<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Wind blows.  ボブ・ディラン <イラストレーション77>
Wind blows.
f0228652_23313324.jpg


ボブ・ディランがノーベル文学賞ということで、一気にボブ・ディラン熱がやってきた。

ボブ・ディランはフォークやGS好きの父が車の中でいつも必ず掛けていた。もっとも若い頃のディランに限定してしまうけれど。

子供の頃、とりとめもない情景を歌っているのかなーと歌詞カードを開いたら、かなり現実的な描写が多くてびっくりした記憶がある。
ライク・ア・ローリングストーンは今読んでも少し怖い。
どんな気分だい?ってねぇ。


昨年、詩人ランボオにはまって(そのときの記事)、今回ディランがランボオと出会い、表現の大きな転機となったらしいことを読んで、驚きと納得が大きかった。

なんとなく似てる、
光と風と、どうしようもない現実苦みたいなもの。

外国語のリズムや文脈を知ることができたら、もっともっと影響を読み取れるのかもしれないけれど。


顔もちょっと似ている。どこか中性的で、神性というか、浮き世離れした存在感。


ディランは今は激渋なおじいちゃまになっているけれど、ランボオも晩年はあの透き通るような美しさが全く消えて、中東の現地人と違いがわからなかったほどだという。


流浪な感じも似ている。

「自分」というのがいまいちはっきりしていなくて、でもはっきりと時代をまとっている感じも似ている。



シュルレアリスムをちょっと勉強したときに、
ランボオはデカルトの「わたしは考える」という考え方を否定したと読んだ。

ランボオは
そうではなくて、
「だれかがわたしを考えている」、「だれかがわたしにおいて考えている」
だと。


ディランはその言葉に出会ったとき、「これだ!」と、とても気が楽になったとか。


なにかが、ランボオ、ディランの体を通して表現しているものをわたしたちは聞いている。

二人は時代の代弁者、吟遊詩人であるけれど、それは二人において自発的に出てきたものではなくて、時代かなにか、風みたいなもの、もしかしたら神様のようなものが彼らに表現させたということかな。

もっとも中年以降のディランはいまやっと聴き始めたくらいなので、昔といまはまた違うのかもしれない。

しゃがれた声もいいなぁ。


父親の聞いていた音楽には昔から思い出がある。

いつも紐解いてみたいなと思いながらなかなかそんな余裕がなくて、歌手の方が高齢や病で亡くなって、それで改めて聴き直すということがとても多い。

それはあまり良い機会ではないなあと反省する。

ディランについては、今触れることができて、とても良かった。

調べたら、「風に吹かれて」は公民権運動が背景にあったんだな。
これまた好きな曲のスコット・マッケンジー「花のカリフォルニア」はベトナム戦争反対のウッドストックだとか。
人と音楽がともにある感じ、時代背景を紐解くと面白い。




ところで、12月は3つほど展示会に出させてもらえそうです。
青森市と八戸市のグループ展、
そしてもう1つが父世代の音楽が奏でられる場所(十和田)での展示。

ちょっとその時代の音楽に感謝を込めて、音楽に関するものを展示させてもらおうかなぁ。

もちろん、ボブ・ディランも入れようと思っています。
[PR]
by loopmark1210 | 2016-10-27 23:56 | イラストレーション
もうすぐハロウィンですね。<イラストレーション76>
もうすぐハロウィンですね~

今週あたりから仮装準備している方も増えてきてるのでないでしょうか。

せっかくなので、ハロウィン仮装風のイラストを描いてみました!
といっても、ゴシックテイストな感じですが。
f0228652_18261454.jpg
わたしがなりたいのは、ええ、もちろん紳士の方です!(ちび紳士。泣)
[PR]
by loopmark1210 | 2016-10-20 18:26 | イラストレーション
プリザーブドフラワー「アトリエブルーミルフィーユ」さんの名刺ができました。
プリザーブドフラワーの「アトリエブルーミルフィーユ」さんの名刺ができました。
f0228652_18434657.jpg
f0228652_1844186.jpg
表面にはアトリエ名の元になっているバラ「ブルーミルフィーユ」というバラをを描きました。

花弁が何層にもなっているまさにミルフィーユのような珍しいバラです。

プリザーブドフラワー作家さんはたくさんいらっしゃいますが、
ブルーミルフィーユさんはアンティークのような風合いのアレンジが特長です。
使う雑貨もこだわって集められてますよ。

なのでカードもアンティーク感を出したくて、紙を紅茶でかなり濃く染めました。
f0228652_196457.jpg
裏はこんな感じです。(個人情報は隠しています)

少し作品をご紹介します。
f0228652_18443881.jpg
f0228652_18444723.jpg
f0228652_1845723.jpg

アンティーク感伝わるでしょうか、とっても素敵なのです!

現在はオーダーや講師業が中心で、イベント出展はたまにですが、してるそうです。

もし見かけた際には素敵な作品を直にご覧になってみてくださいね(^o^)
[PR]
by loopmark1210 | 2016-10-16 18:47 | お仕事
ATV「わっち」に少し出演と、BBS川島さんのこと
火曜日のことですが、夕方の情報番組「わっち」でテラヤマロードが特集されて、ちょっとだけわたしも出演しました。

三沢高校美術部さんと壁画の紹介!
f0228652_0193891.jpg
美術部さん、最初のベース作りと最後の仕上げと、かなり体育会系の作業を炎天下の中、頑張ってくれたのでした。

夏はほんとのほんとにお疲れ様でした!
共演できて嬉しかったなぁ!

