タグ:感覚 ( 50 ) タグの人気記事
技術の底上げ
林真理子さんのエッセイを読んでいたら

“エッセイとはつまるところ自慢話である、
とは、しばしば言われる”

と書いていた。

ああ、そうかもしれないなぁ

いまこうやって
平常を綴っているけれど
10代20代の自分が読んだらきっと

穏やかに文と絵なんぞ載せやがって
気に食わねぇ

と思っただろう
(牧歌的な傾向がとにかく嫌いだった)


言葉を綴るには度胸がいる
その最たるところは
小説かもしれない
小説にはエッセイやブログでは描かれない
人の汚さ
までをも書いているから

わたしにそこまでの度胸は
あるわけもなく


でも、
やはり人と繋がるのも言葉である
円滑にするのも、伝えるのも
もしかして自分自身に気付くのも
言葉かもしれない

という仮定の上で

いまはちょっとだけこの場を借りて
言葉と絵の技術の
「底上げ」をしたいと
思っているのです

実践と記録の場
としての
ブログ



「底上げ」って言葉
肝っ玉な印象があって
なかなか好きになってしまった

f0228652_16515890.jpeg
紅茶缶ペン立て





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by loopmark1210 | 2018-01-19 17:04 | 日常記 | Comments(0)
漠然とプチレベルアップのような
すごく漠然とした内容になってしまうのだけれど、

先日とある集まりで、かなり久々に、
ちょっと苦手としてる場面に出くわした

それが昔の自分だと
あーきたこれ、いやだないやだな
となって、相手にもなんとなく伝わってしまい、
でもこればかりは苦手なのだから仕方ない、ごめんなさいと、
結果的に心の中で開き直るという感じだったのだ

でも
そんなわたしに気づいた人生の先輩さんがいて、
何気なくこそっと
こうしたらいいよ
と、助言をくれた

で、
これまたかつてのわたしなら
えー嫌なのに、なんでそんな言ってくるんだろう
と、不穏な感じで受け止め、
その助言もやらなかったと思うのだけれど

でも
今回は
そうか、じゃいっちょ試してみっか
と、気負いなく、言われたとおりにやってみた


そしたら、
何の問題も起きずに円滑に自然に物事が進んだのでした


なんだ!
こんな簡単なアクションで
スムーズに行ってしまうものなのか

ようは
流れに合流するやり方を知らなかっただけなのだ
性格どうこうではなく
単に、
ウィンカーを出して距離感を確認しながら隣の車線に合流する方法を知らなかっただけ

で、
その助言をくれた方も
「早速できたね〜」
と、再びこそっと言ってくれた

なるほどなるほど
なんだか新鮮で嬉しかったです

人生の先輩の助言は
やはり理に適っている

また、
よく人のことを見ているなぁ気づけるなぁと感心してしまった(その方のお仕事は指導者
気づいてもらえるって、ありがたや

めちゃくちゃ些細な出来事ではあるのですが、
貴重なことだなと、
ありがたく受け止めたのでした。
プチレベルアップ
f0228652_16251487.jpeg
クレオパトラさん(青森市新町)のこーしー




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by loopmark1210 | 2018-01-15 16:35 | 日常記 | Comments(0)
あさひちゃんの浄化プロテクトスプレー
昨年のことですが、
モナリエット改めあさひちゃんから、浄化用のメモリーオイルが届きました。


あさひちゃんはネットで占星術とメモリーオイルのお店をやっているセラピストさん。(青森出身

昨年セラピストデビューしたあさひちゃん、
この一年でもうすっかりセラピスト!という印象。
どんどんその道を進んでおります。
(ブログも興味深いですよ〜)

中でも、メモリーオイルはわたしも実用的に使わせてもらってます。

なんだかスピリチュアルの要素あるものに実用的、ていう表現は少し妙な気がするけど、
でも役に立ってるわけだから、実用で合ってるのである

スピリチュアルというと、
当たる当たらないとか効果あるなし、本当か嘘か、
の常に二択に狭まってしまいがちなのだけれど、
あまりそれにはとらわれずに、
小さい頃やったおまじない感覚で楽しんでおります。

今回のブレンドは、香水にもなる自然な心地よさ
不思議なことに
毎回香りは違うのに、
凛とした印象は、あさひちゃんの雰囲気そのままなのです

実を言うと、
あさひちゃんはルーツにスピリチュアルな要素を持っている

わたし、彼女の不思議な魅力には当時からうっすら気づいていたのですが(当時本人自身は知らないふりをしていたような)、
いろんな変遷を経て、
そのときの気配が、整理されてオイルに置き換わったという感じがして、
感慨深いものがあります(勝手にごめん


