<   2017年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2017年、ありがとうございました。
大掃除を始めました!(遅い


さてさて、年内いっぱいブログ更新したいなぁと思うところなのですが、
やはり平日更新ルールにのっとり、
今日をブログ納めとしたいと思います。


今年は四年ぶりに個展を開催したことが活動では大きな出来事でした。
そして、内面ではとても大きな変化がありました。



自分自身の感覚と思考に耳を傾ける、ということを今年の始めから意識して
実践の記録としてこのブログでは役に立ってもらってたのですが、
毎日書きたいと思うようになるとは、
結構な変化だなぁと自分でも驚いています。



描いて書いて発信して
自分はなにかと
つながっていきたいのだなぁ
と、感じています。



来年もここを実践の場のひとつとして、
いろいろ書いて載せていこうと思っています。


今年一年、どうもありがとうございました。



さて、恒例となりました。
来年は戌年の絵でお会いしましょう。
(来年は4日からブログ始めといたしますー!)


皆さま、良いお年を!


f0228652_02510957.jpg
インコちゃん

[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-29 15:50 | 日常記 | Comments(0)
顔料インクのお話@群馬
あかりのありか展が明日29日までとなっております。
連日豪雪の青森ですが、
お近くにお越しの際はほっこり「あかりのありか」にて休んでいただけたらなぁと思ってます。

拙作「反射」。
前回さらりと紹介したのですが、ちらっとまた載せておきます。
f0228652_16514408.jpg

というのも、
画材を描き方を少し変えたので、
いまいち慣れない感。

数こなさないと
やはり慣れていかないものですね。

画材を変えてこなかったのは、やはりどこか頑なだったからなのか
変えてみたら、
いやーもう超便利。

でも、旧画材と新画材の間が大きく開いてるような気がしていて
そのうちここもどうにかしないとな…
と思ってたら、

群馬でぴったりな画材(インク)見つけましたー!!

「店舗は東京の他は高崎市(群馬)の当店だけです」
と店員さん

って、なんで群馬にあるんだ!(めちゃウェルカムですが
予想外にお札がふわふわ飛んでいきました…
幸せでございます。

書いておこう
高崎opa内のインクと紙のお店「カキモリ」さん、です。(こちらウェブサイト
東京では蔵前にお店があるそう。

なにがすごいか、というと
こちらのインク、顔料インクなのですよ。
たいていお店で売られているインクは染料なので、
発色はかなり良いのですが、そこからの退化劣化がとても早い

データとしてのイラスト仕事のときは良いのですが、
絵自体を販売するときには保存の面で染料は使えないなぁと思っていて、(あまり気にしない方もいます)
なんとか工夫して保存の効く方法を選んで描いてました。(なので、結構制限があった

顔料インクのボトルというのは前からあるっちゃあるんですが、
色味が強いクレヨンのような「ザ・色!」のが多く、
万年筆染料インクにあるような、
濁った青とか、土色に近い緑、、、
という絶妙なニュアンスのものがなかったんですよね

でも、やっと見つけたー!

これはほんとにびっくりな出会いでした(ああ、もっと伝えたい

しかも、滑りがとても良いです。
顔料インクにあるぼってりとした重さが全くない、感動
耐水性だし、耐光性だし、専用のペンも売っていて、
万年筆好きインク好きの方は必見かと思います。(わたし何者


東京店ではオリジナルのインクも作れるそう
うおお、今度行こう

前に群馬の醤油専門店にも連れてってもらったのですが、
そこは日本中の醤油が揃っていてテイスティングもできて、
店舗は東京(銀座)と群馬(前橋市)のみでした(こちら職人醤油さん

群馬ツボ押さえてるな〜!(わたしの

て、ことを興奮気味に違うお店で店員さんに言ったら
「(群馬好きなんて)変わってますねぇ…」
と言われました。(実は2度目)

oh...

f0228652_17145328.jpg
群馬限定カラー、赤もありました。(ご当地インク流行ってますね)
f0228652_17002438.jpg
出来たばかりの高崎OPA

