人気ブログランキング |



没後30年・修司忌行ってきました。
GW中の5月4日は47歳でこの世を去った寺山修司の命日です。

その日から30年、存命されていたら76歳。
記念館では5月3、4、5日にに春フェスティバルが開催され、中日の4日は献花イベントなどが企画されています。

今年も花を手向けに行きました。
没後30年・修司忌行ってきました。_f0228652_1103025.jpg

没後30年・修司忌行ってきました。_f0228652_1115361.jpg
顕彰文学碑にはたくさんの人。
献花の後には、佐々木英明館長と青森大学「健康」の学生さんたちによる寺山詩の朗読がありました。

あまりに人が多くて、前は見れず。(そんなわたしの前をスマートに三上博史さんが通っていった。笑)

この詩の朗読、昨年初めて聞いたときに鳥肌が立ちました。

今年も素晴らしかった。

若々しくて、瑞々しいのに、完成度がもう、とても高くて。
寺山の詩(特にフランス詩のような青春詩)は、若い人が読むととてもいいな~キラキラしてる。
没後30年・修司忌行ってきました。_f0228652_1175359.jpg
記念館のステージに戻ると、さらにものすごい人数が三上博史さんとエミ・エレオノーラさんの登場を待っていました。

なんと、この日1100人集まったみたいです。。すごい。。

真ん中に小さく見えるのが三上さん。

二人のステージは言わずもがな、やはり今回も素晴らしかったです。
深い声にメロディーが乗るとぐっと世界が見えてきます。

たくさん朗読して下さいましたが、九篠さんの「生まれなかった子ども」のエッセイを読んだあとの、父親になれなかった寺山の詩が印象に残っています。


最後に三上さん、エミさんそれぞれ、寺山の未発表作品の詩を歌にして歌ったのですが、かっこ良かった!
渋い、しびれる!
詩の内容がまたフランスのジャズバーだの、夜の煌きだのなんだの、渋い!


言葉の世界に酔った一日でした。
没後30年・修司忌行ってきました。_f0228652_111769.jpg
ずっと欲しかった宇野さん紅茶もゲット^^


没後30年イベントはまだまだ続き、夏には宇野亜喜良さんと三沢市の山車祭りがコラボして、「宇野さん山車」を作って、祭りを盛り上げます。



そして、わたしはもうすぐ個展。
寺山没後30年、同じく今年30歳になるわたし、ここ数年寺山作品に本当にたくさん影響を受けました。

展示する絵には寺山修司をモチーフにしたものもあります。
寺山きっかけに青森を顧みて描いたものもあります。


良い個展にしよう、と改めて思いました。


没後30年・修司忌行ってきました。_f0228652_11271835.jpg
ひと休みで行った七戸NAMIKI。
期間限定アーモンドにブルーベリーをプラス。
バナナも食べたかった。。

五月、
GWは結局全部天気悪かったけど、やっぱり五月が好きです。
by loopmark1210 | 2013-05-09 11:32 | 日常記
<< 搬入して来ました。 点々、てんてん、tenten... >>