タグ:感覚 ( 41 ) タグの人気記事
媒体のお話〜Twitter卒業しました〜
この間、ホームページをリニューアルをしたのですが、先日ひっそりとTwitterを退会しました。

以前から「いつかはブログのみにしたい」と思っていて、Twitterはほぼブログ反映メインにしていたのですが、
リニューアルを機にTwitter卒業を思い立ち、退会しました。

うーん、使い方、楽しみ方がわたしには最後までよくわからなかった、というのが本音です。。

活動をしていてもTwitterを見て来ました、て方はこれまでほぼなく、
そもそもTwitterで活動情報書いても反応がなく(悲しいぼっち状態、これがきつかったです笑)、

あとFacebookでもつながってる方がほとんどで、そちらの方がやりとりを交わせていたので、

「ではTwitterで使っていた日常的なカロリーを絵に置き換えた方が活動としても精神衛生上も(笑)いいんじゃないか」と思った次第です。


ネット時代、と言いますが、
それでも紙媒体のものはめちゃくちゃ強いなぁと思いました。


個展にいらしてくださった方の半分は「北の街」の表紙を前々から見て知ってくださっていた方でした。

また、新聞に2日連続で紹介していただいたのですが、それを見て来ましたという方もたくさんいらっしゃいました。


絵や活字が、新聞や雑誌として「感覚的に直接触れる」というのは、やはり絶対的にネットとは違うんだろうなぁと思います。

愛読している雑誌、普段読んでいる新聞の記事、直接手に触れて(そしてまた対価を支払って)楽しむからこそ、知らぬ間にぐっと距離感が近くなる。

ネットでふっと目に入った情報よりも身近に生活空間に入る。

だから、「行ってみようかなぁ」と思ってくださり、足を運んでくださったのかなと。


とてもありがたいことだなと思います。
わたしは時間を割いて足を運んで見てくださるということはとてもとても尊いことだと思ってます。

「北の街」という媒体が持つストーリーの力のおかげとも思っています。

なので、個展を終えてからの「北の街」表紙は前よりも丁寧に、絵手紙を届けるような気持ちで、
たくさんの連載という手紙を包む綺麗な折り紙を描くような気持ちで描いています。

変に力むこともなくなり、とても自然に取り組めています。

今後はこういう「直接手に届くもの」をより大事にしていきたいと思ってます(つまりイラストですね)。



そういえば、最近kindleを使い始めました。

読みたい本がもう絶版で現物では手に入りづらいことがあって、
データで引き出せるのは便利だなぁと使い始めたのですが、すぐに違和感を抱き始めました。

結構長い小説をじっくり6割くらい読んだくらいから

あー! こんなじっくり読むなら、現物買った方がこの6割にかけた時間の愛着を直接感じられるのに!

と思いました。

やっぱり本を直接読むときって、
自分の心身になじんでいく楽しさってあるんですよね。
育てる、というのかな。

データだとそれがまず把握もできないんですよね。

たぶんkindleで気になって読み始めた本は結果として本買いますね。笑
ア◯ゾンさんはよくわかってます。笑


ということで、ネット時代だからこそ意識的に大事にしたい媒体のお話でした。

Twitterはやめましたが、引き続きブログは続けてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

写真は久々のカリワラさんのカレー、四川風麻婆カレー! 美味でした😋
f0228652_15271246.jpg








[PR]
by loopmark1210 | 2017-10-22 15:25 | 日常記 | Comments(0)
見直しの秋〜
8月末から見直しに入りました。

とにかく描いてるのですが、新作というよりはもう一度勉強し直し、という感じです。

これが楽しい笑

一人美大or専門学校状態というのか、
今まで独学ばかりで、「こうしたら良いんだよ」という、まぁ人に教えてもらうってことをしてこなかったんですよね。

と言っても勉強も一人でやってるのですが笑、

そういう本を読んだり、いまはネットでもそういう動画がたくさんあるので、それを見たり。(良い時代ですよ~ほんと✨)