不思議な世界です
面白いです
摩訶不思議な世界を、もっと覗いてみたいと興味は進んでいきます。


そいえば新年会でお友達が、
UFOや都市伝説のテレビ見る度に、家族に「わたしの身に起きないよね!? わたしのとこにUFO来ないよね!?」と確認しつつ、
ばっちりオカルト本買ってしまうと聞いて大笑いしたなぁ

スピリチュアルやオカルトって、結局楽しんでいいものなのかも

ゾクゾクとわくわくって
結構そっくりだものな

f0228652_19551929.jpeg


f0228652_19553669.jpeg

あさひちゃんとは紙ものでコラボしてます。お気に入り。

あさひちゃんのお「マイペースビューティ」はこちらから



イラストに使用したのはカキモリさんのインク「Myogi」(群馬限定カラー」










第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by loopmark1210 | 2018-01-11 19:53 | 日常記 | Comments(0)
お雑煮が沁みる
家族が集まると、どうしても昔からの長女気質でうるさく言ってしまう

近況をおしゃべりしたりして、
自分が経験したことがある話題が出ると
こうしたらいいよー
ああすればいいのにー

まぁ、うるさい(自覚はしっかりある

元旦にふと、
なんだかそんな感じの自分に疲れてしまって、
2日からはそういうことは言うまい、
と決めた。


もうみんな、気づいたら良い大人である
自分のことは自分でわかってて
自分のやり方というのを持ってる

それでも、
わたしがうるさく言うのを「そーなんだー」と聞いてくれるのは
わたしをわかってて
そのままでいさせてくれてるのだろう


うう、雑煮が沁みるぜ
そんなお年頃

兄(昭和風味)は料理上手
おせちもお雑煮もほんとにうまい。
知らぬ間に祖母の味をしっかり継いでいたらしい

わたしはお礼として
ハイカラに、スープカレーを伝授しました。(やっぱり小うるさく伝授

f0228652_01254033.jpg

[PR]
by loopmark1210 | 2018-01-05 13:33 | 日常記 | Comments(0)
冬の古書らせん堂
なんだか時系列がめちゃくちゃですが、
この前らせん堂に行ったときのことを。

わたしのブログは「古書らせん堂」で検索して来られる方がとても多い。
一時はずっとブログ記事一位で、「ちょっとおれ活動頑張らんとな…」と反省したほどである。

オーナーの三浦さんが書店員をされていたとき、亡き母が三浦さんの選書を買っていた。
らせん堂の本棚には母が持っていたのと同じ本もあって、懐かしさが香ってきます。
(ちなみに某書店から三浦さんの本棚が消えた時の絶望のブログ記事はこちら。
もう7年も前です。これを機にわたしは本棚を作ってた人=三浦さんを探し出したのでした)

本棚を見ながら、
母はこういうの読んでいたのかなぁ、
生きてたら感想を聞きたいのになぁ、
とぼんやり思う
それは別に寂しくないのだ
言うことが想像できるから、想像して、ふふふふふ、となってる

古書の良いところは思い出が重なるところ、なのかもしれない
大切な人が読んでいた本を、
たった一冊見つけただけで、
見ず知らずの他者だった本棚が、ぐっと近くなる。

先人とつながる場所、
とわたしは思ったりしてます。
思い出もだけれど、本は過去の著者たちと現在でつながれる超ハイパーレトロツール(電気いらず

さながら三浦さんみたいな方は、
先人たちと繋げてくれるコンダクター、仲人さん
と言ったところでしょうか。

そうそう、巷で話題の「めご太郎」にらせん堂さんも載っています。
この本すごいです(ごいすー
観光本には載っていない知る人ぞ知る青森が丁寧に掲載されています。(わたしも知らないネタがたくさん!
とりあえず、お腹が減る。

しかも、絵がまた素敵
版画風の優しげな挿絵、
こういう絵の紙一枚の使い終わったカレンダーを、母はよくふすまの下部の破れたところに貼っていた。
小さい頃は目線が低いので、わたしはよく座り込んで、描き写して遊んでおりました。

出版社さんは横浜の出版社、星羊社さん(ご夫婦で作られてるそうです)
きっと何度も遠い青森市に足を運ばれたに違いない。

めご太郎はらせん堂さんでも取り扱いしておりますぞ。

今ならお店の手前まで、冬の青森名物、こんもり盛り上がった雪の歩道を体験できます。
(あれ、滑って道路側に落ちそうでちょっと怖い)
f0228652_16030821.jpeg
f0228652_15583690.jpg

f0228652_15583794.jpg
f0228652_16055821.jpg

f0228652_15583893.jpg


[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-27 13:36 | 日常記 | Comments(0)
つながりと分断
ギャラリー当番の日に、行きたい場所に立ち寄り、久しぶりに会う友人たちとご飯を食べた。(誕生日祝ってもらってしまった!

