人気ブログランキング |



お久しぶりな美術鑑賞
もろもろ準備中。
お久しぶりな美術鑑賞_f0228652_00101665.jpg
刷りは楽しい。

昨年よりずっと行動が規制されてて、
イベント出展も今年の方がずっと難しそうだなぁなんて思うのだけど、
それはそれで別のことが見えてきたりもするので、
やはり独特な、貴重な時間を過ごしているなぁとしみじみ。

お久しぶりな美術鑑賞_f0228652_00162623.jpg
お久しぶりな美術鑑賞_f0228652_00162825.jpg
10年ぶりに見る阿部合成 in青森県立美術館。
サーカスシリーズ、好きだ〜!
中原中也の「ゆあーんゆよーん」がいつも浮かぶ。なのでちょっと怖さもある。
阿部合成の色調はピンクが入ると一気に可愛らしくなるので不思議。

お久しぶりな美術鑑賞_f0228652_00172982.jpg
「見送る人々」、生で見てこんな圧倒されるとは思わなかった。
真ん中右上の亡霊みたいな人も、さらにその右上の布間もひたすら不穏。「祝」の文字は意図的に読み取れるギリギリにしてるのかしら。

なんだかこの時期の人間模様と重なって、
とっても重なって、
実はこの絵の良さがイマイチわからなかったんだけど、
いま見られて、本当に感じるものがありました。

お久しぶりな美術鑑賞_f0228652_00231968.jpg
鎮魂を描いても、死者の絵を描いてても、阿部合成の描く人物は「手」がとても立派に大きいので、不思議な生命力がみなぎっているように思う。大地に接して働く人の手だなぁとも。

なんと撮影自由でした。
音の鳴らないアプリでひっそり撮る。
撮影が良いか悪いかはわからないんだけど、心に残った作品をしっかり刷り込むという意味では有意義かな。
(でも図録は売れるのかなとそっちの心配してしまう…笑)


そして、青森県美はやはり広すぎる…バテた。。






by loopmark1210 | 2021-02-03 00:09 | 日常記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://loopmark.exblog.jp/tb/32130319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 描いたり読んだり 1月も真ん中過ぎそうという。 >>