人気ブログランキング |



宇野亜喜良さんが寺山修司記念館にやって来た
先月末に、三沢市寺山修司記念館夏フェスティバルに行ったことを書こうと思って、そのままでした。

今年の夏フェスはずっと楽しみにしていました。
宇野亜喜良さんが来館されるから!そしてライブペインティングを披露してくださるから!

宇野さんは日本で一番好きなイラストレーターさん。
画風はもちろんスタンス、立ち位置とかすべて憧れます。
まさか三沢市でお会いできるなんて。

当日はとても暑く、駐車場は車でぎっしり!
早速ライブペインティングが始まりました。


書き書き・・・
宇野亜喜良さんが寺山修司記念館にやって来た_f0228652_10115780.jpg
そう、宇野さんは左利きなのです。

寺山修司は宇野亜喜良さんについて

「宇野亜喜良は左手の職人である。左手で描く時、右手は縛られて夢見ている。
…(中略)…毒薬と花に彩られながら、すでに発狂しているかも知れない画家。
わたしの誇るべきひとりの友人。それが、宇野亜喜良という男である。」

という詩を残していて(かっこいいなぁ)、記念館の企画展でもその詩は掲示されているのですが、
まさにその通り、見ている方も夢を見ているようなあっという間の時間でした。

というわけで完成。
宇野亜喜良さんが寺山修司記念館にやって来た_f0228652_10125153.jpg
見えづらくてごめんなさい・・・(カメラ忘れるという大失態。携帯写真です;

これは企画展入り口に飾られています。

その後、素晴らしい歌声を披露したカルメンマキさんと宇野さんでサイン会。
並ぶの大の苦手なのですが、久々の行列。長かった・・・
宇野亜喜良さんが寺山修司記念館にやって来た_f0228652_10141276.jpg
せっかくなので、企画展に合わせて作った「ひとりぼっちのあなたにTシャツ」に。
宇野さんと寺山さんが初めてお仕事した記念すべきイラスト。

この日はお友達やお世話になっている方々にも久々にお会いできました。

三沢でこんな貴重な体験ができるなんて、
これからもたくさん寺山修司の世界を読み込んで行こうと思います。
by loopmark1210 | 2011-08-11 10:10 | 日常記
<< 新作完成&入選しました。 フワッタイム >>