で、21時過ぎの電車でその日のうちに帰ってきた。片道1時間20分。

この距離は車を使う人は普通に車で行ってしまう距離かと思う(さすがにこの日は凍結がやばかった)
わたしは1人のときは電車で行く。
(家族と一緒のときは絶対車なのです、運転もわりと率先してする)

これがもうなんだか、
儀式のような感じになってる。


自分のエリアから一人で離れるときは、必ず電車
遠かろうとも近かろうとも
駅というものを間に置くことで
「離れた」
と実感したいのかもしれない。
旅、みたいなもの。

車で行くのと、電車では、やはり全然違うんだ
家族と動くのと、個人とでも全然違う

前者は暖かなつながりの糸玉をずーっと家から引っ張ってきてる感じ
後者は、分断されたひとりとして、かつて住んだ街を他人のように眺めている


奇妙だなと思うけど、
一年に数回こういうことをしてる

つながりと分断を繰り返してみる

つながることで安心したり、
束縛を拒否して分断してみたり、
きっとそれでなにかバランスを取ったり、
無意識に解明したり
しているんだろうな


まぁ単に
ひとりでの長距離運転が苦手ってのも
もちろんある…(それじゃないのかね、うっ…


f0228652_17380365.jpg


[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-22 17:37 | 日常記 | Comments(0)
ツブツブ発砲スチロール雪
昨日は寒かった。
冬の底力を見せつけられた。

ごめんなさい、わたし、もうすっかりここの冬のこと、忘れた気になってたのですが、
あなたの猛威の凄まじさ、改めて身をもって思い出させていただきました、
ははぁ、冬将軍さまぁ(土下座)

下ろしたてのバッグは斜めに刺す雪でずぶ濡れ
整えた髪はいつのまにかパンキッシュ
なんてこったい、でもこんな毎日だった

普段出かけるときは結構歩くのは苦ではない方なのだが、さすがに
合流予定の友達(車)にSOSを出した。

友達はややぎこちない感じで現れた。
道路がボッコボコでツルッツルなのだ。
しかも道路幅は雪で狭くなってる。

ハードモードぉー

気温はさらに低くなり、
キリッとした空気は緊張感と重なり、
慎重にジリジリと動く車で、道路は渋滞している。

まいったねぇ

そのとき、ポンッとフロントガラスに、
なにやら軽い小さな音がした

ぽろんっ、ぽこぽこっ


あ、お前、発砲スチロール雪じゃないの


湿度とあんまりに低い気温のせいなのかなんなのか
てんでわからないけれど、
発砲スチロールを砕いたときの、あの小さな丸い形状の、軽く弾力のある雪

これ、どこでも降るんだと思ってたけれど、
わたしが住んでるところでは見ない

発砲スチロールにも似てるけど、
あれに似ていて、お腹減ってくるんだな

あれ、
ミスドのゴールデンチョコレートの、
あの黄色いツブツブ

あのツブツブ、昔はもう少し粒ひとつひとつが球体で、
チョコドーナツにちゃんとくっついてない感じが良かったんだけど(ボロボロ剥がしてそれだけ食べていた)
いまはムラなく細かくしっかり付いてる感じになったよねぇ

まぁでも、それでもミスドではあれが一番好きなわけで、
だから、この雪もなんだか、
許せてしまうんだよなぁ


f0228652_16285086.jpg
撮ったけど、わかりづらいですねぇ…

f0228652_16290788.jpg


[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-20 16:18 | 日常記 | Comments(0)
「嫌いのエネルギー」とは
ブログを書くときは、自分が一番良い状態のときだったりする。
顔にちゃんと化粧をしてるような。窓辺でうっすら光浴びて、ハイライト効果すらある感じ。

でも、書かないときには真っ黒のときも、灰色のときもあるわけです、人間だもの(みつを)。
雲のごとく、ふわーんとしてるときもある。

で、あんま小綺麗なことばかりじゃ、読みに来る人はつまらないかもしれない、
いや、結構つまらないんじゃないか…
とふと思ったわたし。

なので、ちょいとノーメイク晒していい日もあるんじゃないかと思ったわたし。

今日はノーメイクでお届けします。(唐突)

