<   2018年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
3月最終日
春です。
桜の開花も早いみたいです。

このところ、バタバタと動き回っていて、
ちょっとだけ人と人を繋ぐようなことしてたのですが(絵とは関係ないことなのですが)、
サポートしてた方が良い結果がでたとの報告が来て
万歳!

サポートはしたものの、
いざ自分だったらできたのだろうか
と思うわけで、
すごいなぁ
しっかり心意気をキープしていたものなぁ
と感心しきりです。

良き春となりますよう!

先日上京したときに、
国立西洋美術館でプラド美術館展をやっていて、
見たきたのですが、
いやはや凄いんですよ。

貴族の肖像画がメインなんですが、
とても巨大なのに
写真のように詳細に綿密に描かれているのです。
(ベラスケスの絵は本当に
離れて見るほどリアルが増します、すごい

しかも、
今で言うアプリ補正に近い気もして(加工費が国家レベルですが)
背景の装飾の光り方とか
肌や髪の光沢とか、ドレスの質感とかが
とても美しく、しかし際立ち過ぎないバランスで描かれてるのです。

1600年代に
先人たちはすでにこれだけのことを成し遂げている…
400年も前に
しかも未だ輝きを放ちながら…!


あんな大きく美しく詳細な、
また効果をふんだんに盛り込んだ絵を見てしまったら、
自分は果たしてこの時代になにを描くのか
いやでも真面目に考えてしまいます。
(そりゃあ、印象派とか自由な表現が生まれるだろうな〜なんて思ってしまった!

それは重いテーマのように感じつつも
春の始まりのような
ワクワクがあったりして、

自分もこの春、
しっかり、ちゃんとやろう!
と考えたりする
そんな3月最終日でございます。

明日から4月ですね。
今年もしっかり、待ち望んだ春であります。

f0228652_20090246.jpeg
f0228652_20093261.jpeg
f0228652_20100150.jpeg
f0228652_23001867.jpeg
20日頃の上野の桜はこんな感じでした。




[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-31 19:59 | 日常記 | Comments(0)
美女と野獣的な、女性とライオン
少し前に描いたもの

f0228652_16391159.jpg


さらに崩していきたいなと




[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-29 23:29 | イラストレーション | Comments(0)
作品解説「夢の舞台へ」
「夢の舞台へ」
f0228652_14300088.jpg

童心の頃の夢がテーマです。

童話の絵本やアニメを見たり、
人形遊びをしたりして、
女の子なら一度は
綺麗なドレスを着たお姫様になりたいと思うし、
華麗に踊るバレリーナになりたいと思うのに、
当然のようにその夢や憧れが、
いつの間にかなかったことになり、
大人になっていくのはなぜなんだろうと
ふと思いました。
(お姫様はちょっと別次元ですかね^^;)

成長とコミュニケーションの中で
自然と消失して行くことならば
なかなかそれは
儚くも純度の高い夢であるかもしれない


そうしたことを
抱いていた時間があったことを
忘れたくないなと思います。


夢は結構薄情なところがあるし、
「夢は叶う」は信憑性が不安定だし、
夢って言葉には自分含め多くの方々が
振り回されているのかもしれませんが、

純度の高い思いは
保管しておきたいと
素直に思い、描きました。


「夢みる日」展に出した作品二点の解説(つぶやき)でした。


もう一点の「五月の歌」は
昨年の個展にも出した作品ですので、割愛させていただきます。



展示会に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

f0228652_14535523.jpg

写真by 鹿児島から(!)立ち寄ってくださったSさん



※齋藤の絵は、手元にある作品に限りネットでの販売も可能です。
過去作品についても気になる方は、
メール loopmark1210☆gmail.com(☆を@に変えて)までお問い合わせください。




[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-28 14:31 | イラストレーション | Comments(0)
作品解説「夢遊泳」
「夢遊泳」
f0228652_14084831.jpg


はじめに展示会のテーマである「夢みる日」という課題を聞いたとき、
自分にとって夢というのは、なんなんだろう
と考え始めました。

昔は夢というのはもっとギラギラしていて
それこそ一番星のように
がむしゃらに走って掴みに行くものだと思っていました。

けれども、試行錯誤しながら
今年で10年描き続けていて、
どうやら掴む掴まないの問題ではなさそうだ
と思ったのです。


光のかすかに差す深海で
漂いながら
蝶のような花のような
憧れのような、自分が心底素敵と感じるものを
見つめ続ける


それ自体が
「夢みる」
ということかもしれないな
と思いました。


これはギラギラの一番星に比べたら
地味であるし、
静かで孤独でもあって、
それを否定的に感じ、
葛藤していた時期もあったのですが、

ああ、自分はこの静かなたゆたいが
何よりも
どうにも大切らしい

と、今年に入ったくらいから笑、思いました。


これはまた、このところの地域性のこととも通じていて、
自分は思った以上に
青森のこの環境を
静かなこの環境を
愛しているなぁと感じました。


東京から帰ってきて
ちょっとホッとしてます

さぁて何を描こうかな



次の記事では、
もうひとつの展示作品について書かせてください。




f0228652_18024134.jpg
夢遊泳とわたす
夢遊泳ちゃんはお嫁に行きました。祝!










