人気ブログランキング |



カテゴリ:日常記( 233 )
PALKNN vol2.ありがとうございました!
PALKNN vol2.ありがとうございました!

会場はエスニック雑貨と服のお店・プンニャちゃん。
前回と同じく、のんびりお友達の実家に遊びに来たような居心地の良さの中で出展させていただきました。

PALKNN vol2.ありがとうございました!_f0228652_18184444.jpeg

PALKNN vol2.ありがとうございました!_f0228652_18200444.jpeg

feat 古書らせん堂では、古書好きさんと出会いたい!という個人的な欲望から笑、らせん堂さんにご協力いただいたのですが、
「こんな本があるんだ〜」と興味深くたくさんの方に見ていただき嬉しかったです。

PALKNN vol2.ありがとうございました!_f0228652_18202481.jpeg

PALKNN vol2.ありがとうございました!_f0228652_18204505.jpeg

この企画はまたやりたいなと思っています。

そして、雑貨を手に取ってくださった皆様、
ご来場くださった皆様、
心よりありがとうございました❣️

美味しいご飯🍙とお菓子🍪🧁とコーヒー☕️と、雑貨🎁🧺と本📗📚 in古民家。

エスニック雑貨と服 punya (青森市新町夜店通り)
古民家カフェapricot (浅虫)
イラスト雑貨&古書 Loopmark (イベント時のみ)
からだに優しいおやつ klich (イベント時のみ)
(NNのお二人は今回お休み!)

PALKNNでした!

楽しい時間をありがとう〜😊
そして、集合写真的なのをまたも撮り忘れる!



PALKNN vol2.ありがとうございました!_f0228652_18223448.jpeg

久々に青森の夜を楽しんだのさ!
ロックバー・アトランに行って、ひろやーさんのお店「まるめろ」さんにも行けた!




by loopmark1210 | 2020-02-16 18:17 | 日常記 | Comments(0)
恋セヨ乙女的ななにか?
先にうっすら告知なのですが、2/14(金)バレンタイン!と15(土)、青森市新町のとあるイベントに出ます!

今回は、楽しみなコラボもさせていただきます。
こちら、フライヤーデータもらい次第告知いたしますね。

さてさて、それに向けてまたも雑貨を作っていますよ。
恋セヨ乙女的ななにか?_f0228652_00051241.jpeg
なんになるでしょう?
みんな、与謝野晶子の『みだれ髪』を読んでいます。
恋セヨ乙女、でしょうか☺️(いいねぇ♪
まさにバレンタインにピッタリ?


イラスト詩歌カードの材料が一部無くなり、それをまた発注したりと。
前回、「完成形できた!」と安心したところですが、今度は手際良く数を作る!というのが課題です。
ありがたいことにメールで問合せもいただいています。
じっくり作って参ります〜 


そして、いま和紙にも気が向いています。
ラッピングに使えないかな?とちょっといろいろ注文してみたのです。
恋セヨ乙女的ななにか?_f0228652_01123963.jpeg
すごいなぁ、これ、格子柄自体が和紙の紐かなにか。
職人さんの手が掛かっている、という感じ。

ちょうど名古屋の友人が紙屋さんに行ったそうで、
お楽しみセットを送ってくれるとのこと!
楽しみすぎる!
それでまたなにかを作りたくなるはず😊


なんだか2月も作ってばかりの月になりそうです。
明日は節分。
正月はなんだかヒーヒー!と落ち着きないまま過ぎたけど、明日は豆を撒いて食べて、しっかり新しく切り替えたいと思います。





by loopmark1210 | 2020-02-03 00:02 | 日常記 | Comments(0)
フラットフラット
自分はなにをしたいんだろ、と思うことがある。
いろいろ活動はさせていただいている
が、いつもポツンと孤島のように
一人だけ浮島のように感じることがあるのだ

