手間、時間とお金がかかってくるのだ。

(以下、多少愚痴)
サイズは大きめが基準なので、いつも描かない、スキャンに入らない大きめのサイズで描く。
郵便局に出向き、参加費を郵便為替に変えて申込書と同封し、返送用の梱包材を仕入れて詰めて着払い票と一緒に郵送。

これだけで結構な手間と労力である。(スキャンできないから、綺麗にデータも取れないし。

なのに、結果はというと
紙一枚の、名前だけであることが多い。

どこをどうしたら、どう改善したら、というのは全く書かれて来ない。
お金と時間を掛けたけれど、はっきり言って前進的かというと気が滅入ることばかりで、疑問ばかり。
本当に見たのだろうか…という疑問までは
あまり考えたくない。

人気イラストレーターの中村さんはツイッターやツイキャスを駆使して、絵の技術をご教授してくださる。
ツイキャスにて絵を見ていただき、直接ご助言をいただいたこともある。(送信ボタン押す指が震えた

やはり描くことは心と通じているので、
中村先生の心にまで続くお話は聞いているだけで励みになり、モチベーションが上がり、ずいぶんずいぶん救われた。
会ったことないけれど、わたしにとっては恩師である。
そんなリスナーがたくさんいらっしゃって、心でつながった気持ちにもなる。

なんとこれは、無料である。

また、ネットではよく検索すると、絵の基本について詳細にまとめてるサイトがある。
漫画講座という形を取っているけれど、基本的なデッサン、構図、人体構成まで、かなりわかりやすくまとめている。
より深く知りたい場合は本を買えばいいんだけど、
そこまででない場合、これも無料である。

無料ということよりも、ネットである、
ということに着目する。

やはりわたしにはネットの方が、まだ距離が近いのである。
SNSは作品と声を受け取ることはもちろん、伝えることができる。
声に反応してくださり、DMやメッセージをくださる方も、中にはいらっしゃる(めちゃくちゃありがとうございます)。

お金や時間を掛ければ、物理的な距離は見事に縮まる。
東京にはもう3時間で行ける。

けれど、届けたいと思いながら、どこまでもどうしても遠いことが
あるんじゃないだろうか。

そして、
別の方法論が選択できる時代なんじゃないだろうか。

もうそう信じるしかないだろうな、とも思う。
10年も活動してるし笑

それは地方から東京に出てきて、活動しているけれど、
なんだかうまく近づけないと感じる前述の友人の感覚と、真逆でありながら近いのではないかなぁ

でも、方法があるはず
だって、彼女の音楽はピカイチだと思うし、
それはそれは熱烈なファンだっているのだから!


「とにかく続けるしかないよね」
で終わった。

続けることって、時たまかなりしんどくなることがあるけれど、
でも、どちらかというと得意なことかもしれないねと、
そんなことを話せる友人がいるのが、
一番有り難いことだなぁとも
思ったりする。


この友人と出会えたことは、掛けたお金と時間に感謝だな!
目に見える成果!😆
頑張りませう。


f0228652_08011305.jpeg
お盆ドライブ
その友達の名前は、7/30の記事に出ています。笑













[PR]
by loopmark1210 | 2018-08-21 07:16 | 日常記 | Comments(0)
怪談の季節です。

怪談の季節ですね。


こんな本はいかがでしょう。

f0228652_11391725.jpeg
f0228652_11392633.jpeg


怖井野好人先生の最新刊!

12編の書き下ろし怪談を収めた話題の本!



夏のおふざけ🍧😱👻

そんな本はこの世にはありません、 、(これが)怖いなー怖いなー(淳二稲川




しかし、齋藤は、わりと真面目に本のお仕事がしたいのです。

近々、ホームページをまた更新しようと思ってます。

なんだか怪談と言いながら、
ものすごく寒いんですが、嵐で。

今年は酷暑ではなかったのか〜
まさか、、もう秋…?







[PR]
by loopmark1210 | 2018-08-17 11:37 | イラストレーション | Comments(0)
北の街8月号が届きました。

「北の街」8月号が届きました。

f0228652_16232094.jpeg

今月は表紙含め、思い入れが深いです。


イラストコーナーは13年ぶりに青森ライブを果たしたBUCK-TICKさまについて。


今月もよろしくお願いいたします。



そしてそして、

わたしってば


なぜか6、7月号のことをアップしてなかったようです。


うーむ、やってるSNSが多くて、ブログまで手が届かないときがあるようです。(全く気づかなかった💦


のちほどアップしようっと…。



青森、ねぶた終わっちゃいましたね。

今年はモリモリ密密立体的で、

ねぶたの進化も

この10年くらいで、ものすごいなぁと思いました。


特に感じたのは、波の立体っぷり。

もう波は平面に描かないのだなーと。



ちょっとね、昔ながらの伝統的な筆黒な感じも見てみたいなー!

なんて…。(欲しがり


f0228652_16314958.jpeg


三社大祭は小林幸子がいっぱいでした。

南部のお祭りも面白い!








[PR]
by loopmark1210 | 2018-08-07 16:22 | お仕事 | Comments(0)
青森ねぶた2018、始まりますねー!

いよいよもうすぐ、ねぶた祭り開幕!🔥 

ねぶたの思い出をお絵描き。


大人になってから、昔ながらの跳ね方の、酔ったような練り歩きにドキドキします。(見れるかなー


もっぱら見る側ですが、今年も楽しみます! 熱中症にはくれぐれも気をつけて!


f0228652_18203360.jpeg

f0228652_18204409.jpeg








[PR]
by loopmark1210 | 2018-08-02 18:19 | 日常記 | Comments(0)