ホームページ、Galleryを更新しました。
ホームページのギャラリーページを更新しました。
「北の街」の表紙から自作絵、創作ユニットAmieのことまで、ここ数年の内容を載せてます。
f0228652_16421029.jpg

ホームページはこちらから→クリック




過去のイラストはブログに載せてますので、気になる方はよかったらイラスト関係のカテゴリーから過去を遡ってみてください。
最初に遡るほど絵の変化がすごいです。笑

いまはお休みしてますが、ソライロボックスさんとのユニットAmieの結成がもう四年前なんだなーと。
なつかしー!

この「聖なる動物」シリーズがめちゃお気に入りなんですよね。

f0228652_16421121.jpg
ホームページ、ぜひいろいろクリックしてご覧くださいませ。

さあ、青森、雪が降りましたねー⛄️
11月の降雪は一度溶けるのがほとんどですが、本格的な冬の気配を感じてしまいますね。

どうぞ暖かくしてお過ごしくださいませ。

12月は「あかりのありか」展に参加させていただく予定です!






[PR]
# by loopmark1210 | 2017-11-20 16:41 | お知らせ | Comments(0)
おやさいクレヨン画展、ありがとうございました。
おやさいクレヨン画展、ありがとうございました。

今回、クレヨンという自分にとっては懐かしい画材、そして原料のお野菜が作り出す優しく暖かい色合いを楽しみながら描くことができました。

青森市の企業様が、原料の多くを青森県産の規格外、廃棄予定の野菜を元に作られたということで、
出展した二作のうち、ひとつはわたしも「故郷・青森市」をイメージしたものにしてみました。

タイトルは「津(na)軽」。
f0228652_16563931.jpg

もうひとつは、大好きな「星の王子さま」と秋の味覚を。
f0228652_16565618.jpg


あー色が好きだなぁと実感しました。

とても楽しい企画にお声掛けしていただき、ありがとうございました!
安心安全のおやさいクレヨン、ぜひ気になる方は使ってみてはいかがでしょう。
f0228652_16571068.jpg
写真byゆきりん、かおりちゃん(ありがとう)

河北新報さまの記事にも写り込んでおりました。↓


[PR]
# by loopmark1210 | 2017-11-13 16:52 | イラストレーション | Comments(0)
「変わる」ということ
このところ、自分の作風を客観的に分析して、もっと良くなりはしないもんか、と考察しています。

そんなことやったことないので、果たしてできるのかと思ったのですが、
思えば絵を完成させる度に友人や家族、ご依頼主から、また個展の場ではお客様から感想を伺っていたので結構あったのです、判断材料が。

特に個展でのご感想、メモしておいて良かったー!✨

改善できるところは改善して、伸ばせるところは伸ばす工夫を考えてみます。

それで、個展のときに活動初期からの友人に言われた一言をふと思い出すのです。


「前のようなシュールな感じが良かった、変わったね」


これを聞いたとき、複雑な思いになりました。なんかちょっと悲しいというか、うーん、寂しいに近いかもしれない。そうなんだー…と。

当時の「シュールな感じ」の絵はこういうもので、ゴシックやアングラと言われる部類だと思います。
f0228652_02543269.jpg

f0228652_02543357.jpg

f0228652_02543472.jpg
イギリス世紀末美術のイラストレーションにものすごい影響を受けていて、模倣が強かったのです。
この時の絵は完成度が高い、とたまに言われるのですが、それは世紀末美術という完成された文化を模倣したので(わたしの努力と経験で得た技術で描いていないので)、そう言ってもらえたのかなぁと思います。

この頃は全く色が使えなかったです。
なので逆に、「白黒のみで完成されたイラストを描くなら、世紀末美術の模倣しかなかった」のです。

で、やってみて物足りなさをすごく感じたのですねー
自分の内にあるものを微塵も出せていない気がしたし、過去の時代の既製品を出しているような感覚もあったし。


この時の展示で60歳くらいの男性がわたしに話しかけてきました。

「ゲーム好きなの?」

その方はこれがなんの絵かよくわからず、どうやら異世界風ではあるので、じゃあテレビゲームの絵だろうと判断したらしいのです。

それで気を使ってか、その方が知る限りのRPGゲームの話をずっとしてくださいました。汗(インベーダー世代でありましょうに!)

そのとき思いました。
「伝わらないってこういうことなのかー!」と。 

なんてわかりづらい絵を展示してしまったんだろう、と。
それ専門の、こうしたものが好きな人が出入りする場所で展示するならいざ知らず、そうではない場所で。

もちろん珍しさから興味深く見てくれる方もいらっしゃったのですが、やはりわかりづらかったと思います。
(そもそも伝えたいことってあったのかな)

いまあれから数年経ち、絵柄の変遷は自分でも驚くくらいなのですが、
その友人の「変わった」のひとことから、
「あ、以前よりは伝わりやすい絵を描けているということなのかも」と思うことにしました(レッツポジティブ)。

若い時はわかる人に伝われば良かったけれど、「北の街」の表紙をさせていただいてから考えがガラリと変わりました。

そして、その考えにまだ絵が追いついていないなぁと思うところです。

はーーーー…

まだまだ時間が掛かりますが、

変わることを恐れずに!




