諦めた線たちのこと
f0228652_22500570.jpg
四年前の個展で、プロのアートを扱う方に言われたのは

「線を描き過ぎている」

ということでした。

味わい深いひとつの線を探せるようになりなさい、と。

それが当時は全くわからずに、でもずーっと頭に残っていました。


そして、最近になって、
「あ、もしかして、そういうことなのか」と感じるようになりました。

いえ、うっすら遠~~く見えるような気がする程度です。
わかると言えるまでは、一生かかりそうな(@_@;)

なんとなく「ああ、こういう感覚の世界のことをおっしゃっていたのかもしれない」と、四年経ってみて思えるようになったのです。


選ばれたたったひとつの線には、
諦めたそれは多くの線がある


名画と言われる作品にも
名工の伝統工芸にも
工業的なデザインにも
日頃見かける風景に置かれているもの
買っている商品、日常触れるものたち


あーすべてには無数の諦められた線があるんだ


わーっと、広がりを感じました。
シャープな中に、他者の愛着を見つけたみたいな暖かさ。


あ、これもきっと地続きの意識かな。

四年前は点描線画と名乗ってました。
あのときは、白黒の点だった。

いま色のついた線になって、四年前が今に続いたと感じられる気が、する。

感覚!



脱線。笑

このところ作業中はBebe Rexha(ビービー・レクサ、日本ではたぶんまだデビューしてません😣めちゃくちゃ美人)ばかり聞いてるのですが、
Bebeちゃんの「わたしの動画や絵を送って~」というインスタの呼び掛けに乗って、
絵を描いて送ったら、
f0228652_22500708.jpg

なんと! ご本人がインスタ公式アカウントで投稿してくださったー!

う、嬉しすぎる!!✨✨
Bebeちゃん、ありがとうー!✨✨

このMV、元気が出るのです!


↓いよいよ今週末!
-------------------------------------------------------------------------
齋藤さち子イラストレーション展
「 ILLUSTRATION 2017 」

6/16(金)~18(日) 11:00~18:00
五拾壹番館・1Fホール
〒030-0861 青森市長島1丁目4-10 
tel:017-777-7708
-------------------------------------------------------------------------


[PR]
by loopmark1210 | 2017-06-12 22:47 | 日常記 | Comments(0)
<< 個展、明日からスタートです! バックナンバーも持ってきます。 >>