人気ブログランキング |



天井桟敷の夜。
寺山修司市民大学修了講座、行ってきました。

講義の半分出るともらえる修了書。
天井桟敷の夜。_f0228652_04749100.jpgなんとか無事いただきました。ほんとになんとか・・・汗。

最終講義は全学科合同でして、特別トークショーも行われました。

寺山の元奥様であり、いまも寺山普及にご尽力されている九條今日子さん、
寺山修司の父・八郎の研究をしている作家の世良啓さん、
そして「書を捨てよ、町へ出よう」で主演を務めた佐々木英明さん。

内容の濃いトークでした。

世良さんが寺山の弘前の生家について話していたのですが、
うちの実家のめっちゃ近く。
しかも親子三人で桜をバックに記念写真を撮った場所は弘前公園の西堀。
徒歩5分の場所。その桜は今も残っているそうです。
確かめに行かないと。

寺山をよりいっそう身近に感じました。


実はいま寺山修司の関係で仕事をさせていただいています。
その縁で、講座後の懇親会にも参加させていただいたのですが、
なかなかどうして緊張しました。

中でも九條さんの寺山への、また三沢市への熱い思いに感動しました。
初めて寺山フェスでトークショーを聴いたときにも思いましたが、
本当に心から三沢のことを考え、何かしないと、という姿勢。
素晴らしい人だな、と思いました。

帰り際に握手を求めましたら、驚かれ喜ばれて、とてもチャーミングな方だなとも、始終きゅんきゅん。これは修司さん惚れるわなと。笑


また英明さんは、トークショーで詩の朗読をしてくださったのですが、映画のあの冒頭シーンの凄みがふっと浮かびました。

本当に声がいいのです、変わらぬあの訛りもとても良い、動画貼るのでどうぞ。笑
懇親会にはダンサーの福士さんや、元天井桟敷の女優さんのマヤさんなどもいらっしゃいました。
プチプチプチ天井桟敷の夜?

皆さんにとって寺山修司とはどんな方だったのか
本当はお1人お1人に尋ねたかった。

わたしにとって寺山はどんな方だろう。

今はまだわからないけれど、次東京に行ったら絶対お墓参りしようと、
心に決めているのです。

(ちなみに二段下には大好きな忌野清志郎が眠っているらしい。これも嬉しい偶然)
天井桟敷の夜。_f0228652_054406.jpg

by loopmark1210 | 2012-01-23 01:39 | 日常記
<< 寺山取材こぼれ話。 こんにちは2012。 >>