[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-26 18:04 | イラストレーション | Comments(0)
東京、画材屋、街は動く
一応、今日で東京での全日程が終了

なかなか動いたものだーわたしにしては

新宿界隈を中心に動いたせいか
人生でも経験の少ないものすごい人混みに毎日もまれた

期間中はほぼ雨

静まった雨の街を歩くのが楽しかった
このまま歩いたら
自分の家にたどり着くような予感がした

帰りたい場所があるのは良いものだな


行ってみたかった画材屋さんは
恐ろしいほど混んでいて
老若男女、多国籍の方々が大量に画材を買い込んでいて、
その品揃えのすごさと
画材屋でここまで人のエネルギーを感じることもなかったので、
しばらく呆然としていた

地方だと多数人のエネルギーって
祭りくらいでしか感じないのだけど

人のエネルギーにまみれると、目的を見失いそうになるのだな
とも感じた
逆にそのために
目的をはっきり見定めようとする
ということもあるかもしれない

世界の中の、東京の画材屋の
この短い時間に
こんなにたくさんの方が作る材料を買い求めに来てるんだ
と感じると
ちょっと嬉しくもなった

なにを作るんだろう
なにを描くんだろう
それだけ生まれるものがあるってことでしょう
カラフルな無数の空想
わたしも描くぞー

集団へ感じる創作への嬉しさ
これはなかなかレアな経験でした

街が動いている
人が動いている
当たり前だけど
しみじみ感じた東京の夜


f0228652_01320025.jpeg
f0228652_01255476.jpeg
f0228652_01265171.jpeg
f0228652_01311347.jpeg

「夢みる日」展、早いもので明日が最終日です。
よろしくお願いいたします。



[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-24 01:11 | 日常記 | Comments(0)
東京にまだおりまして
東京時間を過ごしております。
お友達と会ったり、
お友達のライブを見たり、
お世話になってる方に久々に絵を見ていただいたり。

課題もどんどん、どっんどん!見えてきました。
きっと東京から帰ってからの絵は
また変わることでしょう。
それが今から楽しみです。
いろんなヒントをもらいました。

ブログでは東京への憧れとか緊張とか書き綴っていましたが、
いざ来てみると
ここまで人と密着な街もないのではないかというくらいで、
人混みの中の安心感のやうなものも
芽生えてきました。

しかし、この感覚、地元に帰ると確実に薄れ、
薄れるからこそ
描けるのかもしれません。

グループ展も土曜で終了です。
友人限定のfacebookには書かせてもらったのですが、
驚きの記録としてこちらにも。

展示作品の一つを
主にテレビで活躍されている、とある文化人の方にご購入いただいたようです。
(イッテQなどにも出てらっしゃる高貴な「ご夫人」の方です)

知らせを聞いてしばらく放心。。

東京に行く前、人と街と隔絶を感じていたわたしには
驚きすぎる出来事でした。

絵への可能性をどんどん試していきたいです!
自分の時間を通して。
そんなことを強く思っています。

そんな東京の夜🌙

f0228652_00473910.jpeg

そんな阿佐ヶ谷の夜。笑🌙



[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-23 00:29 | 日常記 | Comments(0)
「夢みる日」始まりました。
24日まで、銀座のギャラリーゴトウさまにて開催しております。
ぜひお近くまでお越しの際は、お立ち寄りいただけたら幸いです。

f0228652_23541954.jpeg
夢遊泳

f0228652_23545116.jpeg
夢の舞台へ

f0228652_23552857.jpeg
五月の歌


わたしもお上りさんタイムを楽しんでおります!