そしたら、「あーこうしたら便利だと思ってたのはこういう理屈からなのか!」てのがわかって、なんだかすごく楽しいのです。

今までは自己形成において絵がとても役立ってくれたのですが、ちょっとパーソナルな面と密接だったので(ブログでもおわかりのとおり笑)、
もっと技術として絵を使いこなせたら役立てられたらなぁと思います、

10年目にして笑

同時にやはり美術の学校に進学して教えてもらいたかったなぁと思うのですが、
まぁそれは経済的な部分で無理だったし、
自分当時は漫画家になると言い切っていたし(どこにそんな自信が)、
独学でここまでやってきたのだからもう逆に率先してこれで行くしかないでしょ、とすっきりと思うところです、

10年目にして笑


というわけで、ホームページやらも作り直しております。
ちまちま動くアングラちっくなの気に入ってるんですが、まぁ見づらいですよね(⌒-⌒; )
見にくる方には不親切。笑

今回も自分で作るので、機能的な向上はそんなにないかと思いますが、少なくとも見やすくはなるかと思います。

活動始めた11月には公開できたらなーと思ってます。

ああ、10周年記念企画まで手が回らない!💦

f0228652_00441713.jpg
がうがう(載せる写真が特にありませんでした)

[PR]
by loopmark1210 | 2017-10-07 00:38 | 日常記 | Comments(0)
このところの描いたイラストたち
このところの描いたイラストたち
f0228652_07195231.jpg

f0228652_07195363.jpg
f0228652_07204576.jpg
初期に戻ってきたような気がする。

[PR]
by loopmark1210 | 2017-10-03 07:19 | イラストレーション | Comments(0)
曇り空の楽園のような
はぁ、楽園にいるのかと思いました。
f0228652_19192470.jpg
f0228652_19192661.jpg
f0228652_19192833.jpg
f0228652_19193022.jpg
f0228652_19193169.jpg
ものすごく色が溢れてて、
それぞれが美しく謳歌していて、
台風接近中の、たまたまだーれもいない時間帯

ダリアはほぼ香りがしない花なので、
ひたすら視覚だけが研ぎ澄まされる感覚

「神曲」という名のダリア
f0228652_19212199.jpg
なんだか神さまが花々になったら、こんな風景かなぁと
一輪一輪が豪華
f0228652_19232361.jpg
素晴らしかったです。(五戸町のひばり野ダリア園さんですー)

そのまま久々にキューダス.Sへ。
f0228652_19233932.jpg
工藤さん元気でした!

大好きな空間です。

美味しいコーヒーとともに近況を話して、ちょっとの時間だけど。

工藤さんのお人柄はほんとに不思議だな~
夏空の大雲のような方です。(十和田に行ったら寄ってみてくださいね☕️)
 

昨年の今頃はこちらでの展示に向けて準備中でした。

再び、少しずつ実直に。



[PR]
by loopmark1210 | 2017-09-18 19:18 | 日常記 | Comments(0)
故郷憧憬のような
作業集中デイが続くと、作業中でもほわっとなにか考えてるようで、
最近は故郷、津軽のことを考えてます。(ま、このブログでは多いネタなのですが)

amazarashiという、若い世代に圧倒的な支持を受けてるアーティストさんが青森県出身なのですが、
なんと新曲のPVに青森の街の風景や青森でのライブの様子が映っているのですね。(
こちらリンク


ファンの友達に教えてもらって見たのですが、いやはや驚きました。
馴染みある風景がすごくカッコよくなってるんですもの。
(友達曰く「初めてアスパムをかっこいいと思った」と笑)

で、
すごく、青森出身者としては良いなぁ、良い形での発信だなぁと嬉しくなったのです。
(この気持ち、青森出身の松ケン主演&横浜聡子監督の「ウルトラミラクルラブストーリー」制作知ったときと同じ)


さて、先日、津軽弁で歌う青森出身の歌手の方(東京在住)とお話しする機会がありまして。


その方もわたしと同様、故郷津軽にはねじ曲がった感情や想い出があるらしく、
だけれどもそれが、あの土地の、風土の圧倒的な他にない魅力であり、
だからこそいろんな文化が生まれた土台なのであり、
歪みながらもめちゃめちゃ愛しているのだ、と熱く語っていました。

