再び、思考と感覚
くるくると、感覚が巡る感じ

思考と感覚ってのを
ずっと考察していきたいと思ってるんだけれど、
このところ二カ月のブログ更新をお休みしたら
反動のようにいろんなことが
感じられるようになってきた
結構実践的な実験だったんだな!
地味だけども、なんて

言葉を使うとき
言葉を書くとき
というのは
とても思考的なことなのだなぁと

思考が強いときに描くものと
感覚が強いときに描くものでも
全然違うことが
手に取るようにわかってきた

カラーパレットのグラデーシションのように
適した場面に対して
どこの度合いを選んでいくのか
なにを選ぶか

選択が見えないうちはしんどい
ぼんやりしてる鬱蒼とした森のなかで
どこに道があるのか見つけるのは
なかなかしんどいものですよね

でも手当たり次第触りまくって
どうやらここにはこの道があるらしい

お、どうやら選択肢があるらしい
というのは
面白い

いま、めちゃくちゃ感覚的な時期に
浸っております。
f0228652_21120769.jpeg

[PR]
by loopmark1210 | 2018-02-14 21:03 | イラストレーション | Comments(0)
<< 自動筆記的思考感覚術 ちょびっとブログはゆったりモードで >>