[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-20 23:49 | イラストレーション | Comments(0)
引き出しのすり減り&増やし
「人と話してると、自分の引き出しがすり減っていく気がしない?」
と、会話の流れで家族が言ったので、
わかるーと同調した

逆に聞く方だとどう? ひたすら話すだけだとすり減ってく感じがするけど、
と、聞き返したら
「聞く分には良いかも。引き出しも増えていく気がする」
と答えたので、
再び、わかるー
と。

このところ、ご依頼や展示作品の制作が詰まっていて
自分の引き出しを使い果たした感があった

やっと一段落し、
さて何をしたいかというと
とにかく人に会いたくなっている自分がいる

なので珍しくSNSも活発で
人に連絡も取っている

驚き
人と会うの苦手だと思っていたからだ


そうかー
引き出しがすり減ってくると、人に会いたくなるかもしれない
話を聞きに行きたくなる

で、一方的に話すことが引き出しがすり減るというなら
描くこと作ることは、その点においては
一方的に話し続ける行為と似てるのかもしれないな

これは本を書く(=話し続ける=引き出しすり減る)
のと
本を読む(=話を聞く=引き出し増える)
の違いでもあるかもしれない(今日は本屋さんにも行ってすっきり


そして、いろいろ得て
また引き出しが増えると
あそこはああいう風に描いてみれば良かったな、、、と思ったりもしてしまう
描き切ったー!ってものに対しても

「話し方をああいう風にすればよかった、その方がもっと伝わるのに」
てことなのかな

だからやはり
そんなこんなで
変化は続くのだなぁ


今作るものと
一ヶ月後に作るものでは
やはりアプローチは違うんだろうなと思う

最近は
でもそういうの面白いよね
と思ってる

新たに試してみたい画材も発見
描くことやはり
やめられない


f0228652_05340744.jpg
再び八戸彩画堂さんにて。
額装してもらってる間に二階のカフェでお茶
至福~
服に合わせてカップを選んでくださったのかなぁ

美大に進みたいという若い方がスタッフさんになにやら相談していた
そんな時期か~
頑張ってね、作ることをずっと楽しんでね
なんて心の中でエール

ああ、そして今日は311ですね
今があることに
感謝です


19日より銀座ギャラリーゴトウさまのグループ展に出させていただきます。
詳細コチラからどうぞ↓





[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-11 05:42 | 日常記 | Comments(0)
「夢みる日」展(ギャラリーゴトウ/東京銀座)参加いたします。
東京銀座のギャラリー「ギャラリーゴトウ」さんでのグループ展に参加させていただきます。
f0228652_20062801.jpeg
f0228652_20063536.jpeg

夢みる日 展
2018年3月19日(月)~3月24日(土)
営業時間12:00~18:00 (最終日: 16:30)
オープニングパーティー19日17時~

参加作家(敬称略)/
安藤ニキ  飯田哲  伊藤彰規  伊藤香奈  菅野由貴子  齋藤さち子  さかもと未明  佐藤陽香
柴田まどか  島良枝  そだきよし  高野真木子  ツリタニユリコ  蜷川有紀  深田絵理  増田泰子  
山本恭子 横田藍子  渡邉早苗

〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-5 銀座中央通りビル7階
【地図はコチラ】
TEL:03-6410-8881 / FAX:03-6410-8882 / E-mail:ggoto@juno.ocn.ne.jp



初めて参加させていただくギャラリーです。
久々の東京での展示でもあります。
三点ほど出させていただく予定です。

いろんな意味合いを含む「夢」という言葉
そのイメージについて考えて描いてみました。
そして、
たくさんの「夢」の作品と出会えることが、いまからとても楽しみです。


会期中はわたしも久々にお上りさんしまして、
いろんな刺激を受けてこようかと思っております。


ご都合よろしければ、お立ち寄りいただけると幸いです。
どうぞどうぞよろしくお願いいたします。







[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-09 20:08 | お知らせ | Comments(0)
「北の街」3月号届きました。
「北の街」3月号が届きました。
f0228652_06514658.jpeg
f0228652_15184368.jpg

3月はやはり春の予感が嬉しくて、そんな感じの絵を描いてしまいます。

イラストコーナーはスピードスケート金メダル小平選手について描きました。
小平選手、眼差しが本当にかっこよくて
描かずにはいられませんでした!

雪国出身者が世界で活躍する冬季五輪が本当に好きで、
いつも勇気をもらうのですが、
今年は特に女性パワーが凄かったですねー

日本の女性は、どんどんかっこよくなっているなぁと感じます!
見習うぞ!


そんな感じで
3月号もよろしくお願いいたします。

また、告知ですが、
19日より銀座ギャラリーゴトウさまのグループ展に参加させていただきます。
詳細は次の記事にて書きますね。





[PR]
by loopmark1210 | 2018-03-07 15:31 | お仕事 | Comments(0)