それで、印象的なことを言っていました。

「でも、わんどが感じたあの土地の独特の空気ってのは、いつか必ずなくなってしまうから、
訛りでさえどんどんなくなってるんだはんで、
だから、わは歌で青森を残したい」

なるほどなーと思いました。

確かに、帰る度に風景は変わっています、すごい勢いで。
震える拳握りしめて歩いた町並みの風景はもう別な町になっていて、
ホッとしながら、ハッとします。

わたしはいまは少し離れて、ちょうど良いところで暮らしていて活動していますが、
なんだかね、なんか出来たらなと思うのです、その歌手さんのように、自分らしいやり方で。

なんだべね。笑
まだわからないなー

やはりそう思えるのは、魅力的な場所なのでしょう。

f0228652_00043014.png

過去フォルダより、浪岡の鳥の群れやばし。





[PR]
by loopmark1210 | 2017-09-07 00:17 | 日常記 | Comments(0)
ご先祖さまの白黒写真
外向きに過ごした7月が終わり、8月はひたすら作業しとります。
音楽聴きながら、ひたすらもくもくと…。

こちらは外向きに作った顔はめ布。
f0228652_17353054.jpg
内容は果たして外向きだったのだろうか。 笑(寺山修司市街劇に使用しましたー)


お盆も終わりましたね。
弾丸でのお墓参りでしたが、やはりお墓参りすると気持ちがスッキリするもので、
もっと余裕持って来れば良かったなと思います。
f0228652_17353159.jpg

夫の実家の仏壇部屋には、ご先祖様の白黒写真が並んでいます。
祖母の本家もそうで、昔はそれがやはり怖かったんですが、
みんなが線香上げてる間、ぼんやりとどんなシチュエーションで撮ったのだろうなんて考えてみました。

写真撮影なんて珍しい時代だったでしょうから、写真屋が家に来るだけで騒動だったでしょう。

父母から受け継いだ仕立ての良い着物を着たのかしら。

カメラの前では緊張しただろうな

なんて考えると、ふふっとなります。

白黒写真て、「念を演出する」というのか、
カラーと違って温もりが伝わらない分、怖さやじっとりした湿度感が際立ちます。

ほんとはそんな怖くないはずなんですけどね。

横尾忠則氏の作品にご先祖らしき白黒写真を山の噴火口の絵とコラージュさせてる絵があるんですが、
もう演出された念が強くて、美術館で吐きそうになりました。(念に弱い)


以前、大戦前の街なかの写真に色をつけるという番組を見て、その鮮やかさに驚きました。

「灰色の悲しい悲しい時代」てイメージが強いですが、戦争前には煌びやかな文化がちゃんとあったんですよね。

そうしたものは色がついてないとやはり伝わらないなぁと思いました。

「この世界の片隅に」という映画では、まさにそこが見事に再現されていて、
初めて時代の地続きを感じました。

今年は終戦記念日、慌ただしくしていたからか、あまり終戦の日を感じないまま過ぎてしまった。

小さい頃はお盆からの弔いの雰囲気が嫌でした。
なんだよー皆しけたツラしやがってー ねぶたはあんなはしゃいだのによー的な。笑

でも、いまは考えるだけでも大事だなぁと思います。
わたしの小さかった頃よりもやはりその雰囲気は薄れている気がします。

実家の白黒写真からそんなことをぼんやりと。
f0228652_17353267.jpg
岩木山さまー!


さて作業に戻ろう。

月末は一年ぶりのプリン展(盛岡市)ー!
プリン愛が再び試されるー!

f0228652_17353232.jpg




[PR]
by loopmark1210 | 2017-08-17 17:09 | 日常記 | Comments(0)
地方と都会のこと
東京に行くと、主にギャラリー巡りをし、いろんな方に絵を見ていただきます。

地方住みなので、やはり定期的に中央の方に助言をいただくのはわたしにとって必須なのです。

イラストの神様にも会えた~~✨


で、地方と都会、ということでお話を聞いていて、なるほどと思うことがありました。

どうしても地方にいると「昔からの地方と都会の関係」という感覚が根付いてしまってますが、
都会からの目線のお話を聞くと、かなり変わってきてるんだなと感じるのです。

ネットの普及や物流の速さや移動手段の増加で、やはり昔ほど、大きな差が無くなってきている。
地方ゆえの不自由さが減ってきている。

これは素晴らしいことだと思います
(反面、起きる問題もあるわけですが😅💦)


