人気ブログランキング |



牧羊の女神
牧羊の女神_f0228652_2342794.jpg


伝説のダンサー、ヴァーツラフ・ニジンスキーは過去に何度かモチーフにしていますが
彼を好んで描いた当時の画家、ジョルジュ・バルビエの画業もまた素晴らしいものがあります。

この絵を描きかけの状態で上京時に友人に見せたところ、

「あ、これ、バルビエのニジンスキーをモチーフにしていますね?」

あっさり見抜かれてしまいました。

この絵、バルビエが描いたニジンスキーをぱくっています^^; こちら↓

牧羊の女神_f0228652_23464297.jpg


牧神「女版」。
女版でわかったこと。
神様はやはり中性的でなきゃ説得力がないような・・・

ニジンスキーの「牧神の午後」には牧歌的という言葉の印象とはまるで違う、
本能、タナトス、エロスを感じる本当に素晴らしい舞踏です。
彼自身の映像記録は残っていませんが、近年、とあるバレエ団が再演した記録が秀逸です。
ぜひ一度ご覧になってみてください。こちらから。

コンテンポラリーダンスの始まりはこの作品から、とも言われています。
by loopmark1210 | 2010-06-22 00:05 | 点描線画(過去作品)
<< 新聞掲載のお知らせ 寺山修司を巡って >>