人気ブログランキング |



「レフレクシオン」(「鏡の中の少女性」参加作品) < イラストレーション72 >
アトリエ空白(大阪)さんで開催中の「鏡の中の少女性」も今日を含めて残り4日となりました。
twitterでの発信を楽しく拝見していますが、やはり「鏡」と「少女」は切っては切れない関係性なのだろうなと常々思います。

わたしは「レフレクシオン」という作品で参加しています。

「レフレクシオン」
「レフレクシオン」(「鏡の中の少女性」参加作品) < イラストレーション72 >_f0228652_1730257.jpg
「レフレクシオン」(「鏡の中の少女性」参加作品) < イラストレーション72 >_f0228652_17304177.jpg

以下、キャプションに記載した内容を転載します。


「少女にとって「鏡革命」というものは普遍的に存在し続けるのだと思う。

少女は鏡と向かいながら、沈思し、思慮を巡らし、受容と変容とを迎えていく。

それは鏡において「隷属化」しているとも言える。

また、鏡を知る以前の自己はどこへ行ってしまったのか。

鏡の反影だけが現在も続いている。


※レフレクシオンの意味には「反射」のほかに「考察」、「沈思」、「反影」などの意味があります」



このタイトル、ランボオの「イリュミナシオン」のような音がほしくて、リフクレクションではなく、あえてフランス語にした、というところもあります。

額は久慈麻美さんの加工。
「レフレクシオン」(「鏡の中の少女性」参加作品) < イラストレーション72 >_f0228652_17305580.jpg
傷が付いていたり、錆っぽかったり、彼女の加工好きです。

展示写真をいただきました。ありがとうございます。
キャプションがなんと鏡に彫られています。
「レフレクシオン」(「鏡の中の少女性」参加作品) < イラストレーション72 >_f0228652_1731585.jpg


「鏡」を意識したのは、人よりかなり遅いような気がする。

子どもの頃のわたしは「感情、心メイン」で生きていて、見られ方など気にすることもなく、写真もあまり撮られなかったので、ほとんど知らなかった。(だからか、子ども時代の写真はたいていアホな表情をしている・・・)

ゆえに、思春期に鏡で「感情、心が入っている自分という器」を眺めた時の衝撃はすごかった。

この器と自分の心をすり寄せるために、以来いろんな努力をせねばならず、今だって一致しているといったら違う。

あの瞬間に鏡はわたしの中からなにかを剥ぎ取って行ったし、
それは水の反射を鏡としたナルキッソスの神話に始まり、自撮りブームの今に深く深く続いている通過儀礼みたいなものなのかもしれない。



残りの会期もよろしくお願い致します。
by loopmark1210 | 2016-04-21 17:31 | イラストレーション
<< 「少女の騎士道」(渋谷区初台 ... 企画展「鏡の中の少女性」(アト... >>