先日、東京から移住してきた知り合いの、あるジャンルのプロの方が、テレビの取材を受けました。

そこで、その方はテロップで「元プロ」という表記をされたらしく、
「地方に移り住んだだけで、なぜ元なのでしょう」と問題提起されてました。

似たようなことをよく思います。


わたしは青森で生まれて、地区は変わりながらも青森を拠点としています。
青森だからこそ描けること、青森に生きてるから内面から生まれること、
これは何ものにも代えがたいなと思います。

9年ほど前に初めてギャラリー回りをしたときに、当時憧れていた方から、
「あなたは都会に来ない方がいい」と言われました。
「きっと都会に来たら、この風合いは描けなくなるから」と。

これがね、結構嬉しかったのです。
その方は、青森にも何度かいらしていて、青森の魅力を知ってらっしゃるようでした。



東京はどんどん人口が増えて、一極集中化し、地方の過疎化はやはり進むのだと思います。

それは止まらないことなのかもしれないけど、
地方と都会の、頼もしい相互関係を信じたいなと、東京から帰るときにいつも思います。

(でも、わたしは団体活動が苦手なので今後も個人活動ですが😅)


またちょっと暑苦しいことを書いてしまったかな…(^_^;)
f0228652_21052845.jpg
ベートーヴェンさん、どう思われます?
[PR]
by loopmark1210 | 2017-07-08 20:45 | 日常記 | Comments(0)
大地から生えてる風船
個展を終えてからも描くことに追われ(ありがたいことです!)、バタバタとまとめられないまま来ています。

ほんとは今日からまた新たな方面へ行こうとしてたのですが、
ここで「一旦止まって落ち着きなさい」のメッセージ(^_^;)

確かに新しいことをするにはまとまらなさすぎている、部屋が散らかりすぎている!汗


というわけで、今週はストップ週。
地盤補正に努めよう。トンテンカンテンと。


以前と同じく机で作業していると、

なんだかほんとに個展やったんだろうか? 夢だったんじゃないか?

なんて思うのですが、

不思議と以前より地に足がついている感じもあり、

大地から生えてる風船になったような、そんな不思議な感覚で過ごしています。

この感覚に浸る時間を作ろう。



東京ではグループ展「夜ノ街ヲ駆ケル」が始まっています。
地元のお友だちが旅行中に寄ってくれました✨
f0228652_10534908.jpg
今回は個人的に、大島弓子さま、萩尾望都さま、竹宮惠子さまの描き上げた少年像に勝手にリスペクト、な感じです笑

聡明美少年て憧れがあります。エドガーにジルベール、ラフィエル、そしてそして、ラインハルト・フォン・ローエングラム!
f0228652_10535206.jpg

------------------------------------------------
「夜ノ街ヲ駆ケル」
画廊・珈琲Zaroff
6/25(日)~7/4(火) 12:30~20:00
※6/28(水)は休廊、最終日は17:00終了
東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
tel:03-6322-9032
http://www.house-of-zaroff.com
-------------------------------------------------
作品ご覧いただけたら嬉しいです。


また、個展アンケートですが、本日深夜で締め切ろうと思います(コメント欄は閉じさせていただきます。またこうした企画を実施したいと思います)。

予想通りのものもあれば、意外にもこれが!というのもあり、展示の面白さを感じています。

たくさんのお声、ありがとうございました!
今後の参考にさせていただきます110.png✨😌✨

[PR]
by loopmark1210 | 2017-06-27 10:37 | 日常記 | Comments(0)
「ILLUSTRATION2017」無事、終了いたしました!
個展、無事終了いたしました!
f0228652_13230103.jpg
f0228652_13230296.jpg
f0228652_13230471.jpg
f0228652_13230597.jpg
f0228652_13231242.jpg