-------------------

「嫌いのエネルギー」について考えましょう。

いやはや、どうにも苦手な絵描きさんがいまして、あーどうにも嫌だな嫌だな、と思ってたわけですよ。

いろいろ理由はあっても、まぁ軸はわかってるんです。

成功してるからなのです。(どどーん)
だって成功してないと、まず気にならないでしょ。

あー成功したい(超漠然)、中央のお仕事してみたい、地方住まい好きだけどこればかりはもどかしいもどかしいーーー

と、自己顕示欲丸出しでうがうが言ってる日がわたしにはもちろんあるのです。そんな日ばっかなのです。
もう恥ずかしげもなく承認欲求丸出しなのです。

で、
事あるごとにその方が浮かんでくるときがあったので、
このところの一人美大状態を利用して、研究してみることにしました。

ならば、模写してみようではないかと!

模写、わりと最近得意だったのでね、余裕で出来るでしょと思いました。

そしたらね、


で、できない。。

できなくて、、、

疲れて、、、


やーめたー!



短い模写でわかったこと。

その方がどういう技法で、視点で描いているか、なんとなく見えた、
ような。
結構これが発見で、なるほどーと思わず感心している自分がいました。
こんな工夫されてるのだ、ほほー。
そりゃあ人気出るよね、ちゃんと計算されてるもん。

それで、ん? 
それまでの「嫌い」の感覚が薄まったような。。
たぶんこの方への嫌いの感情、そのうち消える?、と言ってもいい、
ような…
ないような…


嫌いってのは、気になってるってことなんでしょうね。

わたしはこの「嫌いのエネルギー」にとても疲れさせられます。
そう思ってるときや、それを家族に思わず言ったりしてるとき、すごく自分が情けない気持ちにもなる。

あー どうしたもんかなー 

と思って、ふと
「どうしたもんかなー」ってなってる自分こそがめちゃくちゃ自分らしいな、なんて思いました。


「嫌いだー!」ってなったら、その対象の真似をしてみるって、良いかもしれませんよ。

苦手な俳優の演技真似たり、苦手な歌手の歌完コピしてみるとか、どうですかね。


でもこれ、現実の人間関係には効果はあるのか?

つまるところ、極力「嫌い」は作らないこと、なのか。


あー どうしたもんかなーーー



そんなノーメイク齋藤が贈るクリスマスカードプレゼント企画、15日まで開催中です。


f0228652_18051752.jpg
写真は過去の模写練習で本編とは関係ありませぬ。





[PR]
by loopmark1210 | 2017-12-06 18:13 | 日常記 | Comments(0)
「変わる」ということ
このところ、自分の作風を客観的に分析して、もっと良くなりはしないもんか、と考察しています。

そんなことやったことないので、果たしてできるのかと思ったのですが、
思えば絵を完成させる度に友人や家族、ご依頼主から、また個展の場ではお客様から感想を伺っていたので結構あったのです、判断材料が。

特に個展でのご感想、メモしておいて良かったー!✨

改善できるところは改善して、伸ばせるところは伸ばす工夫を考えてみます。

それで、個展のときに活動初期からの友人に言われた一言をふと思い出すのです。


「前のようなシュールな感じが良かった、変わったね」


これを聞いたとき、複雑な思いになりました。なんかちょっと悲しいというか、うーん、寂しいに近いかもしれない。そうなんだー…と。

当時の「シュールな感じ」の絵はこういうもので、ゴシックやアングラと言われる部類だと思います。
f0228652_02543269.jpg

f0228652_02543357.jpg

f0228652_02543472.jpg
イギリス世紀末美術のイラストレーションにものすごい影響を受けていて、模倣が強かったのです。
この時の絵は完成度が高い、とたまに言われるのですが、それは世紀末美術という完成された文化を模倣したので(わたしの努力と経験で得た技術で描いていないので)、そう言ってもらえたのかなぁと思います。

この頃は全く色が使えなかったです。
なので逆に、「白黒のみで完成されたイラストを描くなら、世紀末美術の模倣しかなかった」のです。

で、やってみて物足りなさをすごく感じたのですねー
自分の内にあるものを微塵も出せていない気がしたし、過去の時代の既製品を出しているような感覚もあったし。


この時の展示で60歳くらいの男性がわたしに話しかけてきました。

「ゲーム好きなの?」

その方はこれがなんの絵かよくわからず、どうやら異世界風ではあるので、じゃあテレビゲームの絵だろうと判断したらしいのです。

それで気を使ってか、その方が知る限りのRPGゲームの話をずっとしてくださいました。汗(インベーダー世代でありましょうに!)

