イラスト詩歌「ある昼の話」

「ある昼の話」 尾形亀之助

f0228652_16522939.jpeg

疲れた心は何を聞くのもいやだ と云ふのです

勿論 どうすればよいのかもわからないのです


で兎に角――

私は三箱も煙草を吸ひました



かすかに水の流れる音のするあたりは

ライン河のほとりなのか――


×


どうしてこんなだらう と友人に手紙を書いて

私は外出した





今年の〆は亀さんで🐢 


亀さん最期の場所が、親友の家の目の前でとんでもなく驚きました(仙台)。


二人で月を眺めたなぁ🌕




さて、今年のまとめを。




今年は改めて言葉から触発されるものに夢中になれた一年だった気がします。




どこかで見つけてくださり、


ブログを通して絵を見ていただいた皆様、


ありがとうございました。



よいお年をお迎えください^^🐗








by loopmark1210 | 2018-12-31 16:50 | イラストレーション
<< また今年も描き書き綴ります。 育ちの家を歌で詠む試み >>