あっという間の三日間。
搬入入れると四日間。

途中、北の街社創立55周年記念パーティーに出席させていただいたり、活動初期から応援してくれてる友人たちと再会したりと、
我ながらバタバタのスケジュールにしてしまいましたが(^_^;)、
体調崩すことなくこなすことができました。

これも、ご協力してくださった方々や、暖かく作品を見てくださり、言葉をかけてくださった皆様のおかげだと思っています。


このブログは感覚的な記録を大事にしようと日々綴っています。

また、人とのつながりも、現実的な面よりも感覚的につながれたら、という憧れを昔から持っています。


今回、展示をしてみて、

お互いに名前も知らず、
お会いしたこともなく、
年齢も性別も様々な方々がご来場くださり、
イラストに共感してくださり、
励みになる言葉をたくさんくださりました。

ああ、自分はなんて素敵な経験をさせてもらってるのだろう、


人とのこうしたつながり方が、わたしはものすごーーーく好きなのだ、
実体よりも、音楽を聴くように感覚でつながりたいのだ、


それが活動10年目にして少しずつ感じられるように、見えるようになったのかなぁと、
そうだとしたら嬉しいな、と思っています。


こうした機会をくれた「イラスト」というものとの出逢いに感謝したいと思います。


イラストたちも多くの方に会えて嬉しかったろうなーと思っています(*^.^*)
みんな、良い表情をしていました✨


ちょっと語りが変な方に行き始めましたね。笑


今週末からは東京のグループ展に参加いたします(情報はのちほど)。
そちらの準備もがんばりたいと思います。


では、改めまして、

「ILLUSTRATION2017」にご来場くださった皆様、個展開催まで励まし、支えてくたざった皆様、

そして、お世話になりました五拾壹番館ホールの高木さま、

幸せな空間を本当にありがとうございました!


心からの感謝を込めて🍀




[PR]
by loopmark1210 | 2017-06-19 13:00 | 日常記 | Comments(0)
諦めた線たちのこと
f0228652_22500570.jpg
四年前の個展で、プロのアートを扱う方に言われたのは

「線を描き過ぎている」

ということでした。

味わい深いひとつの線を探せるようになりなさい、と。

それが当時は全くわからずに、でもずーっと頭に残っていました。


そして、最近になって、
「あ、もしかして、そういうことなのか」と感じるようになりました。

いえ、うっすら遠~~く見えるような気がする程度です。
わかると言えるまでは、一生かかりそうな(@_@;)

なんとなく「ああ、こういう感覚の世界のことをおっしゃっていたのかもしれない」と、四年経ってみて思えるようになったのです。


選ばれたたったひとつの線には、
諦めたそれは多くの線がある


名画と言われる作品にも
名工の伝統工芸にも
工業的なデザインにも
日頃見かける風景に置かれているもの
買っている商品、日常触れるものたち


あーすべてには無数の諦められた線があるんだ


わーっと、広がりを感じました。
シャープな中に、他者の愛着を見つけたみたいな暖かさ。


あ、これもきっと地続きの意識かな。

四年前は点描線画と名乗ってました。
あのときは、白黒の点だった。

いま色のついた線になって、四年前が今に続いたと感じられる気が、する。

感覚!



脱線。笑

このところ作業中はBebe Rexha(ビービー・レクサ、日本ではたぶんまだデビューしてません😣めちゃくちゃ美人)ばかり聞いてるのですが、
Bebeちゃんの「わたしの動画や絵を送って~」というインスタの呼び掛けに乗って、
絵を描いて送ったら、
f0228652_22500708.jpg

なんと! ご本人がインスタ公式アカウントで投稿してくださったー!

う、嬉しすぎる!!✨✨
Bebeちゃん、ありがとうー!✨✨

このMV、元気が出るのです!


↓いよいよ今週末!
-------------------------------------------------------------------------
齋藤さち子イラストレーション展
「 ILLUSTRATION 2017 」

6/16(金)~18(日) 11:00~18:00
五拾壹番館・1Fホール
〒030-0861 青森市長島1丁目4-10 
tel:017-777-7708
-------------------------------------------------------------------------


[PR]
by loopmark1210 | 2017-06-12 22:47 | 日常記 | Comments(0)