自分で作って、なにかに繋がったり役立ったりするとき
ふと安心するのかもしれない
あ、底でちゃんと陸続きであった、と思う

こういうのは決してネガティブなのではなくて、
フラットなのだとこの頃ちゃんと思えるようになってきた。

ネガティブとフラットは、なかなかごっちゃになる
ごっちゃになって混乱してる方が
この世はとても多いのではないかと思える

自分という存在を平らかに、起伏なく捉える
平らか、まっ平! 
そう、そんなもの
そんなものですよ

それは孤独なんでは、というネガティブを発生させる
でもそもそも、孤独なんて言葉は
ネガティブなんだろうか、と思うよ
孤高、と言ったらかっこいいね
かっこいいけど、
それを使ってサマになるのは美輪さまくらいでしょうか
でも、孤がポジティブではないしろ、
その逆では決してないと、
そうなればいいなと思うな。



さぁて、こんなときは本を読むチャンス!

いま、青森出身の方の近代の詩人さんをやっと読めてる
福士幸次郎さん。
ちゃんと朔太郎さんからの流れで
すごいな、こんな詩を書いてたひとが、当時いたんだな。
フラットフラット_f0228652_00042571.jpeg

いつかこの方もイラスト詩歌カードにしたいなぁー


イラスト詩歌カード、販売スタート日が決まった!
試作をしています。

フラットフラット_f0228652_00024808.jpeg

やんやりと着物、布の勉強も始めましたー

by loopmark1210 | 2020-01-08 23:47 | 日常記 | Comments(0)
2020、あけましておめでとうございます!
あけましておめでとうございます🎍
今年もよろしくお願いいたします!

このブログの密かな恒例行事、干支ガールイラストで新年のご挨拶、なのですが、
今年はせっかくイラスト詩歌なるものをやってるので、それをあいさつ代わりに。


餅花やかざしにさせる嫁が君 芭蕉


2020、あけましておめでとうございます!_f0228652_16582738.jpeg

お正月飾りの餅花から、ひょっこり顔を出したねずみさんが、まるでかんざしをさしているように見えた、みたいな意味でしょうか。

「嫁が君」は正月三が日限定で使うネズミを意味する言葉だそうです。可愛い🐭💝

花嫁のベールを飾ったねずみが浮かんでくるようです。

餅花は、昔はよく見たような気がする。
木の枝に紅白の餅を付けた縁起物。
実物はすっかり見なくなったな〜


縁起のよろしいイラストからスタートです笑

今年もよろしくお願いします!






by loopmark1210 | 2020-01-02 16:55 | 日常記 | Comments(0)
しなやかに、再利用
今年の春のこと、スリランカの旅から戻った友人が、
「これは象の糞からできた紙だよ」
「これは古布を利用したエコバック」
「これはアルミ缶を断裁して作った本のハードカバー」
と、いろいろリサイクルから生まれたスリランカの雑貨を見せてくれた。

そして、
「こういうこと、自分たちでもできないかな」
と言う。
わたしは、発想を求められて意外だった。
リサイクルというのは、リユースか、行政に決められたリサイクル方法くらいしか感覚としてなかったからだ。

もう一人の友人が
「わたし、おばあちゃんの古着物いっぱいあるよ、なにか作ろうかな」
と言った。

それから有り余ったイベントのフライヤーを広げて、これでもなにかできないかなーと話し始めた。
「あ、ショップ袋!いいじゃん!」
二人ともお店をやっているので、その場で試作を作り始める。
すぐに簡易的な袋ができて、小さな雑貨を入れるのにちょうどいい。
やったー、資材を買わなくて済むし、いいじゃん。
名案に満足した3人。

それからすぐ、とあるイベントに遊びに行った際、
古着物でなにか作りたいと言っていた友が、早速エコバッグを作って販売していた。
彼女の行動の早さに驚いたのだけれど、彼女はいたって当然のように、そうそう作ったのーと言った。
ショップ袋は再利用のフライヤーのチラシだった。


