人気ブログランキング |



活動開始記念、今年もまた
最近、とにかく読書をしている。これまでの反動か、現在生きてる方が書いた文もよく読むようになった。
小説、詩、エッセイ、短歌、俳句…形態はさまざま。

イベントが終わって、外向きの自分からどうにもうまく切り替えられずにいて、
それゆえかこの時期の読書もなんだか不思議な感覚がある。

これまでは読書というのは、内なる自分に響くもので、完全に内向きであったはずなのに、ここ数日はどうも外向き、誰かに会いに行く感覚で読んでしまっている。
しかも、作品は現在のものでも近代のものでも関係ないらしい。
「外向き」の自分と、「内向き」の自分とで読書感覚が違うというのは、かなり大きな発見だ。
前者は妙に実践性を帯びていて、ちょっと戸惑う。役立てたい、となにかしら思っているらしい。
後者は一歩も動かず佇んで、足の裏から伸びた根っこと通底する感覚に浸って、安堵している感じ。


えーあれ、ちょっと待って、これがまさか
「書を捨てよ 町へ出よう」の感覚なんだろか!?

この文における書とは「一度読んだ本」という意味だと誰かが言っていた。誰だっけ?
寺山修司はとにかく「実践」を促す作家だなぁと思っている。やってみたらいいじゃん、と半分放置して言ってくれる感じ。

そうか、そろそろ読んできた本を役立てろってことかしら

大きなイベントに単独で初めて参加して、その興奮からまだ醒めないだけかもしれない。
しかし、そういう暗示をかけるのは悪いことではないのかもしれない。

 

今日は、活動開始記念日でもあった。
外向きすぎてすっかり忘れていたのを、友人が教えてくれた(よく覚えててくれたな!)。
2008年からスタートしたので…ええと〜
とりあえず、ケーキを買って一応お祝いをしました。こまめにちゃんと祝った方がいい!と言われまして。こういうのを言ってもらえるのもありがたいね。わたしは自分の誕生日も結構億劫になるタイプ(洗い物増えるとか考えてしまう)。



小さなホールケーキかロールケーキを買おうかと思ったけれど、ケーキ屋さんにはカットケーキしか置いてなかった。
そうか、そういうのは、みんなで集まったときに食べるものなぁ…と

改めて、集まらないことを強制されているのだと気づく。
我々の、ホールケーキの豊かさにどっぷり浸る自由と権利が、近いうちに戻りますようにとお祈りして、ショートケーキのいちごをパクリした🍰🍓

活動開始記念、今年もまた_f0228652_00444006.jpg
いちごは酸っぱいのより甘い派🍓


















by loopmark1210 | 2020-11-14 00:06 | 日常記
<< 古着のトレーナーを買った。 あおもり古書市、無事終了いたし... >>