ピンクと紫のレオ様
ハンドメイドユニット・Amie(絶賛休業中!)の相方ようちゃんからのご依頼、

「娘が今年、受験&卒業なので、勇気づけられるようにレオ様の絵を描いてほしい!」とのこと。

レオって、レオナルド・ディカプリオ??

この写真で、というご指定もあり。

あ、「太陽と月に背いて」の頃のレオ様だ!
f0228652_16112779.jpg
f0228652_00361993.jpg


元は暗い写真だったんですが、
なんとなく浮かんだイメージはピンクと紫。
偶然にも娘ちゃんの好きな色合い。


届いたのは卒業式の直後だったらしく、募る想いがあったのか、
絵を見るなり、娘ちゃん…


泣いたとか!(@_@;)


それをじかにわたしに伝えるようちゃん…


な、泣いてる!!(@_@;)



感慨深かったのでしょうね~

いろいろびっくりしましたが笑、
昔から知ってる二人の大事な記念のときにお祝いできて良かったです。


3月はほんとにいろんな想いが込み上げますね。

描き続けてよかったなぁと、今年は特に思います。


ちなみに、このレオ様の映画での役は昨日の記事でも話題にしたアルチュール・ランボー。
うーん、シンクロしてるなぁ。



[PR]
by loopmark1210 | 2017-03-17 16:11 | イラストレーション
<< また会える、の確信だけが 宮沢賢治とランボーの「共感覚」 >>