柔軟さ、というのが、この一連の流れの印象だった。
こういうことできないか、あ、できそう、できた
それが再利用だったら、とてもいい

こうなってから、今年一年なんだか感覚が違った
手作りのものを好むようになったし
家にある資材でできることを考えるようになった
ものを増やさなくていいんだから、確かにいい
なにも、毎度新しく揃えることはない
毎度新しく仰々しく刷り上げることもない
新調の緊張感を、少しだけ手放して得る気楽さが、
自分には必要だったのかも

アイロン台の代わりに段ボール(いや、それは買っても…
紙パレットの代わりに余ったポスターの裏
工作の下紙には余ったフライヤー&DM
カードの芯には書き損じたケント紙などなど、
自分の中でささやかに、新たに消化されるというのは、なんとも爽やかな思い
こういうの、癖になってる人はもっとちゃんと、細やかなのだろう

イラスト詩歌カードリニューアルも、ブローチも、
こういう意識が動いていたからなのかもしれない。
大量に刷り、大量の額縁やらの在庫を抱えてしまう展示会は、どうもわたしのやり方ではないのかなーと思った。
そして、他者への届き方も
ものとの付き合い方、つなぐこと、
そうしたことを、自分自身しなやかに
考えられるようになりたい。


そして、北国が北国らしくあること
台風が、好きな地域をこれ以上襲わないこと
その原因である地球の温度

そこまで、しなやかにつながれるかはわからないのだが、
細やかに、自然に考えられるようにならなければ
もうそういう時期なのだと、気象変動に悩まされた今年を過ごしていて思う。


ポスター裏紙の紙パレットは
我ながら名案だった、うむ


しなやかに、再利用_f0228652_03485018.jpeg

ちなみに、企画展に出した作品もかなり家にあったものの再利用で作りました笑
着物は古布です。




by loopmark1210 | 2019-12-21 03:05 | 日常記 | Comments(0)
詩、自分にとって役立てる
とても熱い時間を体感した。

詩人さんとの語らいが、とてもエキサイティングで、ミーハー的な昂揚もあり、共有して欲しいという欲もあり、
まぁひどくニヤニヤしていたのだった。

言葉を手段として、または武器として生きてる方の叡智、造形の深さ、
その中で悲しいほどに浅い知識しかないわたしはよく口から発することがあるなぁと毎度感心してしまう。

純度の高い言葉を生み出す崇高な志の方たちの横で、
そこから湧くものをどんどんゴテゴテと絵で脚色するのが大好きなわたし、
しかもそれははるかに未熟である
よく口を動かせるなぁ、ほんと

でも、この無知さを楽しみたいと結構前から思っている。
というか、田舎に生まれたわたしは、わりと無知であることに恥がない。
教えてください、ということに臆しないというか、
「生徒」というような立ち位置は、年齢関係なく純に教を受け取るというひたむきさがまたいいではないか。


言葉の世界を深く理解しようなんてことは、わたしの残りの人生ではきっとできないことだろうと思う。


でも、そこから香りたつ匂いが好きだなぁ
そこから見える一瞬の風景、幻想、幻影、
すっかり見ないふりをしていた孤独の温度
そういうものにふとして瞬時に捉えられ
わかってくれたと涙が溢れ
とてつもない印象と記憶になる
この感覚をどうにか刻んでおきたい
この瞬間は自分にとって生涯のとびきりの体験であった
そうして所有しておきたい
言葉は未熟だから、なにかしら違う形で

そういう思いだけのような気もする。

純度高く言葉を愛する人には、言葉以外にはなんの脚色もいらないだろう
それは当然だし、達するところそうであるべきだし、
孤高の星の光のように、言葉にはそうあってほしい。


けれどもやっぱりわたしは、
詩歌のこと実のところなんにもわからないけれども、
わからないだけ
ストンと受け取って思いのまま刻みたい。
自分にとって役立てたい。

それだけのような気もする。

そこに向けられる活力は、自分にとって大事な過ごし方になると思うのだ。


というわけで、イラスト詩歌ね、
紙が入荷しませんのよ…
形にしたい熱に、いままみれてはいるのだけどいかんせん…

造形ブローチの方作っております。
昨日も新町県庁通りのプンニャさんに置いてきました(写真撮り忘れたー!