[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-28 14:26 | 旅の記録 | Comments(0)
冬の古書らせん堂
なんだか時系列がめちゃくちゃですが、
この前らせん堂に行ったときのことを。

わたしのブログは「古書らせん堂」で検索して来られる方がとても多い。
一時はずっとブログ記事一位で、「ちょっとおれ活動頑張らんとな…」と反省したほどである。

オーナーの三浦さんが書店員をされていたとき、亡き母が三浦さんの選書を買っていた。
らせん堂の本棚には母が持っていたのと同じ本もあって、懐かしさが香ってきます。
(ちなみに某書店から三浦さんの本棚が消えた時の絶望のブログ記事はこちら。
もう7年も前です。これを機にわたしは本棚を作ってた人=三浦さんを探し出したのでした)

本棚を見ながら、
母はこういうの読んでいたのかなぁ、
生きてたら感想を聞きたいのになぁ、
とぼんやり思う
それは別に寂しくないのだ
言うことが想像できるから、想像して、ふふふふふ、となってる

古書の良いところは思い出が重なるところ、なのかもしれない
大切な人が読んでいた本を、
たった一冊見つけただけで、
見ず知らずの他者だった本棚が、ぐっと近くなる。

先人とつながる場所、
とわたしは思ったりしてます。
思い出もだけれど、本は過去の著者たちと現在でつながれる超ハイパーレトロツール(電気いらず

さながら三浦さんみたいな方は、
先人たちと繋げてくれるコンダクター、仲人さん
と言ったところでしょうか。

そうそう、巷で話題の「めご太郎」にらせん堂さんも載っています。
この本すごいです(ごいすー
観光本には載っていない知る人ぞ知る青森が丁寧に掲載されています。(わたしも知らないネタがたくさん!
とりあえず、お腹が減る。

しかも、絵がまた素敵
版画風の優しげな挿絵、
こういう絵の紙一枚の使い終わったカレンダーを、母はよくふすまの下部の破れたところに貼っていた。
小さい頃は目線が低いので、わたしはよく座り込んで、描き写して遊んでおりました。

出版社さんは横浜の出版社、星羊社さん(ご夫婦で作られてるそうです)
きっと何度も遠い青森市に足を運ばれたに違いない。

めご太郎はらせん堂さんでも取り扱いしておりますぞ。

今ならお店の手前まで、冬の青森名物、こんもり盛り上がった雪の歩道を体験できます。
(あれ、滑って道路側に落ちそうでちょっと怖い)
f0228652_16030821.jpeg
f0228652_15583690.jpg

f0228652_15583794.jpg
f0228652_16055821.jpg

f0228652_15583893.jpg


[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-27 13:36 | 日常記 | Comments(0)
LOVE PARADEに乗って
クリスマスが過ぎて行きました。
わたしは、群馬へ行ってきました。(また

はい、BUCK-TICKライブ(と、その他もろもろ)です。

去年、凱旋ライブを初体験してから、なんだかもうたまらなくなってしまい、
また来てしまいました。

ライブは、
もう言葉にしたら軽くなってしまうような…
素晴らしく、凄い次元でした。

見る度見る度に新しさを目撃して、
この方たちは本当にどこまで行ってしまうのだろうと、毎回ちゃんと思わせる、凄さ

過去に、
憧れて、胸を熱くしたライブがあって、
過去に、
憧れが強すぎて、遠くて遠くて(自身の活動が思うように行かなくて)、なぜか悲しくなったライブもあった(ニヒルですなぁ

でもラブパレードで、
一緒に行くよ
とあっちゃんが言って
まだライブ始まったばかりなのに、ぐぐぐっと目の奥が熱くなってしまった

あーそうなんだ、一緒に行くんだ
一緒に行っていいんだ
ひとりじゃないんだ

それからは、

はしゃいだーー!

楽しかった嬉しかった
今回もまた、
あの場にいた皆さんとの一体感
しっかり浸りました

浸れたことがなによりも嬉しい

また今度パレードに加わろう!
と思いました。


ところで、
BUCK- TICKファンの方って手拍子がほんとに上手
手拍子を超えて、タンゴ?のリズム
今回も「すげええええ!」てなってました。(リズム感悪いわたし
f0228652_19595496.jpg
魔王を描きました。
f0228652_20000903.jpg
はっ! 少し笑ってる…!

