人気ブログランキング |



作業の愛着
イラスト詩歌カードがかなり作っていて面白いことになっている。

いえ、売れるかは正直わからない笑
でも、これは確実に自分の好きなことだなぁと思ったりする。

古いものに想いを馳せる、というのか
古いものは新しい
ということなのか

デジタルよりもアナログ
近道よりも遠回り
時を経たものを使って
なるべくケミカルなものは控えて
ボタンぽちり大量印刷ではなく
一版一版
シルクスクリーンに活版印刷

刷りまっせ!裁断しまっせ!貼りまっせ!
手間に愛着
(でもデジタルのおかげで、アナログプリントもかなり技術的に近しい存在になったんだよね。
デジタル経由アナログ行きというのは、とても面白い現象)


目指すは古書!
あんな感じの存在感


これは、いま参加させていただいてる「イラストレーターが挑む寺山修司の言葉展」とも勝手にリンクしていて、
寺山修司版は、記念館の物販で取り扱っていただく予定です。

肝心なブツはいつ出来るんでしょ
でも、仕入れは確実に揃ってきておりまっせ

f0228652_00062802.jpeg
完全にコレクション用のものも仕入れている…それも楽しみのひとつ


近頃寒くって、
なんだか風邪っぽい→しっかり回復→風邪っぽい→回復、を繰り返している。
そろそろ本腰入れてストーブでしょうか。





by loopmark1210 | 2019-10-30 23:54 | 日常記 | Comments(0)
<< 慌ただしく、そしてジョーカー 『晶子新集』より秋の歌 >>