ブレない人
冬季五輪、やっぱり面白い
そして、美しい
美しいのはフォームとか煌びやかとかそういうのもあるけど、それとは別で
生き方を感じるとき

小平さんの金メダルはもちろんとても嬉しくて
特に、ああ、すごいなと思ったのは
生き方のことをおっしゃったとき

選んだ生き方の過程に
金メダルを獲れた
ということなのかな、と思った
競技は人生をより良く生きるための手段である
トップを取ることだけが目的ではない
というような

最近すごく思う
自分がこれまでブレていたのは
自分が得意としていることを
手段として考えていなかったからだと

わたしはこの手段でなにをしたいんだろう
なにができるんだろう
そう思うと
有限の人生時間が見えてきて

あ、と焦った

アリスのうさぎが時計を持って走ってるのを
見つけたような

小平選手は日本女性ではなかなか見ないような
かっこよさと、美しさがある
真っ直ぐ

思えば、五輪で感動するのは
選手の生き方に憧れるからかもしれない
伊調さんもそうだった
パレードにも行っちゃったもんな

かっこいい女性が、増えたらいいなとも思う

かっこいいってのは
ブレてないってことだ

スピードスケートでは小さなブレでも、コーナー回り広がってしまって
大きなタイムロスになる
ブレはやはり
少ない方がいい

それは生き方と同じ
あー勉強になる、五輪


f0228652_01303050.jpg
ちょっと前のファイル眺めてたら
技術的なブレがすごくて、びっくりしてばかり


[PR]
by loopmark1210 | 2018-02-23 01:07 | 日常記 | Comments(0)
<< 借りた場所と時間のこと 自分に集中する時間 >>