人気ブログランキング |



「青い鳥」はチルチルミチル。
「青い鳥」はチルチルミチル。_f0228652_2114355.jpg

いま作っているものをチラッと。

メーテルリンク作の「青い鳥」をテーマに作っています。
運命的な?導きで「青い鳥」に決めたのですが、久々に作品に触れてみて大きな勘違いに気づきました。

青い鳥はチルチル&ミチルなのです。
チルチルミチルはお菓子の家には行かないのです。
あれーなんでヘンゼルとグレーテルとごっちゃになってるんだろう。

調べてみるとそれもそのはず、チルチルミチルとヘンゼルとグレーテルは外見が似てるのです。
なんせメーテルリンクさん、原作で「ミチルはグレーテルみたいな格好」てわざわざ指示書きしている。笑

なので描かれる兄妹象はほぼ一緒みたいですね。


青い鳥という話は

「幸せは実は身近にあって、捕まえ留めておくことはできず、それを追うことが人生」

というような、ちょっと哲学的なニュアンスでまとめたいところなのですが、答えを明確にしないので、結局読み手がそれぞれ考えねばなりません。
(ヘンゼルとグレーテルなんて、親による口減らし、お菓子の家にて魔女による殺人未遂、かまどに魔女投入、なんとわかりやすくてスリリングな!)

なので小さい頃、「青い鳥」という魅力的な材料を使って期待させた割に、よくわかんない、つまらない話だなーと思いました。
「身近に鳥いたのかよ、しかも夢オチかよ」って三村さん風に突っ込んだような・・・^^;


「幸福の王子」や「星の王子様」のようにわりと大人向けの物語なのかもしれません。
特に亡き祖父母が出てきて、「お前がわたしたちを思い出す度会える」と語る辺りは、年を重ねた方が一層感じるものがあります。(輪廻転生といったスピリチュアルな面がてとても強い)

「青い鳥」は戯曲で、最後チルチルミチルが客席に話しかけて終わります。
この台詞もなかなかいろんな読み取り方ができそうです。

「どなたかあの鳥を見つけた方は、どうぞぼくたちに返してください。ぼくたち、幸福に暮らすために、いつかきっとあの鳥がいりようになるでしょうから」

「青い鳥」はチルチルミチル。_f0228652_2114152.jpg

「青い鳥」はチルチルミチル。_f0228652_2115040.jpg

チルチルミチル、少しだけ大人びた感じになりました。
さあ、完成までもう少し!
by loopmark1210 | 2014-03-10 09:22 | 日常記
<< アリスコラボトート直接販売のお知らせ 「デラシネ書房」という書店 >>