[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-26 14:22 | 旅の記録 | Comments(0)
メリークリスマス!
f0228652_17131797.jpg
メリークリスマス!

左より、
サンタ子ちゃん、ツリー子ちゃん、クーゲルちゃん
の3人が、素敵なクリスマスとなるようお祈り?しています。


良きクリスマスをお過ごしください🎄🎅



[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-24 14:20 | イラストレーション | Comments(0)
つながりと分断
ギャラリー当番の日に、行きたい場所に立ち寄り、久しぶりに会う友人たちとご飯を食べた。(誕生日祝ってもらってしまった!

で、21時過ぎの電車でその日のうちに帰ってきた。片道1時間20分。

この距離は車を使う人は普通に車で行ってしまう距離かと思う(さすがにこの日は凍結がやばかった)
わたしは1人のときは電車で行く。
(家族と一緒のときは絶対車なのです、運転もわりと率先してする)

これがもうなんだか、
儀式のような感じになってる。


自分のエリアから一人で離れるときは、必ず電車
遠かろうとも近かろうとも
駅というものを間に置くことで
「離れた」
と実感したいのかもしれない。
旅、みたいなもの。

車で行くのと、電車では、やはり全然違うんだ
家族と動くのと、個人とでも全然違う

前者は暖かなつながりの糸玉をずーっと家から引っ張ってきてる感じ
後者は、分断されたひとりとして、かつて住んだ街を他人のように眺めている


奇妙だなと思うけど、
一年に数回こういうことをしてる

つながりと分断を繰り返してみる

つながることで安心したり、
束縛を拒否して分断してみたり、
きっとそれでなにかバランスを取ったり、
無意識に解明したり
しているんだろうな


まぁ単に
ひとりでの長距離運転が苦手ってのも
もちろんある…(それじゃないのかね、うっ…


f0228652_17380365.jpg


[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-22 17:37 | 日常記 | Comments(0)
クリスマスカード、昨日発送しました。
クリスマスカード、昨日発送いたしました。

カードと一緒に、応募の際にいただいたメッセージのお返事を書かせていただきました〜
手紙での返信作業楽しかったです、やはり手紙はいいな〜

ご応募ありがとうございました!

多ければ抽選、と書いたのですが、
とてもちょうど良い感じで(ちょっとだけ多めに刷ったのです。
応募いただいた方皆さんにお届けいたしましたよー

早い方はもう「届きました!」の連絡をいただきました。
遠くは名古屋まで。
青森県外の方は明日以降届くかと思います。

どうぞお楽しみに!
f0228652_16532835.jpg
f0228652_16533476.jpg
ギャラリー当番中に新町ロックバー「アトラン」の店主からクリスマスCDをもらったぞ。
この時期はみんなサンタクロースになるのだなぁ。(CDはアトランでもらえるよ!)






[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-21 16:52 | 日常記 | Comments(0)
ツブツブ発砲スチロール雪
昨日は寒かった。
冬の底力を見せつけられた。

ごめんなさい、わたし、もうすっかりここの冬のこと、忘れた気になってたのですが、
あなたの猛威の凄まじさ、改めて身をもって思い出させていただきました、
ははぁ、冬将軍さまぁ(土下座)

