人気ブログランキング |



気仙沼への旅
8月下旬に、やっと気仙沼市へ行くことができました。
気仙沼への旅_f0228652_15315172.jpg
気仙沼市には16年来のお友達が住んでいました。 被災してからは、気仙沼に仮設を借りながら親族の住む仙台に生活の拠点を置いています。

10代の時にPHSの某バンドファンサイトで知り合い、幾度となく文通もし、直接会いもして、今に続いている大切なご縁です。
気仙沼への旅_f0228652_15321961.jpg

彼女はとても気仙沼を愛していて、
わたしが10代の頃から「いかに気仙沼が素晴らしいところか、素敵な人が暮らしているか」を地方新聞のコピーなどを同封し、時にとても美味しいお魚を送ってくれ、わたしに教えてくれました。

お魚、フカヒレ、フェンシング、海の風景、山の風景、大島、ウミネコ・・・・


10代のわたしは「いつか行ってみたいな」と思いながら、当時は遠出することがまるでなかったため、いつか大人になってから行ってみよう!と思っていました。


20代になり、社会に出てからは毎日が慌しく、環境変化もあり、その機会が持てずにいました。


そして、震災。
気仙沼への旅_f0228652_166597.jpg
気仙沼への旅_f0228652_1671453.jpg
(ビルの上から撮影。この写真の奥が震災後火災が広がったエリア、巨大な船が打ち寄せられた場所でもあります)


震災の日、雪の降る夜にわたしは誰もいない駐車場で一人、車に食料と毛布を持ち込んで震えながら彼女に無事かとメールしました。
なぜか、あの日、わたしの住む周辺にひと気がいなかったのです。いまでも不思議に思い出されます。

そして彼女のメールを受け取りました。
彼女は混乱の中やっと打ったのか、無事を知らせる短文はすべてひらがなでした。


しかし、すぐに不通状態になり、それからしばらくして、行方不明者の一覧に彼女の名前を見つけることになります。



結局、10日後ほどに彼女の無事を確認するのですが、その10日間は考えると気がおかしくなりそうで、なんとか時間をやり過ごすことに集中した日々でした。
気仙沼への旅_f0228652_16101625.jpg


気仙沼には可愛いゆるキャラがいます。
気仙沼への旅_f0228652_16131156.jpg
気仙沼への旅_f0228652_16134092.jpg
その名もホヤぼーや!こんなに可愛いのに存在を知らなかった!と言うと「知名度全国区だと思っていた!」と友達。地域に愛されています。

珍味もあります。
気仙沼への旅_f0228652_16142238.jpg
その名もモーカザメ!(サメの心臓) 馬のレバーみたいでコリコリ、美味です。

気仙沼への旅_f0228652_16242856.jpg
カリフォルニア系コーヒーのアンカーコーヒーさん。気仙沼はわたしが住んでいるところよりたくさんお店がありました。

こちらは気仙沼セット。
気仙沼への旅_f0228652_16152542.jpg
さんまダシのラーメンはつみれ入り。あんかけチャーハンのあんかけはフカヒレ入り。

素敵なカフェも。大島に向かう船着場の近く。
気仙沼への旅_f0228652_16165617.jpg
渡辺謙さんが経営する「K-port」。Kは気仙沼のK、心のK、絆のK、謙のK。心のポート。
毎日届けられる手紙のようなファックス集もありました。
気仙沼への旅_f0228652_16192037.jpg
パンケーキ。謙さんがいらっしゃる日は謙さんが焼くこともあるそうです。


美味しいものだらけです。

他にも銘菓ゴット(大好きな銘菓です。誕生日に送ってくれます笑)や、純正オイスターソースなども買い、気仙沼のさんまセットも注文しました。
さんまはこれからの季節、旬です。

気仙沼への旅_f0228652_16302037.jpg
最終日には、お友達とリアス・アーク美術館へ。震災に関する展示を見てきました。
悲観的な視点だけではなく、「次に震災があったときにどう対処するか」といった防災案の提示がしっかり書かれていました。



震災の爪あとを感じながら、気仙沼の魅力も存分に感じられました。
実際に来ることはテレビで眺めるより全然違うのだと改めて思います。

震災以降の複雑な気持ち、描けなかった二年間、それは机上の日記帳に長く長く書きました。
わたし自身、震災のことを見つめ直す機会にもなり、来る来ないでは気持ちはまったく違っていたように思います。

なにより複雑な気持ちと向き合いながら、案内してくれたお友達。
この旅を彼女と巡ることができたことは、人生で何度も振り返るだろう大切な思い出になったと思っています。



気仙沼、また行きたいです。

旅の中で出会った皆様も、どうもありがとうございました。

by loopmark1210 | 2014-09-05 15:10 | 旅の記録
<< 【お知らせ】 新ブランド「Am... 夏の工芸学校終了&近況など >>