はたしてわたしなりの詩風はそこにあるのか…
感じ取っていただければ。笑

詩、自分にとって役立てる_f0228652_17225170.jpeg

詩、自分にとって役立てる_f0228652_08202589.jpeg

年明けにちょっとしたことが始まります。
自分のためにやり始めたことが、ありがたいご提案を受け。
局地的ですが、お楽しみに笑

by loopmark1210 | 2019-12-16 07:49 | 日常記 | Comments(0)
楽しかったPALKNN
古民家カフェapricotさんで開催したPALKNNぱるくん、楽しかったなぁ。
いま、一緒に出たのみものやわんどちゃんのコーヒーを丁寧に煎れて、しみじみ楽しかったなぁと思い出しています。

天気はとても悪くて、雪で
わたしはキャリーケースに電車で旅人のように二日間馳せ参じたのですが、それがまたよかった。
駅、浅虫、温泉地、古民家、白んだ海、寒さ、湯気…

楽しかったPALKNN_f0228652_17221560.jpeg
ポップアップクリスマスカードを販売しましたよ。

楽しかったPALKNN_f0228652_17225170.jpeg
陶土ブローチ、好評でした!
嬉しいことにいくつかお嫁に行きました。
身につけられる小さな作品として、今後も作っていこうと思います。

楽しかったPALKNN_f0228652_17235314.jpeg
楽しかったPALKNN_f0228652_17245450.jpeg
クリスマスエッグのワークショップ、
可愛いキラキラエッグに皆さん仕上げておいででしたよ〜

楽しかったPALKNN_f0228652_17263177.jpeg
陶土ブローチは新町のエスニック雑貨、プンニャさんで販売させてもらうことになりました。
ぜひお店にお越しの際はご覧になってみてください。


PALKNN、第二回がすでに計画中みたいです。
気分はもう懐かしい実家で、みんなで足を伸ばしてリラックスしながら、
ほのぼのぬくぬくと、美味しいもの、目にも楽しいものに囲まれて、良い空間でした。
店主のしおりちゃんのお人柄が空間に表れていたのでしょう^ ^

こういうものを大事にしていきたいなー
時を経た暖かなもの
それは絵だったり、作ることだったり、詩だったり、先人に関することだったり
するのだろう

そんなことを、ぬくぬくほのぼのの中に
しっかりぎゅっと抱きしめて帰ってきたような
そんな時間でした。

ありがとう!








by loopmark1210 | 2019-12-12 17:16 | 日常記 | Comments(0)
作業の愛着
イラスト詩歌カードがかなり作っていて面白いことになっている。

いえ、売れるかは正直わからない笑
でも、これは確実に自分の好きなことだなぁと思ったりする。

古いものに想いを馳せる、というのか
古いものは新しい
ということなのか

デジタルよりもアナログ
近道よりも遠回り
時を経たものを使って
なるべくケミカルなものは控えて
ボタンぽちり大量印刷ではなく
一版一版
シルクスクリーンに活版印刷

刷りまっせ!裁断しまっせ!貼りまっせ!
手間に愛着
(でもデジタルのおかげで、アナログプリントもかなり技術的に近しい存在になったんだよね。
デジタル経由アナログ行きというのは、とても面白い現象)