下ろしたてのバッグは斜めに刺す雪でずぶ濡れ
整えた髪はいつのまにかパンキッシュ
なんてこったい、でもこんな毎日だった

普段出かけるときは結構歩くのは苦ではない方なのだが、さすがに
合流予定の友達(車)にSOSを出した。

友達はややぎこちない感じで現れた。
道路がボッコボコでツルッツルなのだ。
しかも道路幅は雪で狭くなってる。

ハードモードぉー

気温はさらに低くなり、
キリッとした空気は緊張感と重なり、
慎重にジリジリと動く車で、道路は渋滞している。

まいったねぇ

そのとき、ポンッとフロントガラスに、
なにやら軽い小さな音がした

ぽろんっ、ぽこぽこっ


あ、お前、発砲スチロール雪じゃないの


湿度とあんまりに低い気温のせいなのかなんなのか
てんでわからないけれど、
発砲スチロールを砕いたときの、あの小さな丸い形状の、軽く弾力のある雪

これ、どこでも降るんだと思ってたけれど、
わたしが住んでるところでは見ない

発砲スチロールにも似てるけど、
あれに似ていて、お腹減ってくるんだな

あれ、
ミスドのゴールデンチョコレートの、
あの黄色いツブツブ

あのツブツブ、昔はもう少し粒ひとつひとつが球体で、
チョコドーナツにちゃんとくっついてない感じが良かったんだけど(ボロボロ剥がしてそれだけ食べていた)
いまはムラなく細かくしっかり付いてる感じになったよねぇ

まぁでも、それでもミスドではあれが一番好きなわけで、
だから、この雪もなんだか、
許せてしまうんだよなぁ


f0228652_16285086.jpg
撮ったけど、わかりづらいですねぇ…

f0228652_16290788.jpg


[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-20 16:18 | 日常記 | Comments(0)
ギャラリーにて。
ギャラリーにて。

駅に降り立った瞬間、
これだよ、これだよ青森の雪はー!!
と心の中で叫びました(吹雪)

本日、お足元悪いかと思います。
どうぞこれからいらっしゃる方は防寒されて、吹雪対策をしてお越しくださいね。
f0228652_15124625.jpg

f0228652_15122096.jpg

f0228652_15122193.jpg

f0228652_15122214.jpg
拙作「反射」

f0228652_15122528.jpg





[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-19 15:14 | イラストレーション | Comments(0)
クリスマス週に着物のことを
☆お知らせ
明日19日(火)の午後、参加しております「あかりのありか」展のギャラリー当番をしております。
17時までおります。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
◯ギャラリーNOVITA 青森市新町1丁目11-15(さくら野さんの通り向かい)

☆クリスマスカード応募締切ました! ご応募ありがとうございました🎄🎅



クリスマスの盛り上がりがピークを迎える今週、
わたしは正月イラスト用の着物を調べていて、
いまの着物って、
結構面白いことになってるんだなと、胸をときめかせておりました。

全く着物に興味なくすくすく育ったわたしは
成人式の振袖にお金使うなら
頼むからパソコン買ってネットを通してくれ!と言い、
見事実現させたわけだが、
いまの着物はちょっと、、着てみたい…。


恐らく、
大正昭和初期ロマンのモダンガール、モダン着物ガールの進化系なのかなぁと思うのだけれど、

帽子、レース、革手袋、ビーズ刺繍バッグ、ヒール靴…
などの小物を合わせて、
和洋折衷、とにかく自由に楽しんでいるという感じ
これならクリスマスパーティーも着物で出られるよね🎄🎅


高畠華宵の絵に、ミニ丈でヒール靴を履いた着物女性の絵がある。(これ

わたしはこの時代の少女叙情画が、とてもとても好きなので、
これはすごく嬉しい現象である

時代を紐解くと、
モダンガールが現れたのが1920年代、
華やかでカラフルな着物が現れたのもたぶんその頃

自由なファッション溢れる当時の街はとても華やかだったろうなー

で、

やっぱり伝統のものを良しとして、
眉を潜める人もちゃんとしっかり、めちゃんこ、いたはず(着付けは美の求道だと思うのでそれもわかる

なんだかそういうシーンは、
ある意味普遍的なものなんだなぁ
と、ちょっとくすっとする


さらに進化すると思われたモダンガールの文化は
戦争でピタッとストップしてしまう。(モンペの時代へ…

そして、それ以降は
どうなんだろ、現れてなかったのでは


てなると、この現象は
実に100年近くぶりの現象なのである。

おおお(違ったらすみません


去年、東京の美術館に行ったとき、
真っ赤な着物にヒール、革手袋のオレンジボブヘアの女性客がいて、目が離せなかった

その人はなかなか

ダリと良い勝負
してましたよ

素敵でした

f0228652_15310052.jpg
f0228652_15311187.jpg






[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-18 16:02 | 日常記 | Comments(0)