また会える、の確信だけが
f0228652_00350642.jpg


お世話になった方が亡くなられたという報せ。


いやいやいや、元気だったし
はつらつとしてかっこ良かったし、そんなそんな


でも、新聞にはちゃんと書いてあった。


そうか…



その方に、低迷してた頃にたくさんのご助言をいただいた。


自分の若い頃を思い出してか、「さち子さんはこれからじゃないー」なんて。


ひとつの疑問を投げ掛けたことがある。


それに対して、その方はすこしハッとした表情を見せてから


「それは一生かかるかもしれないね
一生かけてもわからないかもしれない」


「でも僕もそれをずっと探しているよ」





まだ全然実感がない。


いや、わたし、元からなんというか誰かが亡くなっても、

なんだかまた会えるだろうな、なんて思っている。

母のときも祖父のときも
他に過ぎていった大好きな人たちも



明日にも会おうと思えば会える気がしていて

ただその連絡する手段がいまはないだけなんだ

って思っている。



昨日、たまたま調べていた。

「射手座は時間軸を越えようとする旅人」なんだって。


本や作品、その方の残したもので
わたしはきっと会えるんだろう、これからも


そして、いつかほんとに会えるんだと思う


寂しい悲しいの感情がこれから表れてくるとしても


また会える、て感覚を
持ち続ける


Loopmark



by loopmark1210 | 2017-03-18 23:44 | 日常記
<< 活動への見つめ直し ピンクと紫のレオ様 >>