人気ブログランキング |



自制の解除
友の誘いを受けて、初アウトドアを兼ねて大きなロックフェスの手伝いに行ったり、
その友のお店の店番で、初めて店員になってみたり、
東京のグループ展に作品を仕上げて送ったり、
八戸へブックフェスを見に行ったり、
弘前へ祖母の半世紀以上前の同人作品を漁って調べたり、
作品を描いたり仕事の絵を描いたり、
なにかと動き回っているこの頃です。

ああ、こんなにも自分は動き回れるのだ、ということに、このところ素直に感動する。
昔から体が弱かったので、母親も虚弱だったし、
父に「お前は弱いから無理はしてはいけない」と言われて育った。

それは気遣いや優しさであっただろうが、
同時に柔らかな呪縛でもあったのだ。

友はわたしをなにかと試す。
このところは特に、いろんなことに誘ってくれる。
そして、それをこなせてしまう度に
平常なテンションで
特に褒めるとか機嫌よくさせるという狙いなしに
「わたしは、さっちゃん、なんでもできると思ってるよ」と言ってくれたりする。
いい子だなあああああ
と思う。

自制するということは
コンプレックスが起因してるのだろう

なんのために自制しているの?と友はいう
わたしには自制してる、という自覚すらなかったわけだが、
なるほどこなせてしまったことを振り返ってみると
自制していたから経験しようとしてなかった
というのは確実に言えることらしい。



歯列矯正を夏の始まりくらいからスタートした。

まぁ大変である
食べることも食べた後の掃除も、最悪に回らなくなった滑舌も
常に口内半開き状態
ケアはとても時間がかかる(痛さはそんなでもない

でも、後悔は一切ない
わたしは歯並びが悪いことで体験する嫌なことを
ひととおりしっかり経験したように思う。
失礼な人とか態度とか
そういうのもひととおり、これをもって経験したように思う。

顎の調子が悪くなってきたのと、
10年前に相談したときよりも治療費が安くなっていること、一番大きいのは信頼できる歯医者さん(しかも女医さん!)に地元で出会えたということが踏み出すきっかけだった。

歯列矯正をスタートするときに、
ちゃんと振り返った
わたしはこれで経験する嫌なこと、ちゃんと味わっただろう
嫌なこと以外に良いことも多少なりともあった
それもちゃんと経験しただろう
ならば、
消せるコンプレックスならば
さよならをしよう

それは自制する癖から脱するひとつのスタートになるかもしれない、
とまで、明確に思ったわけではない
でもたぶんそんな思いは、無意識下にあったのかもしれない。

歯列矯正を始めてから、すごく出向いている。
友の手伝いを通じて、いろんな地域の人とも話した。
できるもんだ。
あんな大きなロックフェスの、ひとつのワークショップをやりとげたのだ!
(いや、大変だった、でも本当にやり甲斐だらけだった。お会いできた皆様、ほんとにありがとうございました」


自制するのはもうやめるのだ。
下手くそな絵もさらに公開していく
慣れない漫画もさらに公開していく
知識は薄いけれど、好きだと思うことを
バカにされても
好きだと言っていく
好きな形にしていく


しばらくはギンギラの矯正器具をむき出しに
いろんなことをしてみようと思います。


いや、しかし、
これを小学、中学でやる子は
ほんとに偉い。がんばろな自分
あー ピザ食べたい、ハンバーガーかじりたい

自制の解除_f0228652_10351577.jpeg

自制の解除_f0228652_10354993.jpeg

自制の解除_f0228652_10362086.jpeg

自制の解除_f0228652_10363909.jpeg

自制の解除_f0228652_10370055.jpeg

詩漫画第二弾、ブログでも近日公開いたします。
第二弾の詩は、尾形亀之助「落日」です。
ちょうど満月の写真の下↑ 落日満月🌝てことで

自制の解除_f0228652_11204901.jpeg

表紙!









by loopmark1210 | 2019-09-22 23:33 | 旅の記録
<< 詩漫画更新を前に 19日、プンニャさん一日店員や... >>