人気ブログランキング |



10月芸術の秋まとめ②
10月まとめの続きです。

○10月中旬、「篠山紀信展 写真力」in青森県立美術館コミュニティギャラリー
10月芸術の秋まとめ②_f0228652_22291312.jpg
昨年、東京で開催された紀信さん展の巡回。
Amieの相方で石っこ倶楽部会員のソライロボックスさんと一緒に見に行きました。

紀信さんが撮られる少女と女性ヌード、本当に好きです。その時にしか撮れないものを見事に切り取っていて、ラインが美しくて、眺めていてワクワクします。

壁一面に貼られた歌舞伎役者さんの写真は圧巻でした。
質の高さと器用さはどう共存させているんだろう。あといたずらっぽさというか、企みの心。

復刻写真集、どうにかして買おうと決めました。



○りんご手伝いin津軽
夫の実家はりんご農家なのです。念願のヤッケ姿。
10月芸術の秋まとめ②_f0228652_22385913.jpg
10月芸術の秋まとめ②_f0228652_22391164.jpg
こなれてる感が出てますが、高所恐怖症なので梯子は上まで上れません。収穫役立たずです。



○10月26日、「大駱駝艦公演 灰の人」in秋田市民文化会館
10月芸術の秋まとめ②_f0228652_22441715.jpg
妹と日帰り姉妹旅。
駅弁を買って、特急つがるに乗って二時間。紅葉の山々が最高でした。

秋田駅、ロフトがあるー西武百貨店があるー!都会ー!
シャトルバスを乗り継いで会場まで到着。
10月芸術の秋まとめ②_f0228652_22461044.jpg
ホールの中、既に開場待ちの行列! ノボリにワクワク。
そして開演。

凄かったです。
なんという空間だったんだろう、夢中で見入ってたらあっという間に終わってしまった!
「おじょう~」とはまた違う世界でした。
大駱駝艦の凄みを見ました。

麿赤兒さん、存在感がとんでもなかった。
体の動き、お足元はお衣装で見られなかったけれど、なんと形容していいのかあの動き、表情。
ただただ圧倒され、圧倒され尽くし。

「もう魔王だ、魔王だよ」と姉妹で訳わからんことを呟いていました。

終演後、しばし呆然としていたら、ホールで大駱駝艦の皆様がお見送りしているではないか!
10月芸術の秋まとめ②_f0228652_22483588.jpg
感動の後に演者さんが近くにいらっしゃるととんでもなくパニクるもので、変な汗をかきながら大駱駝艦の方々とお写真なぞ撮らせていただきました。

「おじょう~」の感動を伝えられて良かったなぁ。
あまりにキャーキャーしすぎて地下の土方巽の展示を見忘れるという大失態に駅まで来て姉妹して気付く・・・。
10月芸術の秋まとめ②_f0228652_2250173.jpg
滞在時間5時間くらいでしたが、竿灯祭りも運良く見られました。



○11月1日、「繋ぐ術 田中忠三郎が伝える精神」in十和田現代美術館
10月芸術の秋まとめ②_f0228652_22544593.jpg
10月芸術の秋まとめ②_f0228652_22561584.jpg
11月に入ってしまいましたが、民俗学者の故・田中忠三郎さんのBOROの展示に行って来ました。

展示されていたBOROはあれで全部ではなく、コレクションの一部だと思われるのですが(全部でどれくらいあるんだろう)、どれもとても美しかったです。

特に細かなこぎん刺しが施された着衣には深い愛情を感じ、この手作業が過酷な冬生活の唯一ホッとするひとときだったのではと想像しました。
藍色の中に、恐らく当時貴重だったと思われる紅い生地が差し色で使われていたり、なかなかお洒落なものもありました。

一番見たかった出産時に使ったとされるBOROは来てなかったのですが、チラシにも使われているドンジャ(夜着)が来てました。
溢れる重厚さが凄かったです。

現代アーティストの紐解き方、解釈の仕方も面白かったです。会期中また行こうと思います。

---------------------------------------------

という盛りだくさんの秋でした。
これから来る冬に向けて存分にいろいろ蓄えられた気がします!
今日はついに下界でも雪が観測されたそうです。

今月は下旬にまたイベントに出る予定です。
それに向けて、とその他もろもろ準備していこうと思っています。

イベントの時期はもう雪が降っているかもしれません。どうぞ暖かくしてお過ごしください。
イベントについてはまた詳細を書かせていただきます。
by loopmark1210 | 2014-11-03 23:38 | 旅の記録
<< ハンズ掲載&クリスマスカード紹介 10月芸術の秋まとめ① >>