人気ブログランキング |



竪穴式住居 vs 攻殻機動隊
「わたしは環境が許しさえすれば、竪穴式住居に住みたいんだよ」
と、数年前、引っ越してきたばかりのYちゃんが言ったのを思い出した、急に。
その頃わたしは、まだ筋トレを始めていなかったので、どうにも気力がなさすぎる生まれ持った体に不自由さを募らせていて、
「SF映画や攻殻機動隊みたいに、テクノロジーで体を更新する時代に早くなんないかな」
と思っていた。

原始に戻りたいYちゃんと、さっさと未来に行きたいわたしとの対立構造で、かなり熱っぽく持論を言い合った。あれは確か夜中のガストだったかココスだったか。雨が降っていた。
鮮やかな多色のネオンが水たまりに映って、「サイバーっぽいな」と思ったのを覚えている。

Yちゃんは、かつて実際にその世界に行きたくて、一度自然派の人たちが集まる有名な集落で生活をしてみたそうだ。
そして、惜しくもそこはやりたい仕事が成立する環境ではなかったために、泣く泣く仕事を選んで出てきたというわけだ。

やりたいことと環境が一致しないなんて、確かに竪穴式住居からかっちりスーツの会社員は難しいのかもしれないけど…と当時驚いてみたけれど、驚いたのは絵的なインパクトに対してだけであって、
わたしだって結局、大方そうだったのだ。
一致しないことだらけだったじゃないか。
それで悩んでばっかだったじゃないか。

そうなると、成立しないならしないなりに、すり寄る中間点を見つけるしかない。

Yちゃんは当時あれだけ持論を白熱展開させたほどだから、その後苦労したのかもしれない。しかし、いまは良い塩梅の中間地点を見つけられたようである。
もちろんそれは、青森という自然多い土地柄が可能にしたのではないかと思う。
(竪穴式住居には住んでいません)

ところで、このところ、Yちゃんは異様に元気があった。
それはコロナ禍による自然回帰の流れのためかなと推察する。わたしはYちゃんに今年、青森の自然のことを教わった。攻殻機動隊時代早く来いと言っていたわたしが、である。

そして、わたし自身も変化があるような気がする。
それは前記事でも書いたもどかしさの改善について。遠地でのネット配信。来て、ではなくて、届けるという意識など。
不自由なる体をここに置いたまま、ネット(電脳)で仮想空間につながるなんて、そこで体験を共有できるなんて、なんとも攻殻機動隊っぽい、いやどちらかというとマトリックス。首にプラグは挿してないけどさ。

つまり、数年前のわたしたちの会話、理想が、いま思わぬ形で実現に近づいている。
こういう事象って名前、なんか付けておきたいね。

自然とともに仕事を成立させたい。
遠地との距離感をなくしてほしい。
思えばこれまでも、完全に不可能ではなかったのだ。できる人は実行していた。
そうしたいという人数が今年の春あたりにドッと増えた。
個々の思いが社会変化となるまでは、コロナ禍レベルのインパクトが必要になる。このインパクトのさらなる変化は、のちに「◯◯革命」と名付けられるのだろうか。


ガストだったかココスだったか、で、Yちゃんが特に熱弁したひとことを覚えている。

「実感てのを大事にしたいのよ。実感する、というのは唯一人間であるってことなんじゃないの? それだけは捨ててはいけないんじゃないの?」

あのときと、いまと、実感の定義すら少し変わってきたように思う。
例えば、バーチャル竪穴式住居で生活して実際にそれを「実感」したと明言できるということだって、起きてくるのかもしれない。
それが、わたしとYちゃんの中間地点なのだろうか。

だが今は、森に行って風にふれ、草の葉に触れることをまだ「実感」と呼んでおきたい。
当時Yちゃんが感じ、伝えたかった畏怖を、ちょっとだけわたしも今感じるのだった。



竪穴式住居 vs 攻殻機動隊_f0228652_16240834.jpg

のようにたくましく(inむつ市)。
お互いにすっごい体、掻きむしり合っていた。



展示会は明日までとなっております。
東京Bunkamura Box Gallery
「イラストレーターが挑む寺山修司の言葉」展

挑んでいる。












by loopmark1210 | 2020-10-21 14:05 | 日常記
<< 天性の窓口 もどかしき、のこれから >>