そいえば、Amie相方のようちゃんがいつだったか
「変わったてことは、なにかが出来なくなったってことじゃなくて、“さらに出来ることが増えた”ってことだよねー」と発言してました。

ナイスようちゃん!
ほんとにそうだと思います。






[PR]
# by loopmark1210 | 2017-11-12 02:50 | 日常記 | Comments(0)
「北の街」11月号が出ております。
「北の街」11月号が出ております。
f0228652_16193966.jpg
紅葉もそろそろ終わりの頃でしょうか。

今月は冬のスタートがイメージ。

実は今月で活動10年目なので、それと掛けまして10周年までのヨーイドン!という感じです。
いつもイラスト見ていただき、ありがとうございます!✨
f0228652_16213406.jpg
「THEさっつんチャンネル」は、朝ドラ「わろてんか」について描いてます。

可愛いてんちゃん、美形男子のオンパレードに、鈴木京香さん&保奈美さんの美魔女鈴木コンビ、
眼福で見ないわけがないのでした。


今月もよろしくお願いいたします!




[PR]
# by loopmark1210 | 2017-11-04 16:18 | お仕事 | Comments(2)
セルゲイ・ポルーニンさんのこと
このところ、模写練習のモデルさんはこの方ばかりです。セルゲイ・ポルーニンさん。
f0228652_22312472.jpg
今年は映画「ダンサー」が話題になりましたね。

わたし、六月にお上りさんで代官山まで写真集買いに行きました。
大雨の中、壊れた傘でずぶ濡れで!(妹よ、壊れた傘をシャレオツ代官山に行く人に貸してはいけない)

そしたら全国発売してたっていうねー笑
でもハービーさんのサイン入りだったので良かったのです😅
f0228652_22314008.jpg

映画は、じんわり胸に響きました。

この方はもう幼少期からビデオで記録され続けていて、断片を集めて関係者のインタビューで固めるよくあるドキュメンタリーとは作りが違っていました。

有名なダンス動画「take me church」に移るまでの複雑な心の変遷もよく記録してるなぁと、まるで繊細なフィクション映画を見てるよう。
撮影に了解を出すまでの気持ちの整理が大変だったと思うのですが。

映像がひとつも残っていないニジンスキーとは対照的だなぁと思いました。

それで踊りなんですが、もう型破りで見事!

サブタイトルの「優雅な野獣」のとおり。

例えるなら、体操のドラグレスクが跳馬でドラグレスク跳んだあとにぶれずにバレエを踊り出す、みたいな(どんなだ)。


そして、才能はさることながら、努力の量が恐ろしい。
ほんと天才と呼ばれてる人って魔法が使えるみたいに思えますが、絶え間ない努力ができる人なんだと思いました。
天才て軽々しく言っちゃいけないなぁと。

また、その努力の成果に苦しんでしまったりとかね…。



セルゲイさんは、この前テレビで「ダンスで世界を平和にしたい」とおっしゃっていました。

この若さであの変遷を経て、その次元に行けるって凄すぎる。
普通あんな経験したら、グレるか永遠に踊るのやめちゃうとかしちゃいそうですが、
やはり実直な方なんだろうなと思いました。 

f0228652_22340921.jpg

セルゲイさんの好きなポイントが二つありまして。

一つは目。
なんか「いろいろ闇を見てきた目」をしている。。(これはbuck-tickのあっちゃんにも言える)
たまに写真見て「ほんとに目怖いな!(^◇^;)」と突っ込んでしまう、、そこが魅力!


もう一つは色合い。

セルゲイさんの体(髪の色や瞳の色、体格、質感など)とダークグリーンのタトゥーの色、めちゃめちゃ合ってます!

ひとつの絵画みたい。

タトゥーって良さがわからなかったのですが
、単純に体と合ってる人を見たことがないから?なんて思いました。


あ、わたし男女問わず二の腕大好き人間なので、二の腕は言うまでもなく、です。笑


踊りが唯一無二の凄まじさを持ち、
表現する体がここまで異彩を放ち、まとまっていて…って

この方、どうなっちゃうんだろうなーと思います。
これからが楽しみです✨

映画「ダンサー」、機会ありましたらぜひ見てみてくださいね!



[PR]
# by loopmark1210 | 2017-11-02 22:42 | 日常記 | Comments(0)