こさぶろうさんものんちゃんも、とても気さくな方で楽しい中継でした^^

テラヤマロード、ぜひ遊びにいらしてくださいね。




そして、ちょうどわっちの打ち合わせに向かう前に、
ブンブンサテライツ川島さんの訃報が。

病状をニュースで聞いていつかは…と思っていたものの、聞き込んだミュージシャンの訃報は初めてだったので、ショックでした。

音楽というものが自分にとってとても大きくて、
違和感ばかり抱えて、新しいもの、感覚を探してた頃に出会ったブンブンサテライツの音楽はそれは衝撃的でした。


ブンサテはわたしにとって大事な縁も運んでくれました。


それをサイン会で伝えたら、ぎゅっと手を握ってくれ、言葉を掛けてくれました。

曲はとってもクールなのに、反面とても暖かな人柄に多くの方が元気をもらっていたんだと思います。

活動終了の最後の曲は聴くのが少し怖かったのですが、
ちゃんと聞いたら、なんともキラキラ希望と光に満ちていて、
ほんとにこの方はとんでもないな・・・と感嘆していました。

その姿勢、忘れません。
変わらずずっと聴いていきます。
f0228652_0224945.jpg

川島さん、音楽をありがとう。
[PR]
by loopmark1210 | 2016-10-14 00:29 | 日常記
中村道雄「組み木絵の世界」inキューダス・S(十和田市)
先日、組み木絵作家の中村道雄さんの展示をムーンリバーガールズと見てきました。

中村さんとは昨年ムーンリバーガールズのお友達を介して知り合うことができたのですが、
そのときはまだ組み木絵の実物は見ておらず、ポストカードやネットに載ってる作品を眺めて「これはとんでもないものだ…」と感じていました。

以来、実物を見たい見たいと思っていたのですが、この度それが早くも叶いました!

場所は十和田のキューダス・S。

オーナーの工藤さんは以前ハミングバードというお店を経営していたそうです。
f0228652_18781.jpg

看板が渋いです。ジャズ、ロック、歌謡曲などのライブもたくさん開催しているそうです。

扉を開けると中村さんの作品がたくさんありました。
f0228652_1872375.jpg
f0228652_1873164.jpg
楽器と作品が一緒に並んでいて渋いです。

生で見る組み木絵の質感、ぬくもり、絵の世界、、、すごい!
f0228652_1881690.jpg
f0228652_1883769.jpg
写真で少しでも伝わるでしょうか。。

組み木絵は一切着色していない元々の木の色だけで作り出す絵です。
それぞれくりぬいたパーツをパズルのように組んでいきます。(気の遠くなる作業…)
イラストにおける線は組み木絵ではパーツの境界線がそれとなります、この線がまた無駄がなくうつくしい!

組み木絵は中村さん独自の技法です。

イラストレーターをしてきた中村さんがこの技法に出会ったとき、自分の独創性や表現したいこととぴったりはまって、それはとても幸福な出会いだったのだろうなぁとお話してて思いました。
f0228652_1884933.jpg
こちら、近作にして代表作の貫禄の葛飾北斎「神奈川沖浪裏」。波しぶきのひとつひとつも組み木、白い台紙に見える外枠も地続きの白木です!



中村さん、これからさらにお忙しくなるみたいです! 青森ではしばらく見る機会はないかも…。
素晴らしいので、ぜひ足を運んで見てください!

皆で展示を見つつお話しながら、いろんな共通点をたくさん発見しました。
中でも、音楽と絵ってつながっているなーとつくづく。
f0228652_1814107.jpg
(皆さんの許可得てないので中村さんのみ顔出し。笑)

わたし、活動始めてからずっと模索、今後もずっとずっと模索模索なんでしょうが^^;、
こういう不思議なつながりとか、技法や表現との嬉しい出会いを楽しみたいと、展示を通して思いました。


最近、魅力的な方によくお会いするので、描きたい欲に襲われます。
中村さん、描いちゃいました!
f0228652_18151392.jpg

ご本人さまはもっと渋くてかっこ良いです。

また、創作の話や昭和カルチャーの話を聞かせてください^^

素敵な作品をありがとうございました^^
[PR]
by loopmark1210 | 2016-10-09 18:25 | 日常記
「北の街」10月号届きました。
f0228652_17494849.jpg
収穫の秋と一緒に。

表紙では、初めて大人の男性を描いてみました。

毎回、詩や文芸作品などをモチーフにしていて、それについてはあとがきでも書いているのですが、今回はランボオの「別れ」をイメージして描いてみました。
f0228652_17511297.jpg
さっつんチャンネルはカルト的人気を集めるSF映画「エクスマキナ」について描いています。

齋藤はSFものが大好きなのですが、エクスマキナはこのところのSFものでは一番です!


お見かけの際は、手にとって読んでもらえたら嬉しいです。
[PR]
by loopmark1210 | 2016-10-05 17:55 | お仕事