そのとき思いました。
「伝わらないってこういうことなのかー!」と。 

なんてわかりづらい絵を展示してしまったんだろう、と。
それ専門の、こうしたものが好きな人が出入りする場所で展示するならいざ知らず、そうではない場所で。

もちろん珍しさから興味深く見てくれる方もいらっしゃったのですが、やはりわかりづらかったと思います。
(そもそも伝えたいことってあったのかな)

いまあれから数年経ち、絵柄の変遷は自分でも驚くくらいなのですが、
その友人の「変わった」のひとことから、
「あ、以前よりは伝わりやすい絵を描けているということなのかも」と思うことにしました(レッツポジティブ)。

若い時はわかる人に伝われば良かったけれど、「北の街」の表紙をさせていただいてから考えがガラリと変わりました。

そして、その考えにまだ絵が追いついていないなぁと思うところです。

はーーーー…

まだまだ時間が掛かりますが、

変わることを恐れずに!




そいえば、Amie相方のようちゃんがいつだったか
「変わったてことは、なにかが出来なくなったってことじゃなくて、“さらに出来ることが増えた”ってことだよねー」と発言してました。

ナイスようちゃん!
ほんとにそうだと思います。






[PR]
by loopmark1210 | 2017-11-12 02:50 | 日常記 | Comments(0)
媒体のお話〜Twitter卒業しました〜
この間、ホームページをリニューアルをしたのですが、先日ひっそりとTwitterを退会しました。

以前から「いつかはブログのみにしたい」と思っていて、Twitterはほぼブログ反映メインにしていたのですが、
リニューアルを機にTwitter卒業を思い立ち、退会しました。

うーん、使い方、楽しみ方がわたしには最後までよくわからなかった、というのが本音です。。

活動をしていてもTwitterを見て来ました、て方はこれまでほぼなく、
そもそもTwitterで活動情報書いても反応がなく(悲しいぼっち状態、これがきつかったです笑)、

あとFacebookでもつながってる方がほとんどで、そちらの方がやりとりを交わせていたので、

「ではTwitterで使っていた日常的なカロリーを絵に置き換えた方が活動としても精神衛生上も(笑)いいんじゃないか」と思った次第です。


ネット時代、と言いますが、
それでも紙媒体のものはめちゃくちゃ強いなぁと思いました。


個展にいらしてくださった方の半分は「北の街」の表紙を前々から見て知ってくださっていた方でした。

また、新聞に2日連続で紹介していただいたのですが、それを見て来ましたという方もたくさんいらっしゃいました。


絵や活字が、新聞や雑誌として「感覚的に直接触れる」というのは、やはり絶対的にネットとは違うんだろうなぁと思います。

愛読している雑誌、普段読んでいる新聞の記事、直接手に触れて(そしてまた対価を支払って)楽しむからこそ、知らぬ間にぐっと距離感が近くなる。

ネットでふっと目に入った情報よりも身近に生活空間に入る。

だから、「行ってみようかなぁ」と思ってくださり、足を運んでくださったのかなと。


とてもありがたいことだなと思います。
わざわざ時間を割いて足を運んで見てくださるということはとてもとてもありがたいことだと思っています。

「北の街」という媒体が持つストーリーの力のおかげとも思っています。

なので、個展を終えてからの「北の街」表紙は前よりも丁寧に、絵手紙を届けるような気持ちで、
たくさんの連載という手紙を包む綺麗な折り紙を描くような気持ちで描いています。

変に力むこともなくなり、とても自然に取り組めています。

今後はこういう「直接手に届くもの」をより大事にしていきたいと思ってます(つまりイラストですね)。



そういえば、最近kindleを使い始めました。

読みたい本がもう絶版で現物では手に入りづらいことがあって、
データで引き出せるのは便利だなぁと使い始めたのですが、すぐに違和感を抱き始めました。

結構長い小説をじっくり6割くらい読んだくらいから

あー! こんなじっくり読むなら、現物買った方がこの6割にかけた時間の愛着を直接感じられるのに!

と思いました。

やっぱり本を直接読むときって、
自分の心身になじんでいく楽しさってあるんですよね。
育てる、というのかな。

データだとそれがまず把握もできないんですよね。

たぶんkindleで気になって読み始めた本は結果として本買いますね。笑
ア◯ゾンさんはよくわかってます。笑


ということで、ネット時代だからこそ意識的に大事にしたい媒体のお話でした。

Twitterはやめましたが、引き続きブログは続けてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

写真は久々のカリワラさんのカレー、四川風麻婆カレー! 美味でした😋
f0228652_15271246.jpg








[PR]
by loopmark1210 | 2017-10-22 15:25 | 日常記 | Comments(0)