目指すは古書!
あんな感じの存在感


これは、いま参加させていただいてる「イラストレーターが挑む寺山修司の言葉展」とも勝手にリンクしていて、
寺山修司版は、記念館の物販で取り扱っていただく予定です。

肝心なブツはいつ出来るんでしょ
でも、仕入れは確実に揃ってきておりまっせ

作業の愛着_f0228652_00062802.jpeg
完全にコレクション用のものも仕入れている…それも楽しみのひとつ


近頃寒くって、
なんだか風邪っぽい→しっかり回復→風邪っぽい→回復、を繰り返している。
そろそろ本腰入れてストーブでしょうか。





by loopmark1210 | 2019-10-30 23:54 | 日常記 | Comments(0)
あめけむる
雨煙る
あめけむる

という言葉がぴったりの天候でした。

十和田湖休屋、乙女の像

あめけむる_f0228652_01313735.jpeg

こんな天候なのに、アジアからの観光客の方がとても多くて、
みなさん、若い方もおじさまも笑、乙女の像ポーズでキュートに撮影会してました。


乙女の像、近くで見たいな〜と近づいたら
そのご一行に、とても、いやかなり気さくに「撮ってあげるよ〜!」と
ポーズ指示も出していただき笑、何枚も撮っていただいた。
照れるゼ

観光のノリって明るい笑


高村光太郎さんに想いを馳せたくて来たけれど、
ま、こんな明るいなら明るいで
彫刻を楽しめたということで良き、ですな


乙女の像、昔からなんとなく眺めてたけれど、
光太郎さんがものすごい意志で制作された経緯を知って、
それで運良くすぐそれを見に来れて、
(記憶していたよりも中肉中背の女性なの、智恵子さんがモデルなのでしょうか)
なんだかこのところ慌ただしかったり、
そのわりに囚われなくていいことにモヤモヤしていた
そういうことも一緒に
フッと
スッキリしました。


なんでしょう
間違いなく今日の天気は
悪天候であったのに
心の霧は晴れ渡り
善となりにけり
です


溶岩が冷えたのでしょう
あめけむる_f0228652_01445715.jpeg


コーヒーがひたすら沁みて美味かった
ああ
たぶん人生で美味しいコーヒーシチュエーションのひとつ
だった


二杯も飲んじゃった☕️☕️










by loopmark1210 | 2019-10-27 01:30 | 日常記 | Comments(0)
楽しかったシンポジウム
なんだか小学生の絵日記のようなタイトルだわ笑

三市ペンクラブ、齋藤せつ子を語ろうの会、とてもとても面白かったです!

楽しかったシンポジウム_f0228652_02110508.jpeg
(これは懇親会」

残念ながら台風の影響で来られなくなってしまった方もいらっしゃいましたが、
それでも多くの方がお足元の悪い中お集まりくださり、
いろんなお話を拝聴し、わたしも少し話させていただきました。

会が進む中で合点したことがあって、それをトークの中でご紹介したりと、
謎解き、深掘りのような面もあって、面白く楽しく過ごさせていただきました。

こんなに興味持って聞いてくれる方がいらっしゃったよー、ありがたいね、ままちゃん(おばあちゃんをそう呼んでいた

新聞社さんもいらしていて、早速記事が昨日載っておりました。お兄ちゃん紙面デビュー笑。


懇親会も楽しかった!
言葉で表現される方々とお話する機会が日常ではほぼないので、刺激的でした。
意識的にならないと得られない体験というのがありますね。本当にお招きいただけて感謝です。


さてさて、わたしの活動というと
今週末からは企画展がスタートです。
地元開催をいいことに制作はギリギリですよ笑

今回はいつもと違って額縁という形はとっていません!
かなり切ったり貼ったり工作してます!

青森勢では、パステル画家の北林小波さんが参加されます。(でも、美術家の野村直子さんも七戸優画伯も青森出身なんですよ)

スタートしたら、物販で扱っていただく予定のものの制作に入ります。
あー早くそっちも作りたい^ ^



そして、ひどい、ひどすぎる台風がありました。
関東と宮城、好んで足を運ぶ本当に好きなエリアです。
悔しい思いになります。
天災で多くの人が傷つくのをこの10年くらい、十分すぎるほど、たくさん見てきています。
露わになる問題、悔しいことが多いです。

ああ、今回も悔しい

不安な時間が少しでも和らぐことを
お祈りしております。





by loopmark1210 | 2019-10-12 23:52 | 日常記 | Comments(0)